「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

トークのお知らせ

写真家であり映画監督の
本橋成一さんが平凡社から写真集「屠場」を刊行されました。

屠場

本橋 成一 / 平凡社



迫力のあるすばらしい写真が並んでいます。印刷も製本もすごくいい!!
もうこんな写真集なかなかでないよ、よく出してくださった平凡社!!

詳しく紹介したいので、後ほど書き足します。ていうか、
書評を書きたいんですけど、どこか書かせていただけるところはありませんか……。

とりいそぎ展覧会とスライドトークのお知らせです。
「屠場」と「世界屠畜紀行」からのイラストを交えて、
本橋さんとトークをいたします。恐縮でございます。

東中野ポレポレ坐にて

4月1日 
18:30開場 19:00開演
ワンドリンク付き前売り2000円、当日2300円。
ご予約ポレポレタイムス社まで 03-3227-1405
event@polepolitimes.jp

展覧会は3月29日から4月10日まで。ポレポレ坐で。
トークのある時間帯は、展示を見ることはできないそうです。

4月8日には同じ時間で
本橋さんはルポライターの鎌田慧氏とトークされます。

こちらも是非。


本橋さんは、映画「人間の街」のスチールカメラマンでした。
敬愛する、そして数少ない屠畜場取材の大先輩であり(それは鎌田氏もなんですけど)、
そして今はなんとガントモでもあります。
癌にかんしてはあたしのほうが先輩です。うふふ。

そしてご存知の通り映画「アレクセイの泉」を監督し、「祝の島」のプロデュースもされました。今、怒りを胸に、原発事故に関連する取材でお忙しくされているのではないでしょうか。
しかしそれと並行して、屠畜場取材も、この写真集「屠場」も、
本橋さんが長い長い時間をかけて見つめ、撮りつづけてこられての集大成なのです。
どうか、どうか
みなさまのお越しをおまちしております。

とりいそぎのお知らせで。
by riprigandpanic | 2011-03-27 22:32 | お知らせ

なにをしたとて

なんだかいろいろ書きたいことがあるような気もしますが
書き出すと仕事にならないので書いてません。


福島の友人、裕子ちゃんは今日メールをもらえて、無事がわかって嬉しかった。
ありがとう。


さて。

付き合いのある方はご存知のとおり、
あたしはものすごくへんくつで狭量な人間であります。
とても怒りっぽいし、
気にしいでもある。
心弱くて落ち込むのが怖いので、
自分の名前をグーグルに入れて検索すらできません。

今回の地震以来、東京にいて、テレビを見て、ネットを見て、
怒ったり、泣いたり、ぐったりしたりしております。
ほとんどのひとがそうでしょう。

がっかりすることもとても多い。
これが実は一番しんどい。

でも
なんというか、今回だけは
あまりピリピリとしてはいかんと自戒しております。
怒ったり失望したりしないように
しようと思います。

節電も買い占めしないこともできるだけできる範囲でがんばってますが
まあそれはなんというか、当然のこと。あんまり苦じゃない。
厚着して肩は凝るけど。

なにより自分にとって難しいのは、
さまざまな人の行動や言動に
苛つかないこと。怒らないこと。ひとまず受け入れること。

まあ普段からそうしてれば、よかったと思わなくもないんですが。
瞬間湯沸かし器くらいすぐに怒るからなー自分。大人げない。


怒っているひとの言説にすぐ同調しないこと。難しいです。
もっともだーっと思うことも多いです。
人に会わなければ、テレビをみなければ、ネットを開かなければ、簡単なのですが、
そういうわけにもいきません。

怒りの感情、負の感情を拡散させたくないです。
まーだからといって、ペラペラなお涙ちょうだい的なというかなんつーか
適当にぼかしますが、そういうものをばっこんばっこん鼓舞したりするのも
どうも腑に落ちないんですけどね。


