<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

あざーーーっす!!

みちくさ市のトーク、
予約開始三日で満員となったようです。うっひょー。
いやーーありがとうございます!!!

1500円払ってもまるで惜しゅうない、はずです。生ハムの味だけでもすごいんですが、とにかく神谷さんが赤身肉を愛するあまりにいろんな意味でおもしろすぎるので、トークも堪能していただけると思いますはい。

ずっと以前に
スペインのセビージャからローマまで延々と23時間くらいかけて普通電車に乗って移動したことがあったんすけど、そんときにどこだったかな、バルセロナに行くと言うおっさんグループが乗ってきて、革袋の水筒にはいったワインと、ハモンとパンを分けてくれて、大宴会になったことがあって、
あんときのハモンを思い出すのですよ。

あーヨーロッパ行きたくなった。

ただいまこの本を読んでます

ユダヤ人を救った動物園―ヤンとアントニーナの物語

ダイアン アッカーマン / 亜紀書房



はんぱに小説仕立ての評伝ってあんまり好きなスタイルじゃないんですが。
ナチスがユダヤ人やロマなどを絶滅させようとしたことはあまりにも有名ですが、彼らは一方でとっても自然に優しく、絶滅希少動物@アーリアン の保護愛護に情熱を傾け、動物の権利を擁護する施策も実施していたのでした。
在来種愛護、環境保護、動物愛護、の根底にはびこる優生思想について考えさせられます。ま、はびこらない場合もあるんでしょうけど、まるで自覚がなくてもつながっているのだとも言えます。なかなか根深いなあと思うのでした。
ワルシャワの動物園の園長夫妻はナチの動物愛護精神を利用してゲットーのユダヤ人をこっそり救済していくのであります。実話なんだそうですが、たいへん小説的です。映画化できそうなお話です

あーしとしては、カラスや馬肉をなんの抵抗もなく食べるポーランド人たち、とか、当時の動物園の飼育動物に対する考え方とか、そういうところがおもろいです。動物園が閉鎖されて希少動物だけがドイツに接収されたあと、残りのアーリアンにとっては「どうでもいい」動物をナチの将校が狩りゴッコして撃ち殺しちゃったり、跡地を養豚場にして豚を育ててそれをゲットーのユダヤ人にこっそり差し入れしたり。もはや戒律も関係なく、貴重なタンパク源になっていたのですなあ。

それにしても動物園の跡地が養豚場ですよ。そんでヒネ豚を自分の息子に名前つけて飼わせてますし。その豚、人慣れしちゃったあまりにナチの軍人に近づいちゃってそのまま息子の目の前でさらわれて、肉にされちゃうし。。さらにそのあとはドイツ軍に毛皮を供給するためのキツネ飼育場になりますし。世話してる男が自分の飼ってる猫が子どもを孕んで子猫が生まれると、それはどこかに連れて行って(おそらくキツネに食わせたのではと書いてある)、飼育場であぶれている子狐を母猫にくっつけておっぱいやらせて育てさせたり。いちいち現在ではありえないエピソードに溢れてますわ。でも歌われる動物愛護。そして「愛される」動物たち。しかもナチが愛するだけじゃなくて、ポーランド人の園長夫妻も愛してるわけですよ、たくさんの動物たちを。濃密に。で、まあ、そのー、食ったり殺されたり爆撃されたり撃ち殺されたり……。有事とはいえ。。。極論を言わせていただくと、ナチも歪んでますが、園長夫妻の愛が絶対正しいとも言えないのです。動物への愛に正しさなんてないのでしょうけどね。や、それを言ったら人への愛もエゴでしかないんだが。


やー
ポーランド人地下組織の素晴らしさとかに感動しなきゃいけないんでしょうけれど、いちいちでてくる動物たちの扱いに釘付けです。動物とユダヤ人を巡る美談と残酷話が渾然一体となった、もうどこまでが美談なのかすらよくわかんないくなってくる、動物愛グロテスク万華鏡って感じですかね。人間より動物をこよなく愛するという心優しき方にぜひお読みいただきたく……。いえ、あの、他意はないです。深読みしなけりゃ普通に心なごませる動物がたくさん出て来るってだけの評伝です。

