「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

結構マッスルなお話

小学生のときから自覚していたくらい
ひどいO脚であります。ひざとひざの間がものすごくはなれていて、
どんなに力を入れてもくっつかない。

脚を縛って寝たりとかしたこともありましたね。中学生の時とか。

で、大人になるとさすがにあきらめますから放置。脚のラインがでないものを着てごまかしていたわけです。代謝も最悪だったんでどんどん太くもなりました。

しかし最近ひざがつくようになりやんした。
足首ふくらはぎのラインも変わりました。

実家の母に驚愕されました。

まあもとがもとだから人並みになったくらいのもんですが、O脚に悩むひとならわかってくださると思いますが、人並みになれただけで信じられません。もっと若いときにやってりゃよかったよが。

よがやって身体が変わったことはこれまでもぎゃーすか言いふらしてますが、実は脚が変わりつつあるのであります。先日立ち方指導をされて、脚の裏4点でアーチを作るように立てと。親指の付け根と小指の付け根と踵の左右。踵の左右はいまのところまるで感覚が掴めない。しかし親指と小指の付け根はわかるようになりました。ここでぐっと、アーチを。これで足首が変わりました。しえー。

あの、繰り返しますが、自己満足の域であります。
これから御会いする仕事関係のみなさま、心の中で舌打ちしないでくださいね。聞こえますから。
客観的に綺麗な脚になれてるわけではありませんからね。すさまじく酷いのから人並みくらいになっただけですよ。いまだに身体歪んでますから。股関節も腰痛歴ながいので固いし。

あーしはこの歳まで運動というものをまるでしたことがなかったんで、身体の外見を変えるまで筋肉を動かすなんて、そりゃ気が遠くなるまで動かさねばならないのだろうから、自分には不可能と決め込んでおりました。根性まるでないし。なので加圧は手っ取り早そうでいいなと思いましたがお金ないし。よがはじめて四年かな。そんなに真面目にやってるわけじゃないんですが、おもしろいですわ。でもいまだにお祈りは苦手なんですけど。

ちなみに腹は縦と斜めに割れます。ちょっとさぼると割れなくなるけど。横はさすがにねー。ちゃんと腹筋運動しないとだめだろうねー。キャサリン・メーニッヒの腹とかすげえよなー。

今更ですがツイッターはじめました。
貼り方がわからんのでアカウント書きますriprigandpanic
よろしくおねがいします。
by riprigandpanic | 2010-07-29 10:14 | どうでもいい日常

肉話

先日のトークのことをイラストレーターの武藤良子さんがブログで触れて下さってます。武藤さんの文章は綺麗ですね。ホントに暑い中いろいろありがとうございました。あの小学校、素敵です。

http://d.hatena.ne.jp/mr1016/20100726 

話がマニアックになりすぎましたかねえ。なかなかうまいフォローができなかったな。
あと三回くらいやらせてもらうとわかりやすくなるんですが。

あれでも神谷さんは普段の半分くらいしか出してなかったな。マニア度を。
胸割ってバラ肉を見た瞬間にこの肉がどういう味かわかるって言ってたのがねー。
割った瞬間にいい肉かどうかわかるのは屠畜作業員も精肉業者も一緒です。
でもね、
彼らはその肉を毎回食べることはないのです。調理することもない。
そこが分業制の限界。
たまに食べることも、流通の関係上不可能なのでは。
農家さんだって自分ちの肉を食べることはめったにない。食べたことない人だっているはず。

神谷さんは自分の舌で良し悪しを決めてる。これがいい肉って教えられる訳でもないし、こういう肉は高く売れるからって覚える訳ではない。
ここがまるで違う。
で、どう調理すればその肉の良さを引き出せるかを考えて調理する。

とち狂ってますよ。

だって肉ってでかいんだよ。でかくて賞味期限があるんだよ。

生体から味まで把握している人にはなかなか出会えませんのです。
まあジビエだからできることではあるんだけど。
それとレストランミートと家庭用のテーブルミートでは味の基準も違うんですけど。

