無事に終わりました

週刊文春での連載
ストーカーとの700日戦争
無事に書き終えることができました。


週刊誌でここまで大量の文章を載せていただいたのははじめてのことで、
連載時から多くの反応をいただきまして、大変嬉しく励みになりました。
ありがとうございました。

来年、なるべく早く頑張って書籍にしたいと思っております。
どうかよろしくお願いいたします。

連載を終えてからしばらく脱力、鬱々しておりましたが、
今は加筆に向けて資料を漁り直しております。
50を過ぎた人間が「難しい」などと云うのも本当に恥ずかしいのですが、
刑法も医療観察法も、精神医療関連の用語も、全部難しいです!!
これまで「好き」なテーマを好きに書いてきたのですが、今回に限っては、
「必要」に駆られて書き進めております。
んが、あまりにも切実に必要なため、
専門用語も何とかかんとか頭に入ってくるんだから、人間不思議なものです。


今読んでいるのは、「治療的司法の実践」という本です。


これ、逮捕前に読みたかった。そしたら地検の検察官との面談で、
もう少し知的に話ができたかもしれない。
2018年10月刊行の本ですので、不可能ですけど。




by riprigandpanic | 2018-12-29 01:28 | お知らせ


新連載をはじめるにあたり >>