装丁、いいなと思ったら間村俊一さんでした。さすが。造本もすばらしいです。
by riprigandpanic | 2010-07-06 22:44 | どうでもいい日常

すごい

トークのお知らせあります。↓
http://kemonomici.exblog.jp/14705792/

なんかあと数人でもう予約満杯になるみたいです。ありがとうございますーーーー。お客さん来なかったら余った生ハムを買い取って食べよーかなーとか考えてたんですが、それはそれでいひひ、とか思ってたんですけど、杞憂でありやんした……。人見知りではありますが、喋るからにはゴフッと血と肉汁が滴るようなトークをしようと思ってますから、楽しみにしていて下さいませ。





今日のよがは

大雨のせいなのかあーしひとりであったので、しかも先日受講したあと身体の感じがとてもよかった先生だったんで、リクエストして基本のポーズ総点検アジャストをしていただいた。

ら、

んまーボロが出るデルでる。

使うべきはずなのに使っていない筋肉の多いことったらもう。
ここって触られるとああってわかるんだけど、そこに力を入れることって、難しい。
できる部位もあるけど、できない部位もありますねー。上腕の外側とか、難しかった。ええ、ここっすか。んなっ。それでこっちの力は抜くんですか。ひいいいい。で重心はここ。なんて具合になおされまくり。おしりひく。仙骨立てる。内股の筋肉で支える。ここはもっと落とす。引いてる骨盤をぐっとたくし込むように正しい位置に。

んーいままでなにをやっていたんだあーし。

しかし面白い。意識を向ければ向けるほど、身体はピンポイントで動くようになる。時間はかかるけど。それなりには動くよ。そのうちもっと動くとなんか楽しいことになる気がしなくもない。

以前は脚の指なんて全部まるまってたんですが、いちおう五本の指ひろげて立つこともできるようになったし、今は脚の裏4点に重心をかけて押し付けるようにして土踏まずのアーチをくっと高くつくるように日々挑戦中だったりしますんですよ、きみこさん!!(昔操体をやってくださった方ですわ。よく指を揉んで下さったのです。)



で、
すさまじい筋肉痛でありやんす。今。
一応ね、レッスン終わって一時間後にはみしみしと出ます。くはー。これが快感になってる今日この頃もどうかと思うが。三十代のまるで運動してなかったころは、翌々日に筋肉痛がでたりしたもんだがね。とりあえず使っていれば劣化はしないようなのでした。

しかし肩甲骨が筋肉痛ってのは珍しいなあ。てててててて。
by riprigandpanic | 2010-07-06 01:32 | どうでもいい日常

トークのお知らせあります。↓
http://kemonomici.exblog.jp/14705792/
あ、誤字あります。「野性肉」ではなく、「野生肉」でした。すいません、野性時代で連載いただいてるんで、文字入れるとこっちが出ちゃいまして、そのまま気がつきませんでした……。

さきほど飲んでて知らない人から無頼派ですねと言われてしまいましたよ。
名前を出してるときに言われるならわかるんですが、
素でひとり飲みしてるときに言われるとなー。



同業のおともだちが、顔出しするかどうかで悩んでいて、
その相談にのったことがあったのでした。そのひととあーしは環境の違いはあっても自意識のねじ曲がり具合がとてもよく似ているので、きっとあーしに相談してくれたんだと思います。ちょっとうれしかったのです。

顔を人前にさらして楽しいことなんかございません。恥ずかしいだけです。
自分の書いた本を売るために晒しただけでございます。仕事がくればいいなあと思って顔を出すのでございます。
そんなこと言ってもほんとはテレビに出れてうれしかったんだろーとか言われますが、テレビに出たい人はテレビカメラの前で悪態をついたりムッとしてだまりこんだたりしませんよーだ。ふん。
もー最近は開き直ってどうでもいいやと思ってますが、それでも楽しいってわけじゃないっすから。トークもね、話すのはいいんだけど、知らない方と顔を合わせるのは得意ではないです。だから自分がお喋りしたい人をお誘いして、その人の話を聞きたい欲を満たして相殺するわけです。ま、随分慣ましたけど。