それぞれ被災のしかたが違うので、物心立ち直るスピードも違うはず。
東京とて被災したわけだけど、東北地方とは比べ物にならない。
この差はこの先もずっと埋められないわけで、
基本的には家や家族をなくし凍えているひとの
気持ちになることは、なりかわることは、できない。
長く長く、だれも報道しなくなってからもずっと、
たかが知れてるかもしれないけれど、サポートしつづけていく。
忘れないでつづける。それくらいしかできません。
でもそれだってかなり体力気力のいることですから。
ホントは財力もあったほうがいい。つかそれが一番肝要。


まずは自分をしっかり保つためにも、ムカッとしたら鼻から深呼吸。すはー。





ラジオ深夜便で拙著を朗読紹介していただくのは21日は中止となりました。
翌月に延期になる予定。
くわしい日にちがわかりしだいお知らせします。
by riprigandpanic | 2011-03-19 01:46 | どうでもいい日常

お願いというかおすすめというか

大震災から三日経ちました。四日目になろうとしてます。

被災して電気やネットが不安定な状況から、
退屈しのぎかなにかで
私のブログに立ち寄ってくださったみなさまへ。
立ち寄ってくれて本当にありがとうございます。

福島の裕子ちゃん、
千葉県旭市の千葉県食肉公社、旭畜産、旭食肉協同組合、東総食肉センター、昭和畜産、清和畜産のみなさん、松が谷さん、宇野さん、伊藤さん、やまろくの遠藤さん、国分さん、カフェロハスの店長、スナック藍のみなさん……えーとやっばり書ききれません。旭市で出会ったみなさん、
そして多古の並木さん、

大変心配していますが、いたずらに回線を圧迫してもと思って
ほとんどの方と連絡も控えております。


エエ市こと旭市の三川地区に住んでいたときのことを思い出します。
お世話になりました。ホントに。

ですがあたしが住んだ三川の家は

ラジオ、入りませんでした。平らな土地なのに……。
マジでびっくりした。

まああたしの場合は薬の副作用の後遺症なのか、
ラジオの周波数を合わせる雑音がまるっきりダメで、
結局都内に戻ってもラジオを聞けずにいるのですけど
(出演させていただきながら本当にごめんなさい。
ラジオは大好きで尊敬してるんですけど。ホントに)

ネット、イーモバだけがなんとかなりましたが、
光ファイバーどころかADSLもありませんでした。
おかげで動画は見れませんでしたよ。のろくて。
情報格差ってこのことかよと思いました。

今、改善されているかもしれません。
そうでないかもしれません。

そしてネット利用者がとても少なかった。

あたしだってたいしたネットユーザーじゃないんですけど。
いやむしろ
普段のツイッター、そんなに得意/好きじゃないんですけど、

この際ですから


ツイッターをお勧めします。
ラジオはいらないところでも携帯はつながったから。
携帯の充電は比較的容易にできるし。

11日、都内で携帯のメールがつながらなくても、ツイッターはずっと見れたんです。
それでずいぶん助かりました。主に公的機関の発表とか。救援情報とか、テレビよりは全然役立ちます。ラジオは聞けてないから比べられないんだけど。でも文字で見れるほうが楽な場合もあると思う。

ツイッターは
ただで加入できます(そこから説明?と思う人は情報を既に持っている人)
こちらから入って、
アカウントとパスワードを作って入れれば、閲覧できるようになります。
見たい人のアカウントをフォローすればいいんですって言っても
伝わらないかなあ。ああうまく書けない。
というわけで登録方法や使い方も貼ります。

風評やデマも飛び交いますが、公的機関だけをフォロー(ブックマークみたいなものですが自動的に流れてみることができます)すれば問題ないです。

なにをフォローすればいいのか
わからんと言う方は、
私のアカウントは@riprigandpanicですので
ためしにフォローしてみてください。
公的機関のツイートを中心に、役立ちそうな情報を、リツイート(コピペみたいなもの)してます。
そこからたどって、フォローを増やしてみてください。
そのあと私のアカウントはリムーブ(ブックマークを外すようなもの)してくださっても
ぜんぜん構いません。普段はどうせくだらないことつぶやいてるか
営業的お知らせに使ったりすることも多いから。
公的機関のツイートでない場合は、そのアカウント主の、プロフィールを見て、
どういう立場の人がつぶやいているのか参考にしてくださいね。

