カテゴリ:エエ市だより( 54 )

すいませんが

人を探しております。
かなり急ぎなのでこちらにも書きます。

2007年に屠畜紀行を読んで素敵なメールをくださった

滋賀在住料理人、長塚恵美さん

と連絡をとりたいのです。半年ほどまえからちらちらといただいたアドレスにメールをだしているのですが、つながりません。が、諦めきれません。

もし、このサイトをご覧になった彼女の知り合いの方などいらっしゃいましたら
内澤が至急連絡を欲しがっていると、お伝え願えませんでしょうか。

お仕事の依頼です



なにとぞよろしくお願いします。連絡先はCYM01760@nifty.ne.jpです。

お待ちしております。



c0190053_156127.gif

by riprigandpanic | 2009-07-24 13:28 | エエ市だより

アラブとわたくし

友人夫妻が来る。
で、日常の豚小屋掃除シーンをビデオで撮ってくださった。ばっちり決まった絵でないにせよ、これがけっこうわかりやすいし、いい記録になった。
うんこの上に寝そべって動かない夢の、あるポイントを指圧してさくっとどかせる(もう蹴っても起きてくれませんからね)技ありなシーンも撮れた。うふ。

で、彼女と(天才肌の旦那さんは芋虫のように寝ている)
画像チェック。
へえ、某さん、うまいじゃないですか。え、ウチザワさんこそ説明上手ですよこれ。わかりやすいねえ。うんうん、あのドキュメンタリーで鍛えられたかなあ。へへへ。

なんてご満悦で見てたんだが、

ちょっとトークとか公表するためには使えないことが判明………二人でがっくり。忙しいなか、撮ってもらったのに……。


ええええと、彼女はあたしが某国にいれあげた時に言語を教えてくださった某国研究者なんでありまして、某国近辺の事情についてさんざん語り合いかつ某国民のナイーブな感情に心の底が擦り切れるまで(は、いささかオーバーですが)お付き合いしてきた仲なのでついね、つい、二人だけなら言えるキツメな冗談が、無意識にまざってしまうのである。ええ、だすとこだせば差別語に聞こえなくもないちゅうやつ。別にたいしたことないとも言えるし、あたしは別にいいんですが、彼女は研究者なので、それは絶対NG。そういう世界なんですわ。なのについ。



ひらたく言えば、夢があまりにも他の豚が何かするのも水を飲むのも餌を食うのも、なにもかもを邪魔する、なにもかもをあたりまえのように自分のものにしようとするのでね、つい以下略。よく使われて、使い倒されてることばですけどね。

いわずもがなでありますが、この言葉を他の、あのあたりに実際に行ったり暮らしたりしたことのない、事情に疎い人と話す時には使いませんよ。どんなに親しく、めちゃくちゃな冗談が言える間柄でも。絶対に。共通の心情がない人と話すのに使うのは嫌なんだ。もちろん事情通でも真面目な人と話す時も使わないけどさ。いちおうあの宗教圏全体に対して愛と経緯を持ってんですよ。

「いやーそれでもあたしら、独自のコードがありますよ。まず某国については絶対こういう揶揄には使わないよね。かなりマイペースな人たちなのに」
「そう、それで某国のまわりの、某国よりさらにレベルアップした傍若無人な人たちを揶揄に使ってるところがね、某国への屈折した愛がお互いの無意識にありますな」
「しかも民族でも国家でもない呼称を使う。このことばは本当に使いやすいちゅうかね。エジプト人とか言おうとしても萎えちゃって無理。具体的な知り合いの顔が浮かんで揶揄には使えん。それに本人たちだって自分をあの呼称で名乗るときって極めて限定しているもんなあ。あの塩のきつい湖があるあたりの紛争あっての言葉でしょ、所詮」
(ちょう大雑把に言ってますから)
「そそそそ、だいいちあの人たち自分を人種でくくる意識、低いやん。国家、民族、部族、宗教、宗派、なら意識するけど。それもシチュエーションによって、都合良く使い分けるしさ。だいいちあの言葉って人種なのか?」
「ねえ」
「『中国人』を揶揄に使いやすいのとちょっと似てる」(使っていいわけではないすよ)

というわけで、今更ながらほんとうにアラブって不思議な言葉だなとおもったしだいです。


あと、関係ないけど録画すると彼女と私は声がそっくりなんで、一人で説明して一人で返事をしているように聞こえてしまうのもなんだかね。




もうすぐ餌が最終期間のに切り替わる。いよいよである。
不二窯業さんのエコフィードでつ。いろいろ検討して調べての上といえるほど知識も経験もないんで、中ヨークの銘柄豚、ダイヤモンドポークと同じものを使わせていただくことにした。最近では三元豚にも使われ始めているとのこと。もちろん大規模飼いと飼育環境も運動量も違うので、それでダイヤモンドポークと同じ味に仕上がるかどうかなんて、わからない。もちろんすっごいおいしいという可能性もあるし、おいしいといいなあとは思うけど。採算度外視で、ストレスは大規模がいよりはすくないとは思うけど、それが本当に味に影響するかどうか、なんてわかんないよなあ。まあふつうにおいしけりゃいいんだけど。あたしとしては。
by riprigandpanic | 2009-07-24 05:56 | エエ市だより