あーしの舌なんてぜんぜんついていってません。
by riprigandpanic | 2010-07-27 13:09 | お知らせ

トークなんですまた

えーと今週末もトークにおよばれしております。恐縮です。

イメージフォーラムにて
THE COVE の上映前にちょこっと。
よかったらいらしてくださいませ。リック・オバリーに実際に会って話した感想でも話せたら。

http://thecove-2010.com/
7/30(金)
世界の屠畜とイルカ漁 ~実際の体験をもとに語る~
内澤旬子(ノンフィクション作家「世界屠畜紀行」著者) × 関口雄祐(動物行動学者「イルカを食べちゃダメですか?」著者)
19:00の回 上映前 (20分程度)

関口さんの本、読んでる所ですが面白いです。もっと早く出して下さればあの恐怖対談の前に読めたのに。御会いできるのが楽しみです。

某所にイルカ肉を取り寄せてんですが、まだ食べていません。和歌山からのじゃないんですけど、なんだか冷凍庫に余っているらしくてタダで送って下さったらしい。んまー。

皮肉にもこのトークのあとに食べにいくことになってしまいましたわ。同時にグリズリーとか、プーさんとかと同じ種族のあの獣の白いふわふわしたアレも待ってるらしい……。よりにもよってそんなハードな夜の同行者はオムライスが普通に好きなF氏。涙目だろうな今頃。観念してくれ。

ちなみにあーしは別に奇食珍食マニアではないので、たまたまの機会があればいただくレベルでしかありませんから。イルカはご縁があったから食べようと思ってこちらからお願いしたけどさ。

イルカってほ乳類なのに、水産庁の管轄なんだよなあ。獣肉のはずなのに。それがあーしにはおもろいです。

ここんところ野性時代の取材は屠畜ではなく屠獣になりつつありますわ。

でも明治期の地図表記とか屠殺場より屠獣場のほうがよくみるんだけどな。野生動物の持ち込み受けてたなんて話がでてきたらおもろいのだがさすがに聞かない。

今更ですがツイッターはじめました。
貼り方がわからんのでアカウント書きますriprigandpanic
よろしくおねがいします。
by riprigandpanic | 2010-07-26 17:12 | お知らせ

重い腰をあげて

セドローくんに促され。

ツィッターはじめました…………。
えーと
アカウントはriprigandpanicです。ここのブログIDといっしょ。




いや、いろんな人から言われてたんですが。
あの、このブログも
タイトル、からつぶて の通り、あーしは双方向いや多方向?のコミュニケーションというものがイマイチよくわかりませんので言い捨て御免にしております。すいません。mixiもそういうわけで行きがかり上はじめましたが、あっというまに毒吐きの場 と化したために、数少ないマイミクの方々もおそらく嫌々義理で足跡をつけるためだけに読まずに開いているような、愚痴の墓場のようなところになっていて、とてもじゃありませんがマイミクを増やすことも今後ないと思われます。まあ取材雑感を書くにはいいんで閉じませんけど。

しかし

本日みちくさ市のトークイベントがですね、
暑いので当然なのですが当日キャンセルが出るわけですね。
事前予約を満員打ち止めでお断りしていた関係上、あきらめた方がこの世のどこかにじゃなくて、鬼子母神近辺にいるかもしれない。そういうときにセドローくんがせっせとツィッターで当日券ありますとか流して下さっているわけです。うちざわさんご本人がツィッターで流せばもっと……と上目遣いで言われまして………。

今後も細々とですがこういうイベントに出ないわけにもいかないので重い腰をあげてツィッターはじめることにしました。うううううう。みなさんがはだしで逃げ出すような毒吐き場にならないように、自嘲、じゃなくて自重したいと思います。