顔を出した方が仕事は来るようになったような気がしますがそれほど変わらなかったような気もして、どっちかというと楽しくないというか気を使うことが多いです。そういう自分は自意識過剰だろうかといらない悩みも増えます。こんな気苦労を背負うならもっと本が売れて欲しい。



しかしまあ自分がいざ読み手の立場になると、顔はやっぱりみたいもんです。

意識していた人の顔を紙面で拝見する機会が最近立て続けにありまして、これがね、ちょっとなんといいますか、おもしろかった。敵意というほどのものではなくても、なんとなく無意識に勝手に身構えてその人を感じていたのですが、顔を見て氷解した。いやべつにとりたてて造作が悪かったわけでもないし、自分が好きな顔だったわけでもないです。どの人も。話してみたいとも思わなかった。
それでも顔を見ると文字からは見えないその人の何かが見えてしまうものなんだなあ。
それに安心する。親近感は湧かないけど、なにか納得する。なにか氷解する。どうでもよくなったとも言えるけど。ああ顔って面白い。顔はやっぱり看板なんだなあ。
ねえ、やっぱ顔出ししてみなよ、おもしろいかもよ、XXさん。なにということもなく氷解するという現象は、本人には伝わらないものではあるけれど。


で、この流れで書くのも自意識過剰じゃねえかといわれりゃそれまでですが、

今週売りのSPA! のエッジな人々というコーナーで、
イルカ保護運動家のリック・オバリー氏と対談しました。
なかなかやさぐれたしかめっ面で写ってます。底意地悪そうです。
そういう看板を背負ってるつもりもないんですが、では素直な天使のようなツラを下げてるかと言われりゃそういうわけでもなく。ふーーっ(鼻息)。
by riprigandpanic | 2010-07-05 02:33 | お知らせ

トークのお知らせ

えー以前に予告http://kemonomici.exblog.jp/14486992/しておりました屠友、神谷シェフとのトークの詳細です。

トークの良さは「その場限り」なんで、オフィシャルに
書けない話を中心にできればいいなと思ってます。
相当ワイルドでタフで濃いトークになるんじゃないかしらん。
しかもあーしのダイダイ大大好きな神谷氏特製生ハムなどの小皿がつきます。
これは相当美味いですからね。脳が幸せになりますから。肉ってのはこういう味なんだーと、
思い知って下さい。損はしないと思いますはい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
みちくさ市と同時開催! ”わめぞ”のトークショー「ワメトーク」
みちくさ市と同時開催! ワメトークVol.6


「肉をくれ、もっとワイルドな肉を!! 」



内澤旬子さん、神谷英生さんトークショー


三度の飯より屠畜好き。屠畜あるところ肉あり。
まだまだ肉と屠畜の現場をうろつきまわるルポライター内澤旬子が、肉をもっと知ろうとして出逢ったのが神谷英生氏。国内産食材にこだわり、最良のジビエ(野性肉)を求めてナイフとビニール袋を手に全国の野山を駆け巡るくるっくる一歩手前の天才料理人。濃厚な肉本来の味を最大限に引き出すコツは猟の現場からはじまるのであった!!  屠畜愛と野性肉愛がぶつかりあう肉弾トークでめくるめくジビエワールドにご案内いたします。神谷シェフのありがたきご厚意により彼の自作生ハムなどの盛り合わせ小皿がつきます。マジ美味いです。ちなみに飲み物はつきませんのでご自由に。

内澤旬子


■日時:2010年7月24日(土)
   ※みちくさ市が雨天中止の場合もこの日に開催します
   14:00開場 14:30~16:00

■会場:旧高田小学校 1階職員室
   〒171-0032 東京都豊島区雑司ヶ谷2-12-1
   鬼子母神通りの赤いテントの文房具店「隆文堂」曲がり直進すぐ
■地図:http://kmstreet.exblog.jp/i4/
   (左側真ん中あたりをご覧ください)

■募集人数:35人

■会費:1500円 ※自作生ハムなどの盛り合わせ小皿付き

■募集開始日:7月4日(日)21:00~
※当日、応募アドレスをhttp://kmstreet.exblog.jp/で公開いたします。


《プロフィール》
内澤旬子 ‘67年、東京都生まれ。ノンフィクション作家、イラストルポライター。世界各国の屠畜場、トイレ、図書館、製本印刷などを取材。著書に『世界屠畜紀行』(解放出版社)など。現在、豚の飼育記録を雑誌『世界』に連載中。
公式ブログ http://kemonomici.exblog.jp/

