新連載をはじめるにあたり


ご無沙汰しております。

このたび、週刊文春で新連載「ストーカーと七百日戦争」をはじめます。

517日売り、つまりいま売っている号からです。

欄外には以下のメッセージをつけてあります。毎号載せていただくことになります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この連載は筆者が実際に被害に遭ったストーカー事件(脅迫罪で逮捕、示談成立後不起訴処分の数か月後にインターネット掲示板へ書き込みあり、IPアドレス特定後に刑事告訴、名誉棄損等で懲役十カ月の実刑判決) の詳細です。ストーキングが依存的病態の一種であり、精神科医やカウンセラーによる専門的な治療で再犯の危険性が下がるにもかかわらず、治療につながらない現状を変えたい一心で、筆を執っています。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

スペースの関係上このようになりましたが、補足を兼ねてもう少し詳しくこちらに書きたいと思います。しかし筆を起こしてみたものの、様々な想いが渦巻き爆発しそうになり、書ききれません。すこしずつ加筆訂正していくかもしれません。よろしくお願いします。



最初の被害から二年が経とうとしています。

その間、仕事を思うようにすることができませんでした。住居を変える、警察、検察、裁判所、町役場など公的機関に出頭する、などなど物理的に対応しなければならなかったことも数多くありますが、恐怖と驚愕体験の数々が脳内に居座っていて、原稿に集中することが非常に困難だったのです。意地で平静を装い続けてきたわけですが、それもかなりの精神力を必要としています。


自分に降りかかった出来事、この事件にかかわってくださった公的機関の方々の対応方法や態度(新鮮でした)、刑法というシステム、そして人の心の脆さ弱さ。すべてがこれまでの人生では思いも寄らないことばかりでした。被害者というものが、こんなに不自由さと齟齬を感じて生きねばならないことも、全然知りませんでした。

それというのも、ストーカー事件の被害者自身の声を聴く機会が非常に少ない。加害者の逆上や復讐を恐れてのことと思われます。


嫌がらせを受け続けているとき、なんとか解決の方法はないのか、もがき探るなかで、ストーキングは、本人が辞めたいと思ってやめられなくなる、依存的病態であることを知り、ものすごく納得したのです。そして専門の精神科医の治療によって執着が取れる可能性が高いということも知りました。刑に服したとしても、出所してから被害者に再び執着する例も少なくない中で、被害者は常に怯えて暮らさざるを得ません。仕事や住居を変える人もいます。私の場合は書くことが職業であり、さらに細かく言えば、自ら体験したことをノンフィクションやエッセイという形で発表しています。どこに住んでどんな暮らしをしているのか、隠すことは不可能でした。

治療で執着がとれるならば、無害化するならば、被害者はどんなに安心でしょうか。


それでもストーカーに警察や検察、司法、どこでも、治療命令を出すこともほとんどないというのが現在の状況なのです。加害者に税金を使うのかという意見もあるそうです。けれども、加害者ケアは、被害者ケアと表裏一体であります。そして再犯防止対策になるのですから、どうか無駄とは思わないでいただきたいのです。

 すこしでも世間の人に、治療の必要性を知っていただきたい。被害を受けた人間が、ずっと隠れ続けたり、これまでの仕事や人間関係を断たれたまま生き続けなければならない理不尽さを、知っていただきたい。そして、事件以前の執筆生活を取り戻すために、執筆脳の可動域を取り戻すために、私自身が持ちかけているこの事件への執着を捨てるために、書くことを決めました。



 書くことが、あなたを守る。

 

 そう言って励ましてくださったのは、小説家の桐野夏生さんです。現在新聞小説連載「とめどなく囁く」で挿絵を担当させていただいています。深く感謝しております。余談ですが挿絵を描く脳はどうも別部署らしく、非常に楽しく描かせていただいております。彷徨う主人公女性に深く共感していることももちろん大きいです。

 原稿を書き出してからの数か月物凄く悩み、一時期本当に連載以外のことに手が付かず、猪と鹿の処理場の建設までアタマが回らず、遅れてしまっていること、深くお詫び申し上げます。なんとか作業再開しました。詳しくはモーションギャラリーのHPに書いております。


そして以前からのお約束で月刊小説宝石に、小豆島八十八か所霊場を歩いてまわるルポの連載も始めておりますが、原稿が遅れ気味で、こちらも本当に申し訳なく……。しかし宗教的なものと断絶していたこの私が、真剣に祈らにゃ、やってらんない状況になっておりますので、こちらの原稿も真剣です。


最後に、小豆警察署の皆様(人事異動で今は別の署にいる方も含め)、掲載を快諾即断してくださった週刊文春の新谷学編集長および、編集部の石井一成さん、豊田健さん、諸々相談に乗ってくださっている弁護士の藤吉修祟先生、カウンセラーの小早川明子先生、そして応援サポートし続けてくださっている島内外の友人全員に、深く感謝申し上げます。読みやすさを心がけ、なんとか最後まで書き切りたく、死力を尽くしますので、打ち切りにならないよう、応援の程よろしくお願いいたします。


by riprigandpanic | 2018-12-10 17:34 | お知らせ


ヤギになりたい!! >>