おっぱいがほしい!

えー。
東京新聞、北海道新聞などの朝刊
 で八月から

桐野夏生さんの小説「とめどなく囁く」連載がはじまりました。
じわじわと怖くて目が離せない展開となっております。
挿絵を担当しております。よろしくお願いします。

そして猪と鹿の処理場建設、八月九月は大変でした。
何度か高松に資材や設備を買い付けにも行きましたし。
それで一日潰れますからね。私の軽トラには冷房もないので。
おかげさまで建屋はだいたいできました。

そして工事が佳境に入った頃、山羊のカヨが三度目の出産しました。

毎日の肉体労働が多く、疲れすぎていて、記憶も飛びがちです。
しばらく読書からはなれていました。ま、健康ではあります。とにかく眠い。
いろいろ送本していただいてるのに、積みっぱなしです。
すみません。ごめんなさい。メールの返事も遅れがちです。
「タラブックス」を読んだらすこし脳が読書に戻ってきました。

というわけで
『おっぱいがほしい!-樋口毅宏 新潮社
小説家樋口毅宏さんの育児エッセイ読みました。

面白かったです。地上波にあんまりチャンネルを合わせない私でも、
樋口さんのパートナーである三輪記子さんを何度も見かけてて
あーこりゃ樋口さんが嬉々として
そしてへとへとになりながら子育てをしているのであろうと
思っていたら、そのまんま予想は当たりでした。
御疲れ様です。

育児ネタについてはそれなりに意識して読むようにしているので
大変さなど、驚くことはなかったです。
ただ、最近知ったんだけど、知らない人が意外と多い。
「卒乳・断乳」の話題を出したら出産育児経験のない女性たちが
え、なんですかそれ?みたいな反応になり、仰天しました。
いちおう人類がどう生まれて育つのか、現代日本社会において
役場だの教育機関だの病院だのとどんな手続きをしながら
どんな成長過程を歩むのか。そして育てる人間がどういう
プレッシャーや困難にさらされるのか
というのは、必携の知識だと思う。
でないと困難を軽減してみんなで負担する政策に反映できないし。


常にだれでも目に付くところで誰かが話していてほしいと思いますし、
男の人の育児もまだまだ珍しいのでどんどん書いてほしい。

私は子供を産みたかったと思ったことは限りなくゼロに近いし、
産まなかったことを後悔することもほとんどない人間ですが、
子どもが嫌いなわけでもないし、むしろ好き。
女の人がこどもをもっと子供を産める社会になってほしいと
心の底から思っている。

ただひとつだけ。
子育て出産にまつわる発言で
母性の正義、礼賛、そして優位を語られると
げんなりしてしまう。
どちらがいいとか悪いとかいう問題ではないし、
母性が毒に転じる危険だってあるのに。

出産をしないと一人前ではないというスタンスで語られると、
埋められない溝を感じてしまう。

出産をしない女性が、一切ノータッチで出産育児のことに背を向けて知ろうとしないのも
上記の、それも結構無意識な押し付けに遭うのが嫌だからなのではないか。

そこで本書である。

その手の押し付けは、なるべくしないように配慮されている(樋口さんはそういうのに敏感なひと)。
家族愛とか苦手な人も、この本は割と大丈夫かと。人それぞれですけど。

多少?かなり偽悪的ではある(ひぐち作品の特徴。『日本のセックス』を読んでから本書を読む方がいいかもしれない)

男性の目線から育児作業が描かれるので、とてもフラットに大変さが伝わる。たぶん女性は「女だからできてあたりまえ」という気負いと葛藤がどこかにあるのかもなと思いました。ま、経験者じゃないからいろいろ読んだだけの分析だけど。

パートナーの三輪記子さんの破天候ぶりを読むと、産んだら自由を奪われるとかそういう不安を抱えているひとは
たぶん救われて、自分も協力してくれパートナーを見つけて産んでみるかという気になるかもしれない。保証はしないけど。
『母および妻』という圧力から、自分をいかに守るのか。それは戦いなのだと、彼女の行動から学べるかもしれない。保証はしないけど。

三輪さんに於かれましてはさらなるめちゃくちゃな武勇伝を更新していただきたいと、個人的には思っております。

御二方、さらなるご活躍を。

発売からかなり時間たっててすんません。





# by riprigandpanic | 2017-10-10 09:31 | ほんっ

タラブックス

「タラブックス」を読んで思ったことを徒然に。

http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=13808



印刷や製本部門もある、インドの小さな出版社の営み

手漉きのコットンペーパーにシルクスクリーンで刷られた少部数絵本がどうしても注目されがちだけど、そうではない本も刊行している。



本作りに関わる人間ならば、誰でも考え続けていることだろうと思うけれど、書物は中身とデザインを含む造りと、部数のバランスが肝要。タラブックスの代表者の二人、ギータとV.ギータのインタビューからそこにこだわっていることがよく伝わってくる。