これからもまだまだ停電が断続的に続きそうですので、
ツイッター音痴のくせに書いてみました。
用語の使い方もままならないんで返ってわかりにくいかもしれないけど。


たくさんの、ほんとうにたくさんの豚牛鶏や枝肉、乳、卵を抱えて停電断水、飼料断絶の不安と戦っているすべての畜産業のみなさま、どうかがんばってください。
みなさんの作る食物が、ちゃんと届いて、あたしたちの口に入って、それが明日につながります
それがなにより大事なことです。(いやーこんなポジティブなこと書くのは照れますが)
もちろん野菜や米もなんだけど。畜産はホントに待ったなしだから、今みなさんが感じている重圧を思うと、書かずにはいられません。



孤立されている方がひとりでも助かりますよう
被災地に必要な情報と物資が届きますよう
ほんとにほんとに微力ながら祈念しております。



さいごに原子力関係のFAQを。東大原子力系卒業生有志の方々が作成してるそうです。


さっきちょっと外にでたら、なんだか町の人たちが被爆を恐れて立てこもろうとスーパーの食品やホカロンを買い占めてるという話を聞いて悲しくなった。恥ずかしいよ。文京区、いまのところ輪番停電の予定すらないのに。コンビニに寄ってみたらほんとに菓子パン類すっからかん。被災地に回そうという気持ちはないのかね。経路が違うからいいんですかね。よくわかりませんが。
家にある小麦粉といて砂糖入れて焼いてりゃ一週間くらい持つよ。いや、飲食店普通に開いてるし、在庫の備蓄もあるってんだから外食すりゃいいのに……。

万が一、微量な放射能が来たとて、まああたしゃすでに癌だからね。おとなしくひばくすることにしますよ。たぶん検査でそこそこ放射能は浴びてるだろうしね。量的なものはよくわかんないままいいかげんに思ってるだけですけど。
by riprigandpanic | 2011-03-14 01:05 | どうでもいい日常

モテないモテたいモテるとき

くすぶれ ! モテない系 能町みね子

くすぶれ!モテない系 (文春文庫)

能町 みね子 / 文藝春秋





能町さんはあたしの周りの三十代女子の間でとても人気です。
「あたし、モテない系なんですよー。能町さんのすっごいファンでー」と何度言われたことか。

で、彼女たちはもちろんちゃんとこの本を読んでいるんだけども、読んでいるにも関わらず、読解力の低い人たちではないにもかかわらず、あきらかにモテない女子ではない。みんな小奇麗にしてるし。よく聞きゃ男との悶着の一つや二つもでてくるし。どこがモテないんだよ、おい。ものすごく不思議になる。

 あの負け犬という言葉が流行したときのことを思い出す。あれもね、子どもいない女性の全てが負け犬を自称していましたが、酒井順子さんが描いた本来の負け犬は、ものすごくハイグレードな未(非)産女性なのであった。ブームのあとで負け犬を自称するのもおこがましい、つまりは負け犬よりも下ランクな未(非)産女性がたくさんいることをいろんなエッセイストが示唆していたものだ。酒井順子さんは決して上から目線であの本を書いたわけではないし、だからこそミリオンセラーになったのだが、ご本人の立ち位置、氏素性のグレードが高かったために、「おこがましい」とささやかれるかわいそうな女子をたくさん産んでしまったのかねえ。

 モテない系に話をもどせば、定義したスポットよりもずっと広く「あてはまる感」を呼んだということ、もうそれだけでこの書は大成功しているのです。すばらしき洞察力。話はそれますが、彼女はその洞察力で、拙著「身体のいいなり」の一番目の読者として版元のPR誌「一冊の本」一月号にするどい文章を書いてくださいました。さすがです。そのせつはありがとうございました。ていうかそのまえに「身体のいいなり」を書くかどうかの時点から相談に乗ってくださって本当にありがとうございました。

 ところでモテない系を自称する女子たちは、おこがましいのではない。むしろ必要以上に自己を卑下している。

 仮性モテない系の彼女たち。

「そんなことないじゃない」って言ってほしいだけのかとも思うんだけど、それだけなら能町さんの熱烈なファンにはならないような気もするし。その辺の女子心があたしにはどうもよくわからなくてね。まああたしもよく考えずに適当にサルの毛づくろい感覚で「そんなことないじゃない」って言ってやりゃいいんだろうけどな。