当然ですがよくわかっていませんので、アホをやらかすとおもいますが、その際には優しい感じのご指導お願いします。



というわけで、本日のトーク、死ぬほど暑い中、お越し下さったみなさま、神谷さん、みちくさ市スタッフの皆さま、本当にありがとうございました。今後ともよろしく御願いします。
by riprigandpanic | 2010-07-24 22:03 | どうでもいい日常

部活動---とがさんぽ


ビックコミックスペリオール
スナック部
に混ぜていただいてます。


過日のターゲットは巣鴨。
あーしの敬愛する
生まれ育ちも巣鴨なとがしやすたか先生に
素敵な定食屋を案内していただき、
その後昭和も前半期の歌が好まれるカラオケスナックへ

もちろんあーしは飲み食い歌う前に
ひとがきの取材も兼ねてますので忙しいっす。
豊漁でした……(思い出して感動してます)
巣鴨、最高です。

とがし先生、ありがとうございました。
裕次郎も良かったですが、
二軒目で披露された嵐とKA-TUNが凄かったです。部員のマツイさんと
ラップ部分までカバーするとは。
そんな五十歳になりたいあーしです。

とりあえずは昭和初期歌謡のレパートリーを増やして巣鴨に溶け込みたい。
ママに岸恵子に似てるって言われてご機嫌です。
by riprigandpanic | 2010-07-14 22:42 | どうでもいい日常

アメリカ大陸縦断……?

角川書店
野性時代 八月号

ひっそり連載中です。もう一周! 世界屠畜紀行

えーと今回は北米大陸の某大学での動物実験施設での研究者にインタビューしました。

インタビュー自体は三年前に行いました
いろいろな意味でとても勉強になりましたし自分の限界点にみずから突っ込むことになったので、
なんといいますか、とても疲れました。。
でもインタビューにご協力いただいた先生方にはほんとうに感謝しております。

へろへろになったその脚でゲイの友人の妹の結婚式に出るためテキサスに行き
そこの結婚式が東洋人二人のヒスパニック一人の他全員白人ちゅうもうさすが
テキサス!な感じで衝撃を受け、さらに
そこで流れで奴のフィアンセのフリを二百人あまりの白人の前でするハメとなり、
アメリカの怖さ面白さをひしひしと感じたのでした。

なんてしょっぱい国、もうおうちに帰りたい!!
と心の底から願いつつも
そのままキューバに飛んで
テレビの撮影とともに豚をつぶして食べました。
食べる為に殺すことには何の迷いもない自分を再確認いたしました。

もう三年前の出来事ですが、

たぶんここからあーしの屠畜紀行の続きの起点が定まったのだと思います。
豚を飼うことになったそもそものきっかけもココからですね。

こんなに面白くてつらいテープ起こしははじめてでした。

どうぞ読んでやって下さいませ。



ちなみにあーしはネズミがとても嫌いです。
西日暮里で具合がマックスに悪くて寝たきりだったときにネズミと同居していたので。ものすごく嫌いです。憎い、と言ってもいいでしょう。しかしおなじくらい怖いのでした。はい。そして吉田戦車の「つやつや担任」に登場する大変不潔などぶねずみ養護教諭が大好きです。「失礼ね、手なら洗ったわよ、ドブで」っていうネームはね、あーしの漫画名言集第一位ですから。
by riprigandpanic | 2010-07-14 17:10 | 連載中

実は

去年秋口から

毎月一回律儀に39度ちかい高熱に見舞われてんですわ。
節々が痛くて寒くて立っていられなくなります。胃も痛くてなにも食べられなくなります。ハンパない腹痛がつくときもあります。どうがんばっても起き上がれません。身体を水平にしてないといろいろ痛くてな。ダメージでかいので翌日もごろごろすることになりますわなあ。すげえ時間のロスです。

はじめの二三回は風邪かと思ったんですが
月経周期に関係してることがだんだんわかり、
かといってあーしの場合周期が定まらないのでかっちりと高熱が出る日を算出できるわけでもなく。
んーなんとなく海外に出るのに腰が重くなってるのはこれも実はあるんだよなあ。