日本の多くの商業出版(どのくらいのレベルかというと、いささか古い定規ですが、トーハン日販の流通に乗るくらい)の場合、本の汎用型のようなものにテキストやデザインをはめ込んで作っているようにも思え、それに疲れ(出版不況になって以降は特に)、疑問を呈する人たちが、タラブックスの本にある種の理想郷を見るようだけれど、

日本にも様々な規模の本を作る人たちがいて、一人出版社もあれば、限定手製本をきっちり作る人もいるし、ずっと以前からいたし、時代の趨勢はあっても、アーテイストブックからミニコミまでいろんな「本」があったし、あり続けている。

私はむしろそれらメジャーな商業出版以外の、ひとり出版社とかアーティストブックとか、手製本とか、ミニコミでもいいんだけれど、そんなところで作られる本たちが、タラブックスのような、世界のいろんなところにファンを持つくらいの吸引力なり熱量なりを持つ本を作ってない、もしかして作っているのかもしれないけれど、話題として届いてこない、もしかしたら世界相手に売り出してないだけかもしれないけど。それか私が知らないだけであるのかな。いやあったらそもそもこの「タラブックス」はこんな書かれ方をしないだろう。

それは一体何故なんだと考え込んでしまったのでした。

彼女たちの従業員への温かな視線、対等に、ノンヒエラルキーでという気持ちだとか、大量な発注が来ても増資も増員もしないとか、そういう働き方の姿勢も実に心地よいのだけれど、一番響いたのは、すべての作り手との対話をものすごく丁寧に行っているというところ、かなあ。それが足りない、のかなあ。国内外問わず多くのアーティストブックに多発する、本にするという必然が見えないのは、これのせいなのかなあなどと考えてみたり。


で、タラブックスを羨むよりは、今の日本で、一冊でもバランスのいい、手の温もりと熱意のこもった本を作りたいと、思った方がずっといいと思うのでした。

と言いつつ、現在の私は獣肉屋さん目指して土木工事の真っ最中なのですが。でもまた本を作りたい気持ちが湧いて来て、我ながらびっくりです。

小豆島でもタラブックスの展示があります。ご興味ある人はぜひ。

# by riprigandpanic | 2017-09-18 20:46 | ほんっ

ご報告

かなり前のことになりますが。
滅多にやらない講演をいたしました。

日本豚病臨床研究会 第37回総会 第72回定例会

2017年5月19日 14:00~

「世界屠畜紀行」「飼い喰い」を通して


豚の獣医の先生方がメインの会でありました。

人前で喋るのもパワポも得意ではなく
仕事ものろいため
基本的にはお断りしている講演ですが、
とてもいい刺激を受けました。やはり少しはやらないとだめですね。

一応これまで考えてきたことをまとめてみたりできたので
よかったです。

関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

"我々"とくくっていいのかわかりませんが、
畜産の世界に足を突っ込んだ人間全員が、
一般消費者に対して抱える(抱えなきゃならないというか)

豚とトンカツの間をどう埋めるのか、どう伝えるのか

日々直面し、子供たち向けの授業をしている先生もいらしていて、
頭下がりました。
色々考えさせられました。

小豆島でわな猟をしながらヤギ五頭飼っていますと、講演にでることは
ホントーーーに難しいのですが。。。
また機会があったら(予定が合えばとも言いますが)
してみたいと思いました。

# by riprigandpanic | 2017-08-10 09:13 | お知らせ

無事にクラウドファンディング終了しました

色々ご報告遅くなりましてすみません。

無事にクラウドファンディング受付終了いたしました。
応援いただいた方、本当にありがとうございました。

現在ぼちぼちと施設建設に着工しております。
そして返礼品も、準備しております。

そして東京、中日、北海道、西日本、徳島新聞での
桐野夏生さんの連載小説 とめどなく囁く 始まりました!!
挿絵を務めさせていただきます。
一年間頑張ります。

というわけで、

諸々遅れ気味でありますが、進めておりますので
今しばらくお待ちくださいませ。

内澤旬子

# by riprigandpanic | 2017-08-08 13:25 | お知らせ

チラシ用画像を載せますので

やっとチラシ用の画像をのせることができました。jpgデータです。印刷ご自由にどうぞ。貼っていただけたら嬉しいです。

c0190053_12324121.jpg

# by riprigandpanic | 2017-05-17 12:30 | お知らせ