たんこぶよりはマシ

過日

若いお友達と
すっげえ美味い豚しゃぶをすすりながら

結構へべれけになって
めずらしくいろいろ長話をした。
ここ一カ月くらいホントに
ず、えんぜん、一人飲みすらできない状況だったんで
まあたまにはいいでしょ。たまには。(と自分に言い聞かせる)




さきほど携帯のアドレスを繰っていたら、
「占い」って書いてエエ市局番の電話番号が入ってる。
なんじゃこりゃ。





エエ市にいますよーよく当たる占い師さんが。
とかなんとかいう話を聞いたような気もしたんだけど、
夢かと思ってた。



あたしは占いとか宝くじとか全く信用しないで生きてきたんですが。
あの人は当たるとかそういうの話す人を横目で嗤ってみてたはずだったんですが。

豚を殺した後の自分がまったく想像予想できなくて、あたま真っ白になるしー
とか
ひと回りも下のお嬢さんに言ったんですかね。言ったんですね(汗)。
よく覚えてないんですけど。

いやでももういっそ占いの人に聞いてみたくなってんですよ、最近。ホントに。







今、電話してしまいました。

















































十回鳴らしてもでてくれませんでした。。。。。。。。。




これって占いに頼るなってことなんですかね?




高校生の時に片恋してた男子に電話入れた時以来、てくらい緊張して手が震えたんですけど。
次に電話しようと思う日はいつだ??
by riprigandpanic | 2009-07-22 15:11 | エエ市だより

あけっぱなしで

三人態勢で

作業していたので玄関明けっぱなしにしていたら

黒に細いストライプの入ったトカゲが室内に入ってきた。

どこかで達者に暮らせ。


小屋の敷物のおがくずが減ってきたし、夏場の発酵熱を考えて、もみ殻をNさんから分けていただく。そこそここまかくつぶされているから触っても痛くないし、なんだかとてもいい感じだー。
まふまふともみ殻を食べる三匹。ちょっと興奮気味

んー。食べられる絨毯って感じか。キミたちはまるでヘンゼルとグレーテルじゃないか。
Hさんの「これなら撮影にも使えますよ。ウェルフェア的にもオッケー?」ちゅうセリフが、
業界っぽくてしみじみ。
そそ、なんかいまうちの小屋は明るくすてきな感じに生まれ変わりましたよ。

重いものを持ちすぎて右手親指がバカになってる。なんていうたらNさんに笑われそうですが。今日は珍しくサポートにまわって楽させていただいたのに。
Nさん、Hさん、本当にありがとうございました。助かりましたーーー。
by riprigandpanic | 2009-07-19 20:15 | エエ市だより

夢が

怪しい。

こうして原稿を書いたり合間にブログを書いたりしてますと、

ギョ、ギョオオオオオオオ

とか

ヴギィィィィィィィィィィィィィ

とかいう悲鳴が聞こえるんですよ。この時間帯。

あわてて、風呂場の窓に駆けつけてガラリと窓をあけて、
「ちょっと、なにしてんのよ」
と声をかけますと、

三匹揃って「ゴッ」と一声。

しかし伸と秀は伏せ状態で並び、夢だけが仁王立ち。

「夢、あんたまたみんなをいじめてんじゃないでしょうね?」
夢と目を合わせて聞く。
「ゴッ」と一声夢が返事。夢はちゃんと窓の下まで来るんですよ。で、あたしを見るんです。かわいいともいえるのですが。

でまたしばらくすると、ギョオオオオオオオ。ドスン、パタン。ガツっ、ゴンゴン、ガスガス。
今度はそうっと近づいてみたら、やっぱり夢が鼻で寝そべってる伸をわざわざどかしてた。
意味もなく。なんでそういうことするかな。

ちなみに壁が、二方向とも崩壊しつつあります。ばきばきとデザートのように食ってます。
どうしたらいいんでしょうか。泣きたい。

しかしなぜ夢が噛むのだけ痛いのだろうか、あいつだけ本気で噛んでる、けしからん、と思っていたんだが、獣医のHさんと全員の口腔を開けて歯をてんけんしてみたら、夢だけ切り残しの犬歯があった。これだ!!犬なみのが生えてる。痛いわけだよ。
by riprigandpanic | 2009-07-17 23:16 | エエ市だより

やられた

夕方四時から六時あたり

一番豚が活発になります。なぜなのかは不明。がしがし走ります。で、この時間帯に中に入って、うんこを掃除していたら、夢が久しぶりにのってきましたよ。背中に。

もう、だめです。重くて手を付きました。危険ですので、この時間帯に入らないようにするか、しゃがむのはやめようと思います。

といいつつ、おがこの小屋に座ってみました。ちょっと久しぶりだったんですわ。

そしたらなんだかみんな見事にでかくなってて、目線が高くなってた。秀が膝に手をかけてきて、やばかったので早々に立ち上がりました。




某国の王子に謁見してまいりました。

王子にたずねられるまま、豚の話なぞをしたのでございます。

王子「ならば味に影響するのはさいごの肥育期間なんだね」
私 「そうです。主に脂肪の味みたいですね」
王子「ところで君の家のトイレは水洗かい?」
私「お、王子、そ、それは無理です、無理!! わたくし、十年前にネパールで食わせる体験はしております。やつらは本当によろこんで喰います。気が変になるくらい喜びます。しかし今回は、肉を人に食べていただくのです。どん引きされますってば!! 出来上がった肉は、王子の宮殿にもお送りするのですよ!!」
王子「俺は平気だよ。ホリプロ豚とか、売れるんじゃないかなー」