婦人科にようやく出頭したらば、

一番の可能性としては、ようするにホルモン療法で生理を止めていた反動で超活発になってるためなのではないかと。オーバーアクションしてるんじゃなーい? とむしろいいことのように言われちまいました。んーーーーー? 子宮系の重病とは今の所は診断されなかったんで、良かったのか?
アクション起こした所で用途もないんですが、だからといって活動休止にしてりゃいいかというとまたいろいろ身体に影響があり、嫌なことが起こる可能性もでてきてしまうわけで、用途があろうとなかろうと正常運転が無難に望ましいのである。


で、対策としては漢方をすすめられた。
結局こういうメンテナンスは東洋医学におすがりするしかないようで。

ホルモン療法副作用のあとの副作用のことってあんまり記録されないみたいだし、原因を1本にしぼれないことも多いんでそうだといいきることもできないんですが、ノルバデクスの服用をやめて二年半経って、こんなあとひきかもしれないこともありゃーすってことで、一応書いてみました。参考になる方がひとりでもいるかもしれないかもと思って。

耳は大分よくなりましたが疲れるときーんと来ますな。
身体もさっさと元気になる部分と、ゆっくり元気になる部分があるようで。
ま、百パー健康なんて日々はこれまでもないし、これからもないんだろうけどね。
痛かったり苦しかったりすれば軽減したいと願って動くように人間はできてるようで、
なかなか放り出すこともできないのでした。

お灸を毎日地味に饐える日々。きくといいなあ。
by riprigandpanic | 2010-07-13 16:36 | どうでもいい日常

手習いのフーガ

以前に書いた通り
単純にカール・リヒター指揮のマタイ受難曲をアマゾンで買おうとして、機械的に御薦めされたのが
グレン・グールドのフーガの技法 でした。

これがあまりにも良かったのでとうとう自分で弾いてみようと思ったのでした。


そもそもあーしは何がしたいのでしょう。何を知りたいのでしょう。
何かに出くわすときというのは、
具体的な疑問がないものです。具体的な疑問が出せるくらいならば、
それについてのアウトラインが見えてるってことです。

ただわからない。
何をどう知りたいのかもわからない。だけども気になる。
何が気になるのか、うーーーーーん、そのたたずまい、なのかなあ。
豚もそれで飼ったんですけどね。

バッハが目指したものなのか
グレングールドが目指したものなのか
対位法という作曲の法則なのか、

よくわからないうちにね、
バッハの生涯、とか
マタイ受難曲の解説や対位法の解説を
読み込む気にあまりなれないのです。
そこらへんがバカのバカたる所以。

というわけでこの三ヶ月ほどフーガの技法を聴き狂いました。
どんな景色に立っていても、そぐわない、ということがありません。
渋谷の雑踏でも、東海道新幹線から見る田んぼでも、明け方にビルをこして高く昇る細い月でも

凄い曲です。

で、先日ようやくオルガンを友人から御借りした訳です。18キロ。いちいちケースから持ち上げられないから、出しておいて布を掛けてます。

でね、さすがにバッハってパブリックドメインじゃない?
だからー、楽譜の無料ダウンロード、やってみました。
あたしだってすこしはそういうの、わかってるつもりですから。

第一
コントラプンクトゥスのピアノの一番だけでいいんだからね
どうせいの一番の一曲弾くのに一年以上はかかるでしょう。
だって中学二年でピアノやめてますし。ツェルニー30番だっけな、そこまでだもん。