神谷英生 ‘67年、新潟県生まれ。フレンチシェフ。レストランコンサルタント。新潟のシャルキュトゥリレストラン、六本木泉ガーデンの住友迎賓館、六本木センシスなどを経て2004年独立。中目黒にラ・ブーシェリー・ドゥ・ブッパを開店。オーナーシェフとなる。
La Boucherie du Buppa (旧店名)トロワ・ピエロ
by riprigandpanic | 2010-07-03 18:25 | お知らせ

なんなんなんば

そもそも街みしりが超激しいあーしなんですけど。
どうもなんばとの相性がよくありません。大阪のなんばね。難波でもある。統一しろよ! わっかんねーんだよう。

ずっとずっと前になんばの地下で疲労がピークに達して身体がこわばり身動きがとれなくなって慌てて地上にあがってすぐのところにあるカビだらけのラブホ街のなかの糞ボロビジネスホテルでまるまる二日間寝込んだとことがあります。『一冊の本』で連載中の『身体のいいなり』でも書きましたけど、このまま自分は元気健康と縁のない半分寝たきりの暮らしを余儀なくされるのではと、たいへんなトラウマになったのでした。まあそれがきっかけでブチ切れて身体改革が始まるわけですからある意味よかったのかもしれませんが。あーしのボトムエンドでしたわね、あれは。この先もそういうボトムエンドが来るのかもしれませんけど。

ともかく思い出すのも嫌な吐き気もこみあげるおぞましい気分であったので、それからずっと大阪に行くこと自体を本気で避けてきたんです。が、かなり元気になった現在、そろそろいいかしらねと関西取材をしているわけです。

で、過日も五時に起きて(あーしの平均就寝時刻は四時となっております。サッカー関係なく)大阪だったんですけど、まああたなんばで一歩も歩きたくなくなりました。疲労に蒸し暑い不快感がピークに達して、あーもーなんかやだあーって道路に大の字になってすっ転がりたくなったのでした。

なにがいるんですかねここ。
あーしの敵対霊(そういうものがあるのかどうかも知りゃしませんけど)かなにかでも?


もちろん以前と同じように道にも迷ってしまいました。うおおおわかんねーよ、なんば、ある場所へ行かねばならなかったんですが、だれに聞いても答えてくれないし、つげ義春の漫画のようにブスブスと黒焦げ加速。なんかこの磁場の狂いの中でうろついていても疲労するだけで時間の無駄じゃあっとタクシーに乗ったんですが、運悪くとても近い場所であったらしく超不機嫌になられてしまって、受けと返しもすれちがい、負のデススパイラルに突入。大阪のタクシーって初乗り五百円で、東京とは事情が違うのも良く知らなかったわけで、向こうにも言い分がある話ではあったのですが、それにしても以下略。いっておきますがあーしは普段タクシーに乗る時は丁寧過ぎるくらい丁寧です。ただし運転手さんの横柄さいいかげんさなどに一度切れたら大変です。久しぶりにブチ切れて口論ののち禁じ手の啖呵(書けませんがあーしが書いてるものにかんする啖呵です)を切って運転手をどん引きさせてしまいました。ほほほほほほ。

もう貝塚いくのになんば経由すんのやめた。関空使おう。
ところで貝塚では、とても楽しい取材をさせていただきました。先日どうと倒れた牛を精肉。いやーでかいっす、交雑。重いっす、しんたまもバラも。骨も。
世界を探し歩いても相当めずらしい、とっても素敵な、大好きな屠畜場です。

ほんとうに何度も何度も、ありがとうございました。
野性時代にて連載中の「もう一周! 世界屠畜紀行」にて書きますので読んでやってください。

ここまで書いてて友人に電話しててこの話をしたらば、以前になんばで動けなくなったときに行こうとしていた場所が有名にて強力な心霊スポットなんだよと言われてちょっと嫌な気持ちになりました。いやー、それは関係ないと思うけどなー。
by riprigandpanic | 2010-07-03 15:56 | どうでもいい日常