<   2010年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

眠り浅く

久しぶりに夢を見る

おお、昔はよく見たもんだった。とてもリアルなやつ。

しかし寝る前に上田秋成を読んでいた為なのか
すげー恐い夢となり、いや途中ふわふわ宙に浮いたり八階ビルの屋上に建ってるバラックに壁から登って窓から侵入した。中は畳三畳の和室でした。いろいろ楽しかったんですが、とにかくまがまがしくも恐い幕切れとなる。

私は大抵夢でみる間取りが忘れられない。

ていうか夢でいつも間取りチェックしてるような気がする。前に住んでいた家だったとか、夢に何度もでてくる家だとか、住んでる所に部屋がひとつ増えている事を発見したとか、そういう夢がそして忘れられない。それにしてもビルの屋上に建っているバラックは大好きなのだが、夢に出てきたのははじめてでした。中が和室で和装の男性が住んでいたというのも意外だったなあー。いや、夢に意外もなにもないんだが。旧知の、温和そうな気の小さそうな坊主頭の人であるのだが、起きてみるとそれが誰なのか見当もつかない他人であった。

それにしてもやはり一度は不動産仲介業をやってみたかった。
by riprigandpanic | 2010-03-12 03:55 | どうでもいい日常

そういえば

本の雑誌で

写真集を紹介させていただいたんです。

『豚と共に』山地としてる

自費出版です。もともと豚を飼っていたときに、写真家で映画監督の本橋成一さんから送っていただいたのでしたが、これが素晴らしくて。

とにかく豚の表情がいい。可愛い。

しかしまあ失礼ながらパッと見には東南アジアのどこかの国の物好きなおっちゃんがムツゴロウさんのように豚と戯れて遊んでるようにしか見えないのです。まあ豚と戯れてるだけでもすごく素敵なんですけど。でも、このおっちゃんは常時千頭単位で豚を飼育して肉豚として定期的に出荷していたんですよ。豚にビールとか飲ましてるし、家の中に連れ込んだり、子豚海につれていったりしてるけど。たぶん破天荒な飼い方しているようでも、するべき管理や努力はしていたのです。ちゃんと農林水産大臣賞を受賞したトロフィーなども映ってる。でも養豚関係者じゃないとそこまでなかなか見ないよなあ、写真集には説明がすくないし。

そう思って差し出がましいかと思ったんですが、このおっちゃんの何がすごいのかを描かせていただきました。もちろんそれを切り取った写真の出来自体も最高です。

自費出版がもったいないです。

現在神保町の東京堂書店の三階の畠中さんの御尽力により、ここでだけ扱っていただいてますので5000円で買う事ができます。本の雑誌がでてから売れているらしく、ちょっと嬉しいです。

豚をかわいがる事と、生死を管理すること、食べる為にだいじにかわいがって育てる事、
そのすべてを堂々と存分にされているご様子に
三匹の豚と過ごした夏、どれだけ励まされたことでしょう。

どうぞ神保町にお寄りの際には立ち寄って立ち読みでもいいのでご覧になってみて下さい。

えーと中目黒のレストラン
La Boucherie du Buppa
でも
この豚の写真を飾ってますのでぜひどうぞ。
by riprigandpanic | 2010-03-12 03:29 | お知らせ

いろいろ治らない

左足のねん挫が治らない。
よがの先生にごきゅっとやられて、ねんざと気がつくのに二週間はかかった、不思議なねん挫です。
しかしあのきついアジャスト以外、なんにも思い当たることがない。ちょっときつめに縛っとくと特に大丈夫なのだが胡坐がかけない。

そのためよがを一カ月以上休んでいたら、どんどん眠りが浅くなって、どんどん身体が腐っていくのであります。身体が腐ると心も腐ります。腐れダメループに突入。してる場合ではない!!三月なのだから!!!


とはいえ

胃も壊しまくってます。

身体も冷えまくってます。

というわけで
粉末のしょうが湯あるじゃないですか。あれを入れてライスプディングを作った。白ワインとオリゴ糖とプルーン二粒と大豆でできた偽肉フレークも入れた。ご飯はもともと玄米まじりの炊飯器にあまってるやつを。


結構いけました。

昔からドリトル先生とか洋物の児童文学を読むたびにライスプディングなるものにひっジョーに心揺さぶられていたんですが、以前になんだっけ、なんかお伽噺に出てくるお菓子のレシピを書いた本とかでたときに、クラスメートにレシピまわしてもらいました。それで実際に作ったらものすごくまずくてがっかりして二度と喰うものかと思ったのでした。

なぜか今宵はうまいです。やっぱり決め手はしょうが湯粉末なのではと。それと牛乳を入れないことか。

エコとか節約とかあーしはでえきれーなんだよ!!という文章をこれから書こうかというのに、
ちまちまと戸棚にくすぶる賞味期限切れまくりの残り物いただきものを消費しているあーしです。隣のコンビニにいくのも寒くて嫌だというのもあるんです。