…………て……


……………………………で………………えーと…………




へえ、カナダのwikiなんですか。カナダの著作権法ですか……。



………………で………………う……………




挫折しました。てへ。

バッハ、曲が多すぎます。種別入れろって言われてもわかんないよう。
つか、フーガってfugueだったのか。何語なんだろ。

そして似たような名前がつきすぎてます。
なぜか五番はタダで一番は有料になったりしてさ。 きいいいい。

aikoのカブトムシ@youtubeとかみたいに簡単に出て来てくれません。
いろんな無料ダウンロードサイトを彷徨いましたが、駄目でした。


いえ、仕事の検索ならば、英語サイトでも頑張りますが、締めきり押してるし、
ま、もう金の力に頼ります……。
そしたら日本語版のスコアが四千七百円もしてびっくりだよ、
フーガの技法。
英語版で千四百円のを見つけられたからまあ良かったけど。

で、届いてからこんどは聴きながら楽譜読み。
あの、シに♭がついてるのはなに短調ていうんでしたっけ。
あーパートに出てまでピアノに通わせた母が知ったら卒倒するな。
そういや中学三年間ブラスバンド部でトランペット吹いていたんでした。
部活で一緒だった同級生にも呆れられるだろうなあ。

この歳になるとなんにも覚えちゃいねえよ。

それでね、たぶんそのなんとか短調のせいで、
頭の中でずっとドレミをつけてうたっていたのと、譜面がね、一音ずれてるの。
やっかいです。ピンと来ません。

譜面読むのも考えてみたら二十五年ぶりだものなあ。

ペルシャ語よりは読めるような気がするけどさ。なんの音なのかわかんないのが続出してます。パッと見てでてこない。とくに左手の低音のはヘ音記号になってるじゃないですか。あれね、どこがドなのかわかんないっす。てへへ。
しかし譜面にドレミをふったら最後、読めなくなるでしょ。語学の基本です。ハレショマーとかカナふったらアラビア文字は永遠に読めません。

視覚に訴える記号に関してはペルシャ語にハングルだけじゃなくてね、各国文字の暦を読んでたんで脳が少しは大丈夫なんですよ。まるでパーなわけではないはずと信じて、譜面をたどる。だってあーしの耳で音源から拾える音は限りあるだろうから。でまたそれを覚えられないから記録しなきゃならないってなると、譜面は読めるようにしたい。

へんてこりんなテキスト主義者です。

マタイも歌詞だけを読んでてまだ解説書読んでなーい。


あ、もちろん仕事の合間にやってる娯楽でございますからね。

Bach: The Art of the Fugue & A Musical Offering

Johann Sebastian Bach / Dover Publications



バッハ:フーガの技法

グールド(グレン) / ソニーレコード


by riprigandpanic | 2010-07-12 00:56 | コントラプンクトゥス

ワイルド・ワルツ

いつもいいかげんにちょろっと
ウィンブルドンを見ます。ちょっと久しぶりかも。去年テレビなかったし。

ビーナス・ウィリアムスが負ける試合を見ました。せつなし。
パワフルな中にもかっこよさを感じさせるプレイで好きなんですわ。
そして今回のビーナスのウェアも素敵でした。

ビーナスを負かしたのはへなへなしたテニスをする若くて痩せてて可愛い猫背っぽいおねーちゃんピロンコワで(テニス素人だから許してくらさい)、調子崩すよなあ、あれは。それも作戦なんでしょうかね。ああ、だからテニスはおもろいなとも思うのでした。力だけじゃなーい。筋肉だけじゃなーい。

あとは今日のダイジェストを見たわけです。

ピロンコワは次の試合で負けていた。相手が途中から力一杯うちまくりからへなへなに変えたとたんに駄目になってた。うーん。それにしてもピロンコワ、シャラポワみたいに堂々としてない感じが妙にそそるのではないかと思ってたらやっぱり萌えてる日本男子がたくさんいたわ。なんだかわかる。猫背にノーブラって思春期はじめの小学校高学年女子っぽくて落ちつきませんけどね。婦女としては。