王子……まじで肉、お送りしますからね!!
by riprigandpanic | 2009-07-13 00:32 | エエ市だより

孤独と弧絶と

モノを書いたり描いたりするひとには、独りでいる時間と空間が必要であり、そういう孤独をsolitudeというんだそうで。さみしい孤独はおそらくlonelyなのかな、aloneなのかな、こっちを抱えていると、いろいろ心に不具合を生じるんだという話を伺いました。

しかしその兼ね合いはなかなか難しいです。自分でもよくわからない。一人旅をしているとき、夕ごはんだけ誰かと一緒に食べたくなるんですよね。それも毎晩だれかと一緒に食べたいときもあれば、まるっきりずっと一人でも一向に構わないという旅もありまして。それと似たような感じか。

いつのまにか締め切りが立て込んでまして、いつおさまるのか見当がつきません。
お尻が痛くなるまで延々と一人でパソコン打ったり絵を描いたりしてますが、なんといいますやらええとまあいろいろ行き詰るとつい豚のところに行って話しかけてしまったりします。またこれが何回か書いたように、かわいい反応を返してくれます。

お、てことはうちの豚はアニマルセラピーもやってんのか。すげえな、なんでもできるじゃん、豚だって。イルカやクジラより役に立つのでは??
by riprigandpanic | 2009-07-11 00:07 | エエ市だより

めずらしく

あまえてきた秀。

夢よりも動作が鈍いので撮りやすい。

c0190053_16253144.jpg








しかし秀の顔はユーモラス。

c0190053_16255119.jpg

by riprigandpanic | 2009-07-10 16:25 | エエ市だより

とうもろこし

とうもろこしが大好きで

c0190053_1631489.jpg













阿鼻叫喚て感じになります。

c0190053_16175055.jpg


夢ばかりくわえているのに注目。
いっそのこといも豚とかもち豚とかあるし、コーン豚とか作ったらどうかと思ったら
フツーの飼料にトウモロコシが入ってるんでした。苦笑。
by riprigandpanic | 2009-07-10 16:08 | エエ市だより

今日は

満月です。

あと一時間ででてきます。


満々満月時は、六時半ごろなんで、でばなが一番丸いってことになります。あとは少しずつ痩せゆくと。


今宵は
梯子があるので屋根の上から見ようかとおもったり。しかしこの梯子、おさえる人がいないとちょっと怖いんだよなー。



昨晩も綺麗な月がでて明るかったんで、夜更かし三匹に向かってほらほら月だよと云ってみたんですが、
ふんふんふんふんふんふんふんふんふん
とあーしが何か食べ物を持ってるんじゃないか、持ってたらだしおしみしないでおくれよ、
と言わんばかりに鼻ならすだけでした。

子どもだからな。

十三歳を超えたころから飼っていた犬、オグはなんだか哲学的な風貌になり、秋の抜けた空を見上げる横顔なんかはもう、話しかけるのもはばかられるような、深遠な目つきをしていたものです。
通りに向かって椅子を出して腰掛けて通りを行く人を日がな眺めている老人の様な眼。


五歳ぐらいの種オスになると、豚も相当面白いらしいですが、本当に巨大で、手に負えません。よほどしっかり飼わないと、嘗められたらもう終わりだろうなあ。


四月に更地だったとなりの畑は、四月半ばになにやら植えていて、すくすくそだち、
一昨日とうもろこし収穫でした。おすそわけをいただきました。立派なトウモロコシです。今日収穫した後の木を倒してどこかに運んでゆきました。これでまた更地にもどりました。植えてから三回か四回くらいしか作業はなかったと記憶しています。そういうものなんだー。もちろんいろんな場所にある端家を順繰りにまわっているのかもしれませんが。
隣で見ていておもしろかったです。

そしてさきほど公社のNさんたちがまたまたトウモロコシをもっていらっしゃいました。食肉公社から出る汚泥で、そだてたトウモロコシなんだって。お隣の畑のとくらべて小ぶりですが、こっちもおいしいです。生で食べてもうまい。

豚にやってもいいっていうから、やってみたところ、大喜びで、しゃくしゃく喰ってました。柵についた粒まで舐めてとっていたから、よっぽど好きなんだな。おなじ甘みのようでいて、バナナは伸しか喰わなかったのに。トウモロコシはもちろんはじめは伸だけ食べてたけど、おっかなびっくり食べてみて美味いとわかったのか夢も秀もおいしそうに食べていました。

ごちそうさまです。
by riprigandpanic | 2009-07-07 18:23 | エエ市だより