「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今晩でます

今晩

ラジオ深夜便に生出演します!
11時すぎくらいからニュースなど挟みつつ一時間以上喋り続けていますので、
どうぞ暇つぶしに聞いてやってください!!!
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/#


柴田さん、お話できるの楽しみにしております。
by riprigandpanic | 2011-05-28 11:44 | お知らせ

あたしの写真をお持ちの方…

一応ダメもとで書いてみます。

えーとですね。
こんどゴロウ・デラックスという番組に出演することになったんです。

そこで番組側から昔の写真はないかとさきほどメールがきました。

中学高校までの写真は親元にあるんですが、
それ以降の写真、ほとんど捨ててしまってありません。
もともと写真があまり好きでない上に整理が下手だったので発作的に捨てちゃいました。

てもとにあるのは愛犬オグの写真だけ……
(あ、デジタルデータではたっぷりと豚とあそんでる写真があります)

というわけで、
ものもちの良い方で
近所にセブンイレブンなどがあってスキャンが可能で、

大学時代、90年代、2005年くらいまでのあーしの写真を持っている方。。。

もしよかったらメールで送っていただけませんか。

いやもう無理は承知です。なけりゃないでいいんですけど、あればあったでたいへん助かります。

あたしがアトピーに腹立てて五分刈りにしていたころの写真をお持ちの方がもしいらしたら、
使われる可能性大です(←かなり捨て鉢)。

例によって緊急です。たぶん。収録29日なんで。

親に電話して聞くとまたあああ?って嫌がられんだろうな。。。。情熱のときもアルバム全冊送ってもらったんだった。
by riprigandpanic | 2011-05-23 16:01 | どうでもいい日常

今更ですが……

SANKEI EXPRESS 2011/04/17

にて
「身体のいいなり」インタビューしていただきました。
いやー二月に行われたインタビューが地震の影響などで掲載が遅れて、
さらにこちらもタイ取材に飛び出すタイミングだったりして

ご報告遅れてごめんなさい。
ありがとうございました。
今日ようやく郵便物の山を整理して出て来たわけですが、開いたらお向かいが
宮田珠己さんの「だいたい四国八十八カ所」(本の雑誌社)でおどろきました。


そしてこちらは昨日届きました
がんサポート 2011/06
鎌田實「がんばらない&あきらめない」対談
に出させていただきました。
いやもう好き放題なことばかり言ってしまったにもかかわらず、
受け止めていただきまして、恐縮でございます。
タイトルを鎌田先生に褒めていただいたのは大変うれしいです。
ミリオンセラーにあやかりたいものでありますが……(遠い目)
皮肉にも?この雑誌にのった写真がいちばん血色良く元気そうに写ってます(笑)。
読者は癌キャリアの方が多いと思います。どうか
「なんじゃこの女は!!」と怒らずに
「いっちょ自分も『癌だから』ってことでわがままに暮らしてやれ」
と思ってくだされば幸いです……(だんだん小声。そういう内容の放言をばしております)

しかし先日亡くなられた女優の田中好子さんが乳癌に罹患したのは1992年とのこと。
ならば癌を得てから19年生きたということになる。感じ方は人それぞれだろうけれど、私はすごいなとよく長く生きされたなと思うので、「薄幸」(@週刊ポスト)とはあんまり思わないです。彼女の死を惜しむ気持ちはもちろんありますし、生きてりゃ「もっと」と思うのが自然かもしれませんが。
つか、自分はあと13年生きてる自信、ないっす……あと13年この仕事で食べていける自信もないんだけど。正直なところ「世界屠畜紀行」が文庫になるまで元気で一応再発してないってことがまず「想定外」ですから。
元気で生きてるうちは働かねばなりません。
働ける状況にあること(仕事があること)には本当に感謝しております。

まさに
そして人生は続く
なのであります。
by riprigandpanic | 2011-05-17 15:12 | お知らせ

ありがとうございました。

広告のとりのぞきかた、教えてくださってありがとうございました。
思えばこのブログ、仕事の告知に使うことがメインの目的なので、有料にしてすこしでも見やすくする努力をした方が良いのかもしれません。近日中に手続きして消す方向でいきまーす。
by riprigandpanic | 2011-05-14 12:59 | どうでもいい日常

