夏草白ヤギ

c0190053_21411555.jpg




iPhoneから送信
# by riprigandpanic | 2015-06-29 21:41

お知らせ

発売中の月刊文芸春秋で

書評鼎談しました。

私が薦めたのは
『遠すぎた家路 戦後ヨーロッパの難民たち』 ベン・シェファード 忠平美幸訳 河出書房新社

第二次大戦後のヨーロッパの難民帰還事業を網羅した本です。分厚いですけど二十世紀の世界情勢の混迷の源見たりと思うような、すばらしい本です。

遠すぎた家路 戦後ヨーロッパの難民たち

ベン シェファード / 河出書房新社




のこり二冊は
『国際情勢判断・半世紀』岡崎久彦
『メディア・モンスター 誰が「黒川紀章」を殺したのか』曲沼美恵

です。
# by riprigandpanic | 2015-06-14 19:27 | お知らせ

カヨと海

スマホのアプリが使えず、でしたがやっとメール経由でアップが可能に……。

c0190053_16402371.jpg

# by riprigandpanic | 2015-06-14 16:40 | 小豆島

期待してなかったんですが。

カヨがテレビに出るみたいです。
付き添いで不肖私も……。
偶然突然ロケですが、
島田雅彦御大へのご恩返しができたので
よかったかなと。

さきほどご連絡いただきました。
カヨも映るって。

わーいわーいわーーーーい。


6月2日 21:00より
BS朝日
「新・にほん風景遺産 二時間SP」

小豆島と三陸気仙沼を作家島田雅彦氏が旅します。
肥土山農村歌舞伎とか、ほかにも小豆島名所が満載のはず
(ロケ全部につき合った訳ではないのでよくわかりません。
ヤマロク醤油さんに行った話しは聞きました)。

島田さんとは朝日新聞の小説連載の挿絵に続いて
昨年は書評委員会でご一緒しました。
三月でわたしは任期終了となり、お別れ打ち上げで
柄谷行人さんが「君はヤギを飼っとるのかー」と
ヤギに会いたそうにされていた
横に島田さんはいらしたわけですが。

さまざまな偶然が重なり、
まさかホントにカヨと対面することになるとは
島田さんご本人も思っていなかったのではないでしょうか。


ツイッターにも書きましたが
角田光代さん樋口毅弘さんにつづいて
とうとう芥川賞選考委員を呼び寄せた
魔性の文芸ヤギ、カヨ。
恐ろしい子……。

カヨのテレビ映りがごっつ楽しみです。


c0190053_18372591.jpg

# by riprigandpanic | 2015-05-27 18:40 | お知らせ

なかなか更新できず……

小豆島に住んでもうすぐ一年になります。


それで

『飼い喰い 三匹の豚とわたし』岩波書店

8刷りが決定しました。ちまちまとですが売れ続けていて嬉しいです。
ありがとうございます。
これを機会によかったら手に取ってみてくださいませ。

とりあえずカヨに祝ってもらいました。

c0190053_14394388.jpg



悪魔的に可愛いヤギです。
# by riprigandpanic | 2015-05-27 13:49 | お知らせ