 能町さんの描く本来のモテない系は、真性包茎くらい強固な(失礼)、救い難い自己否定感に満ちつつ、エベレスト並みに自己愛の標高が高い女性のことだ。犬が自分の尻尾の付け根に切れの悪いウンコがくっついててなんとか取ろうとしてぐるぐるしてる、みたいな前に進めない、後ろ向きなひとたちのことです。とか書いたらぶん殴られるかなあ。すいません。まーね、日本人は謙譲が大好きだからね。あたしだって大好きだし。どころか自己否定と自己愛の高さならだれにも負けないっすよ。ニッポン屈指の韜晦者だと自負しているよ。

 しかしあたしは自分がモテない系だとは思ってない。

 モテるからではない。豚飼って喰う女は、喰う前から喰いかねない女なんですから。そのあたりくだくだしく言うのはかなり面倒なので割愛。モテたいという気持ちとはなんなのかというのも延々と長くなるので割愛させてください。

 自分がモテない系にあてはまらんなと思う最大の理由は、スタイル愛がないからです。
体育会系ではないから自分は文化系だと自称してますが、この書にうねるように狂ったように羅列されるような、「××が好きな自分が好き」ていうのがねー、あれねー……。

 ないんですわ。

昔あったような気がするんだけど、いや、たしかに持ってたんだけど、えーーーーーーーーーと、どこいっちゃったかしらねーーーー。崖下に落ちた麦わら帽子のようです。再び手にすることもないでしょう。

 スタイル愛が消失したのはやはり加齢がでかいのかなあ。しかしもう三十代からなかったような気もするけど、あ、でも加齢が進むごとにどうでもよくなってるね。たしかに。うんうん。
「好きな音楽は××」って言われることとか言うこととかでがっかりするとかドキッとするとか、なんかもーすんごい懐かしいのです。

 いまやね、北島三郎しか聞いたことないとか言われてもその男の人の自分にとっての男としての価値が一ミリたりとも下がらんですよ。とりたてて上がりもしないし。ともあれ「なし」にはならん。ゆずとかくるりとか言われても同じ。区別ついてないけど。服も同じ。ユニクロだろうがギャルソンだろうが、スーツファクトリーだろうが、商店街の作業服だろうが、似合ってりゃいいんじゃね? (こっちは区別はつくけど)
書物も同じ。あ、さすがに仕事相手としては好きな書き手が××だと言われてほうと思ったり逆に白けることはよくあるけれど、それは仕事相手だからですよ。
 かつて自分が夢中になった音楽と同じ音楽が好きだという男性がいても、カラオケは楽しいけど、それでどうってなあ、ないっすね。
 
 ああそうか。仮性モテない系女子は、このスタイル愛へのこだわりに強く強く感応したのではないかしらん。そうかもしれない。そしてたぶん「なにをやってもなにか不足してるような、未達成な自分」をモテないというくくりにして謙譲したいのかな。ま、そうだということにしとこう。毛づくろい面倒だし。ああ、女の先輩にたくさん助けられておきながら、後輩女子を可愛がらなくていいのかあたしよ(でも毛づくろいはめんどうだから他でやれ!!)。
 
 本書で、能町さんは、負け犬のように仕事に熱心でもない、人生後ろ向きなモテない系の将来、四十代、五十代がどうなるのか案じているけれど、このスタイル愛は加齢で薄まっていくんじゃないかと思います。はい。四十代女子と自称する人々は、たぶんまだこのスタイル愛を持ってる人たちなのだろうかとも考える。モテの、女の、現役ってだけではくくりきれない感覚なのかなと最近思う。

 巻末久保ミツロウさんとの対談もまた自己愛と自己卑下のねじくれ具合がすごいです。さすが真性モテない系コンビ。スタイル愛は加齢で消えるか薄まるかしても、それはたぶん死ぬまで治らないかもしれませんよ。先輩からの暗い予言です。おほほほほ。
by riprigandpanic | 2011-03-05 16:10 | ほんっ