ラジオでてきました。

TOKYOFM よんぱち

ほんじつ出演してきました。二十分ほとんど「身体のいいなり」話で終始。
楽しく話させていただきまして、どうもありがとうございました。
ちょっと早口になりすぎたかなー。
なんか前日のブログのことも気にしてくださってすみませんでした。

写真とってくるの忘れました。番組のサイトに行くとそのうち載るはずですので。
今月25日発売になります文庫版「世界屠畜紀行」持って映ってるはず。
単行本時にひきつづき寄藤文平さんにカバーデザインを無理矢理お願いしたんですが、
さすが寄藤さん!!!
いい感じに出来上がって来てます。ありがとうございました。

お楽しみに。
解説は佐野眞一氏。もったいないくらいでございます。
角川書店からです。


さて。
都内で一番熱いんじゃないかと思われる
熱血アートディレクター、町口覚さんの
ニコニコ笑顔に引きずり込まれてねじ込まれて、
気がついたら王子製紙苫小牧工場にいました……。
赤子と熱い仕事する人には敵いませんよー。
一緒に仕事したいと思っちゃうもん。

巨大な工場を動力部から見学。
そうなんです。ここのすんごいことは、支笏湖の水利権を取得していて、
自前の水力発電所を持ってるんですよ。
火力発電所を持つのは、「本に恋して」(松田哲夫/文 新潮社)所収の
王子製紙春日井工場もそうですし、
おそらくそんなに珍しくないかと。それだって十分スゴいことなんですが。
大規模に紙を作るという作業は蒸気と電気をくうのです。
しかし水力発電所は、さすがに王子製紙の工場のなかでも苫小牧だけなのだと。

明治期に水利権をとり、発電所を作り森を所有するところから製紙業を始めたとか。

ものすごくおもしろかったです。が、製紙ならまだしも発電の知識がまるでなかったので、
これから一応電気の作り方くらいは勉強すっか……。ええ、なにか軸になるものをぐるぐるまわせば電気ができるらしいんですよ。水だろうが蒸気(火力)だろうが、原子力だろうがぐるぐるまわしてから電気を取り出して送るしくみはほとんど変わらないと言われて驚いたのなんの。

工場の各パートでわかりやすく説明してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
あたし、イラストしか書かないのに、文章書くわけじゃないのに、訳の分からない質問にきちんと答えてくださって感謝しております。きちんとイラストに反映させたいと思っております。
のちほど写真アップしますね。

実は
ドラムでぐるぐる回されて皮を剥かれた丸太がベルトコンベアに載って運ばれる様子、湯剥きされた豚に見えて仕方がなかったんですが、それはちょっとマニアックすぎるたとえなので言えなかった。ははは。

これからのスケジュールが恐ろしすぎます……。
by riprigandpanic | 2011-05-13 20:47 | お知らせ

出演と掲載

13日、ラジオに出ます。
TOKYOFMの鈴木おさむさんのよんぱちhoursという番組です。
懲りずにまたもや生放送に挑みます。

さきほど番組HP見ましたら「乳癌を克服された」と書いてくださってたので
おとなげないかもしれませんが、ちょっとここで訂正させてください。
私は乳癌を克服できる病気だとはまったく思っていません。
ただ単にいまのところ偶然元気になって働けてるってだけの話です。


気難しくてすみません。
ただ、同病で「治りたい」と思い詰めていらっしゃる方、身内を「治したい」と思っていらっしゃる方には、「克服」の文字は、ものすごく重いのです。だからこそ、癌キャリアがこの言葉を使う場合は、信念をもって使うべきかと思います。ええ、私は「治したいと思う気持ちがむしろNK細胞を減らしてるように感じるんで、治そうとは思わない」という方針でいるので、自分の本でも「克服」という言葉は使っていないのでした。はい。まあ、他者が二十字以内で説明するとなると、使ってしまうのも無理ないとも思います。

http://www.tfm.co.jp/48/ 



28日にはNHKラジオ深夜便
23時半くらいから70分生放送……。な、がーい。
こちらは新刊近刊の話だけじゃなくて、もっといろんな話をさせてもらう予定です。
あーでも「身体のいいなり」中心になるかもしれません。そんな予感がします。