で、女子シングルス優勝は、ビーナスの妹、セリーナ・ウィリアムス。あーし妹は姉ほどすきじゃないんです。北の海みたいで。まさに野性の王国的なパワーテニスねじ伏せ系。筋骨隆々。サーブ絶品。
しかしなぜ赤いアンダーパンツ。還暦じゃねっつの。縁起かついでるんだろうけどさ。イタリアの新年は町のランジェリーショップに真っ赤なブラやバンツが並んでいて、なんだっけな、正月は履くものと聞いたような記憶が。セリーナは米国生まれのアフリカ系なんだが。お洒落じゃないんだよう。姉ビーナスはお洒落なのに。

勝利が決まった瞬間の雄叫びポーズはもはや雄々しいを通り越して漢……。ラ、ライオン?
集中線みえまくり。
本宮ひろ志えがく男みたいな感じでした。。。。


男子シングルス優勝はナダル。決勝戦のナダル、すげええええ。かちょいーーーー。信じられんショット連続じゃった。なんか違うもんでできてるみたいな筋力だ。今年のスペインはなにかついてるんだろうか。男子テニスプレイヤーってお育ちのよさげなこざっぱりしたイケメン系が多くて鼻白むんですが、この人ダントツに野獣系(優勝候補だったフェデラーもイケメンではないのであるが顔的にはいまいち魅力に欠けます)。バンデラスを五倍くらい凶悪にした感じ。目つきわっるーーーー。いーなー。惚れた。これまで男子テニスはあんまり見てなかったけど、ナダルのプレイをまた見たーーーい。

で、ウィンブルドンって男子シングルスと女子シングルスの優勝者同士でワルツを踊るらしいんですわ。

ナダルとセリーナのワルツ………
恐いもの見たさに震えているのはあーしだけではありますまい。うううううう。
擬獣化せずともすでにケダモノだもの。
ちょーーーー大股で大腿筋をこすりあわせながら競技選手並にがっつりド迫力でおどる姿を想像しちまいますよねねねねねー。

ああナダルとセリーナならタンゴの方がお似合いだと思います。
それかいっそ と、闘牛とか……?

もう少し真面目に見ようかと思っちまうくらいダイジェスト面白かった。
とりあえず全米オープン、カモーン。
となると、BSつけなきゃねー。うちはテレビ原始人なんでめんどくさいんだよ。
by riprigandpanic | 2010-07-11 00:52 | どうでもいい日常

noguchi……

先日
noguchiに行って来た。
恵比寿にお店があるのです。

あまりにもがさつなあまり、ゴールドのブレスが曲がってしまったので修理に出していたのでした。

久しぶりにつけるとやっぱり溶けるー。涎でるー。いーわーやっぱり。
キラー細胞から活性酵素から成長ホルモンからもうなんでもかんでもぶわーっと増えそうですよ。
つけてるだけで。素敵な装飾品って絶対そういう効果あるんじゃないかなー。
ピアスとか指輪とかも持ってますけど、やっぱりブレスが一番気に入っているのでした。


広報の方から伺った所、
なんと七月になった今でもクロワッサンの記事を見て買いに来るお客さんが絶えないのだそうです。



驚きましたわこっちも。
半年も前じゃん。

クロワッサンという雑誌がそういう雑誌なんでしょう。すげーな。きっと記事を見て下さってからお金をすこしずつ貯めて買いにいらっしゃる方なんかもいるのかしらねー。そしてそういう方はきっと年にひとつずつ、コレクションを増やしていく細長い顧客になるのでしょう。えーそりゃあーしのことですがね。

あんまり人気が出ちゃうのもホントは嫌なんだけどなー(珍しく婦女モードですがお許しを)。
素敵ですね
とか、
どこのですか
って聞かれるのはちょっとうれしいもんだもん。

***の新作ですねとか言われるのはってそんなの言われたことないけど、
あんまりうれしくないしな。


お金もないのに注文してたりします。今年も。はわわわわ。
………仕事しよ。
by riprigandpanic | 2010-07-09 03:21 | どうでもいい日常