身体のいいなり/ありがとうございます

「身体のいいなり」
アマゾンで在庫0冊表示がでてます。
んが、版元さんからどしっと納入したから大丈夫ですという連絡が来ました。

ので表示だけですから安心して注文してください。よろしくおねがいしますー。

と思ったら、ゼロ冊になると注文できないんだ……。
すみません。表示が変わるまで今しばらくお待ちください。


http://amzn.to/dE9F5T

ご注文いただいた方、ほんとうにありがとうございます。
by riprigandpanic | 2011-03-04 13:55 | お知らせ

くだんの写真

「身体のいいなり」「センセイの書斎」のサイン本各二十冊を
東京神保町の東京堂書店で作って参りました。
ラジオ帰りでぼんやりしてたのでだらだらイラストとか言葉とか入れてみました。いまいちただしくない(笑)ヨガのポーズイラストとか……。



さて、
料理通信三月号

にのせていただいた写真です。
中ヨークの伸ちゃんと。
食べ物にまつわるなにかと撮影したいと言われて、骨にしたいと申し出た私も私ですが、
一応断られると思ったんですよ。なのに二つ返事でどうぞ、となり。
すごいですね「料理通信」

c0190053_0291130.jpg




撮影してくださった合田昌弘さんの了承を得て、のせます。
合田さん、大きなプリントを送って来てくださいました。ありがとうございます。
ここ数年で死ぬなら遺影にさせていただきます。マジで。あまり老化が進むと詐欺になるのでできないけど。合田さんに仕事を依頼されたい方は料理通信まで(と勝手に書きましたがたぶん大丈夫?)

インタビュー記事もちゃんとライターの柿本礼子さんが書いてくださってるし、できれば雑誌を買ってください。お願いします……。

料理通信 2011年 03月号 [雑誌]

角川春樹事務所




三匹の豚を飼って食べたルポ「飼い喰い」、岩波書店から出しますので、キンキンに。よろしくお願いします……。
by riprigandpanic | 2011-03-04 00:29 | お知らせ

ラジオビタミン出演してきました

c0190053_23322386.jpg


村上信夫さん、神崎ゆう子さん、
そしてスタッフのみなさま、ありがとうございました。
おかげさまでとても楽しく、リラックスして喋ることができました。
時間配分は難しかったなあ。まだまだ修行が足りません。

またいつか呼んでくださいませ。

ラジオパーソナリティの仕事は聴き手の反応がダイレクトに伝わって来るところが
すごいなあと思いました。ほんとに。
おんなじ乳癌患者さんから本を読んで共感したという旨のメールをいただけたのは本当にうれしかったです。百人の乳癌患者がいれば、百通りの乳房への思い入れがあるでしょうから、そこんところは、ほんとに、違うんだけど分かち合いたいってのと、分かち合いたいけど違うってのが、
まあごちゃごちゃして当然だと思いますので。無理に声をひとつにもできないもんで、それでもどこかで共感してくださったのであれば、やっぱり嬉しいです。

聞いてくださったみなさま、
そして出演のツイートをRTしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。



横浜でOLやってたときの先輩、Y姉さんからラジオ聞いたよというメールが来た。
うわあい。ラジオ聞いてくれてありがとう。あたしをオリちゃんと呼ぶ唯一のひと。
ええ、当時オリーブの「オリ」でそう呼ばれてました。わははは。
この姉さんがいなかったら一年一ヶ月の給料生活すら勤まらなかったという大恩人です。
まがりなりにもボーナスなるものを生涯で一回でももらえたのも、彼女のおかげ。
「身体のいいなり」読み返しても、女性の先輩たちにはいつも本当になんつーか、
助けていただきました。いじめられてもおかしくない頑固者なのに。
感謝しております……。
by riprigandpanic | 2011-03-03 23:31 | お知らせ

今日ラジオです

本日 AM10:05あたりから

NHKラジオビタミン

に出演します。

よろしくお願いします。

http://www.nhk.or.jp/vitamin/index2.html
by riprigandpanic | 2011-03-03 07:58 | お知らせ