どうぞ聞いてやってくださいませ。

それと今週売りの週刊ポストに
高野秀行さん。服部文祥さんとの
肉食鼎談
が載っているようです。……まだ怖くてみていません。

このご時世ですが、牛肉の話はまるででてきません。

読んでやってください。

タイぼけ治らずの日々です。
いっそ夏はタイで原稿書くかなと思ってます。
mac持って行けばbluetuthも行けそうだし。
携帯電話借りるのもそんなに高くなかったし。
by riprigandpanic | 2011-05-10 19:51

カナル

えーと水路、でいいんでしたっけ、カナル。

ドブの匂いがしますが、なんだかとてもひなびてて良かったです。
最後の日、屠畜場に行くのに使いました。
超満員状態でぎゅうぎゅうでした。
通勤に使ってましたね。みなさん。
c0190053_21324027.jpg



たまに高層ビルの下を通ると負け感がたまりません。

なんにも観光できませんでしたが、文字通り取材しっぱなしでしたが、
この水路だけは仕事をはなれて楽しかったです。ドブの匂いがしますが。
やっぱりウォーターフロントはいいな。

あーしだって(自分のカネで)チャオプラヤー川を行き来する
ペニンシュラホテルのいい感じにラグジュアリーな屋形船に乗りたかったんだが!!!

c0190053_2140254.jpg




あーーちゃんと休暇で行き直さないと気が済まない。

unforgettable last twilight, thanx lot Thai.
by riprigandpanic | 2011-05-02 21:42 | どうでもいい日常

はい次

タイのタバコ。
数年前までは日本みたいに「あなたの健康を損ねる云々」と書いていたそうなのですが
効果無く、このようなことになったと。すごいです。思わず喫煙者へのお土産に買いました。
c0190053_21214457.jpg



そしてラット。
こちらも東北地方の街道沿いでゲット。これは食べました。タレに漬けて焼いた感じ。
焼き鳥感覚で大変うまい。今がシーズンなんだとか。
都会のネズミとは違って米だけ食べてるから美味いんだということです。
c0190053_21234081.jpg

by riprigandpanic | 2011-05-02 21:23 | どうでもいい日常

とっととのせちゃいます。

えー次は奇食関係。

取材対象ではないので、単に市場歩いていて写真とっただけです。
まことにふつーに売ってます。カエルとかアリとかコオロギとか。
東北地方は本当になんでも食べるんですね。
c0190053_21111076.jpg


こちら生きてるね。
c0190053_21105137.jpg


蟻の幼虫と卵ミックス
c0190053_2112783.jpg


タイ人の通訳さんはベジタリアンになって二十年近い(とうとう現役ベジタリアンが原稿に登場しますよ。しかし彼はとても的確に私の取材意図を把握してくださいました)んですが、
味は覚えていて、美味いのだと言ってました。
by riprigandpanic | 2011-05-02 21:15 | どうでもいい日常

バンコクより帰国しました

問題のニュースにちなんで
c0190053_20242722.jpg

イサン地方の名物料理、豚生肉と生血をスパイスで和えた逸品。うまいです。
肉が赤く見えるのは、血のせいです。
血、自分が出血したときになめるとさびの味しかしないのに、豚の血は甘かった。
はい、もちろん生食禁止ですよ。日本では。ていうか豚の血も本土では食用として流通してません。

さすがに
新鮮でないとできませんから、つぶしたての肉が手に入ったときだけのごちそうです。
ま、二時間前まで生きて豚ですから、新鮮さだけはがっつり保障。それ以外に関しては長年培って来た菌への耐性とか、殺菌効果ありのスパイスとか。

うれしそうにほおばる
おやっさんの顔が好き。

とりあえず私は
こういうものはなにごとも自己責任ちゅうことで食べてます。


豚関連、原稿に関わらないところであと二枚。関わるけど、まあこのあたりならば。これから市場に運ぶところ。
c0190053_20593991.jpg


もちろん血も販売してます。
c0190053_2112953.jpg

by riprigandpanic | 2011-05-02 20:23 | どうでもいい日常