あああホントになんで塩昆布がこんなにたくさんあるんだよ!!
何杯茶づけを食わねばならんのじゃ!!
by riprigandpanic | 2010-03-10 01:38 | どうでもいい日常

もうすぐ

本の雑誌


黒豚革の手帖

というエッセイ連載を始めさせていただくことになってる。まだ全然書いてないんですけど。



先日本の雑誌社の杉江さんと打ち合わせしていて
あーしが子供時代に飼っていた犬の話となり
数日だけ飼った一匹目が
エス

十六年間飼った二匹目が
クロ

っていうんですよ。クロはどんどん変名して最終的にはオグになるんですがね。と言ったら

まるで内澤さんそのまま体現じゃないですか
といわれてしまいましたとさ。

えーと犬の話を書くわけではなく(そっちはミシマ社の本で)
我如何にしてイラストルポライターなる職に漂着せしかちゅう話になるんじゃないでしょうか。

四月で週刊金曜日の表紙裏のイラスト連載が終わります。
疑モンモンモン
だんだん楽しくなってきたところなんで残念です。

さー今日も肉だ。
by riprigandpanic | 2010-03-05 19:19 | どうでもいい日常

十七夜

二月は

追われるままなにもできず
なにとはなくすぎてしまいました。

満月のない月でした。

満月は三月一日だったんですが、あーしは何をしていたのか。原稿描いていて腰がうまく座らずにぐたぐたしているうちに空をみることなく終わってしまった。観測史上初の満月見逃し。

どんな満月だったのだろう。


今日は
雲の合間に見えたり見えなかったりおぼろんだり。



ある雑誌で
乳癌についてのちょこっとしたコメントを寄せました。
ステージⅠのくせにゼンテキって、言われてみればレアケースだよな。

去年春から『身体のいいなり』を書き始めてからも
なかなかひとさまに向かって自分の病気体験をまともに話をするということはできませんでした。
自分で自分の体験を辛かったと認めると本当に辛くなってしまうような気がしていたのですが、
mixiで友人が子宮筋腫で全摘出手術をした日記を読むうちに、
ようやくなんとか辛かったんだわねーと思えて、
誰に何を聞かれても大丈夫、な地点まで来れたような気がします。
自分が書くことでも相当整理をつけられるのですが、読むことがこんなに作用するとは思わなかった。
自分の書いているものもどこかの誰かにそんなふうに読んでもらえたら嬉しいです。
身体のいいなり、年内に単行本にしますので。身体さえ嫌って言わなければ(笑)。

Sさん、腹に猫のせないように、せっかくの予後なんですから思い切りのんびりしてください。

これからだんだん満月を数えるように見たりはしなくなるんだろうか。

ま、それで忘れ果てたころにまたできんだよな、きっと。
癌ってそういうもんだろな。
by riprigandpanic | 2010-03-03 23:31 | どうでもいい日常

うれしいです

雑誌に記事コラムなどを書いて
まだ二十年にはなりませんがそれに近い数字になりますが、

反響、というものをいただくことはめったにありません。

そういうものです。

あ、本を出した時はご感想をいただきますね。ありがとうございます。湖に石を投げていたようなものが、ようやく反響をいただけてうれしかったです。

でもまあ雑誌連載はね。しかたないんです。
だからこそ編集様からいただく感想だけをたよりに書き続けています。憐れなもんです。知り合いに尋ねてみると、ほかの書き手の人たちもやっぱりそうみたいですね。

ところが
クロワッサンで書かせていただいたコラム美しき日本の手わざ 
noguchiのジュエリー
noguchiから雑誌に載せた中で一番反響があったというメールがあったそうです。
編集のHさん、知らせてくださってうれしいっすよ。ありがとうございます。
来店された方、お買い上げになった方、もいらしたようで。
うわーーーー。安くないのに……やっぱりクロワッサン読者は優雅なのですね。

うれしいですなあ。でもあーしが買いに行くときにほしいのが売れていたらどうしましょ
とちょっとやきもきもしてたりします。

ぴかぴかしたジュエリー(ティファニーとかヴァンクリとかプラチナギルドとかね)が
苦手な人って結構いらっしゃるのかもしれません。
でも控え目なんだけどそこは金とダイヤだからしっかり光るし。
アーツアンドサイエンスの青山店で見つけた時は釘づけになったもん。

あ゛ーーーほしくなってきた。うううううう。


いやまあビギナーズラックなんでしょうけど
ファッション誌の仕事できそうな気がしてきたので
いよろしくうおねがいしまーす。



で、いま出ているクロワッサンでは
ガラス作家の久保裕子さんのペーパーウェイトをご紹介してます。
中でメダカが泳いでいます。

数年前にはまって十個くらいまとめ買いしてともだちに配ったのでした。
オーツキさん、取扱いギャラリーを教えてくださってありがとうございました。


追記
noguchiのコラム、一日置いて冷静に記事を読み返したら、ひいき目にみたところで
べつにたいしたこと書いてませんでした。……がくっ。
ひたすら写真とキャプションが良かったためかと思われます。はははは。
by riprigandpanic | 2010-03-02 01:47 | お知らせ