「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

トークイベントです……

えーと告知をブログに載せるのが遅くなりましてすみません。
リブロ池袋で、上原善広さんとお話します。テーマは肉屋さんてことで。
関西の肉屋さんについて、いろいろ聞いてみたいなと思っております。
スーパーが出来る前の肉屋さんてのは、夕方になると行列ができていたんだと、
聞いてます。これは関東の話ですけど。

よろしくお願いします。



4月5日(木)
 内澤旬子さん×上原善広さんトークイベント
肉屋の息子と豚飼い女~牛、豚が傍にいた頃~
『飼い食い』(岩波書店)刊行記念





『飼い食い』(岩波書店)の刊行を記念して内澤旬子さんと上原善広さんのトークイベントを開催致します。

内容:屠畜取材を重ねるうちに「肉になる前が知りたい!」欲望が嵩じて、無謀にも「軒先豚飼い」を実践した内澤氏、路地の肉店の息子として生まれ育ち、屠畜、精肉業や酪農を身近に見ていた上原氏。畜産、食肉業が大規模化・機械化される前の光景を通じて、「私たちは、何を、食べているか」について語り合う。

日時:4月5日(木)午後7時~
会場:西武池袋本店別館9階池袋コミュニティカレッジ28番教室
チケット:税込1,000円   定員50名
チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
お問合せ:リブロ池袋本店 03-5949-2910


【プロフィール】
内澤 旬子(うちざわ・じゅんこ)
著書に『世界屠畜紀行』(角川文庫)、『センセイの書斎』(河出文庫)、『おやじがき』(にんげん出版)。2010年『身体のいいなり』で講談社エッセイ賞受賞。

上原 善広 (うえはら・よしひろ)
著書に『被差別の食卓』(新潮新書)、『異形の日本人』(新潮新書)、『聖路加病院訪問看護科』(新潮新書)。2010年『日本の路地を旅する』(文藝春秋)で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
by riprigandpanic | 2012-03-20 00:38 | お知らせ