<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

目ヂカラ、半端ないっす

最近仕事場に行かずにサンマルクカフェで仕事している関係上、
夜の十時に強制的に一旦仕事上がります。
なんかもう、サンマルクでないと原稿が書けないような気がしてきた。うううう。

で、帰宅すると相方が
DVDを見ている。つまんなきゃご飯食べてまた仕事しますけど。

今夜の
「黒の奔流」1972年 監督 渡邊祐介 
はとても良かった。

いえ、話の筋はどってことない火曜サスペンスに毛が三本生えたくらいの感じなんですけど、役者と演出が素晴らしい。

岡田茉莉子が凄いの。

最近のあーしのお気に入りなんです。
「流れる」も「顔」も「秋津温泉」もね
大変美形でスタイルも良く着物もドレスも良く似合うし着こなす正統派の美女ですよね。
なにより目が本当に大きくて美しい。

なのに、なぜか女の情念怨念がど、ばあああああっと怖いくらい溢れる不幸な目。
「顔」や「秋津温泉」はまだね、若い時のだからそれでも美しさが先に立つから優美なのです。
でも胸が痛くなるような切ない目をするのがたまらんのですけど。

で、「黒の奔流」は、三十代後半となり、トウが立ってきた頃合い。女中の役です。
日陰の女がぴったりの目ヂカラ。怖い、怖すぎる。

またセリフがいちいちベタに黒い。PCワードなどの制約を気にしなかったとしても、逆立ちしたっていまの脚本家には出てこない徹底的な女性蔑視の発言の数々。うろ覚えで書いてますからね。ぴったりじゃないですよ。でもこんな感じ。


山崎努扮する弁護士の先生に先生の子供がいるんです。一緒にいたいんですとすがる岡田に
「気でも違ったのか。学歴もなにもないおまえなんかとだれが一緒になるか」
とか
賭けで強姦されてしまって、ひどい、このままじゃ帰れませんと泣きすがる岡田に男(ふつーに社会的地位がある大人です)が
「なんだよ金かよ。金やると強姦じゃなくなっちゃうんだよなあ。ほら」と聖徳太子五人投げつけて、そんな、ひどい、、、とさらに泣きすがると「なんだよ、足りないのかよ、これだから貧乏な女は……」

もう爆笑っす。ウッズのエロメール読んだ時くらい笑えた。


もちろん最後は岡田が男をめった刺しにするわけであるが、それでもちゃんと一緒に抱きすがって死ぬあたりがまた時代を感じます。最期までかわいらしくよわよわしいおんな、なのです。くはーーー。それがなぜかたまらなくぞくぞくするんだこれが。

彼女の「四谷怪談」、見、見たいよーーーーーー。

清張ドラマ「けものみち」も以前作られた映画では、もっと主人公の女が男に依存しています。よわよわしいの。弱者だからこそ、男に狂気の刃を向けるのですね。もはやファンタジーの域かと。
米倉涼子版はすごく強くてかっこいい女になってて、それも痛快で面白くて好きでしたが。

岡田みたいな情念の目ができる女優さんって今だれがいるだろうかと考えてみたのですが、
んーーーーー浮かばない。色気のある女優さんはいっぱいいるんですが、どこかさらさらな色気なのだ。

じとっとしてんのに品があるの、いないかなあ。
by riprigandpanic | 2009-12-14 01:42 | ほれぼれ,岡惚れ

よかったら教えてください

くだらないことですみませんが。

昨夜、NHKドラマ「坂の上の雲」第一回の録画してあったものを見ていたのですが。


あのー
なんっか見たことがある気がしてしかたないんですよ。
二年以上前、五年以内に。
ぱら、ぱら、とシーンを覚えているような気がしてなりませんでした。
なんか直前にわかっちゃうのですよ。構図からなにから。

あ、これから海岸に菅野美穂が駈けてくるよ、とか

あ、いまから阿部ちゃんが馬に乗って登場するよ、とか、
松たかこをからかうよ、とか……。
新聞引きちぎるよ、とか……


三年かけて撮影、とか書いてあるから、予告編のようなものを放送したんでしょうかね。
いろいろ調べたんですが、わかりません。ドラマ化自体が初めてみたいですなあ。

あーしは去年と今年の十月まで、まったくテレビをまったく、まっっったく見ていません。里にも帰ってません。
千葉ではテレビなかったし。新聞連載中忙しすぎて仕事場で生きてたし。それに病気してから薬のせいで耳が敏感になって、お笑い番組やバラエティ番組の雑音が苦手になってしまったこともありまして。
DVDで映画見るだけ。この頃少しだけ見てるんですね。ふもうちたいとか。
ふふふ。トム・ウェイツがかかってびっくりしましたよ。


てことは、三年前とかに、放映されたんだと思うのですが。
調べても坂の上の雲のドラマ化、これが初めてみたいですし。それに記憶にキャストの顔も残っているわけだから、他の番組をみたとは思いにくい。
父が司馬遼太郎大好きリーマンだったので、家に文庫でほとんど揃ってんで、当然「坂の上の雲」もあるんですけど、あんまり好きじゃなくて、なんか父親のゴタク聞いてるみたいで(父には一時期乗り移っていたと思う。世間のサラリーマンお父さんの半分くらいはそうだったんじゃないでしょうかねえ)、とても読む気になれないんで、「坂の上の雲」はもちろんのこと、ほとんど読んでいません。
「故郷忘じ難く候」は好きなんですけど……まあ、あれも、日韓問題を知って打ちひしがれ疲れ果てた日本人への慰撫、みたいな話とも言えるのですけれどね。あーしも勉強してた当時疲れてたから慰められちゃったってことなんですけども。。。


それはともかくとして。
なんだか見ていて気味が悪くなってきてしまったんで、
お尋ねします。
二年以上前に予告編みたいな番組放映、ありましたよね……?
見た見たという方、メールいただければ幸甚です。

気になって仕方がないっす。

CYM01760@nifty.ne.jp
by riprigandpanic | 2009-12-13 18:34 | どうでもいい日常

講演について

さーて長いですよ。

沖縄に行っていたのでした。

直前に体調を崩してしまいまして体内バイタルおよびヘモグロビンが
四割減になったため、急きょ滞在をギリギリに短くしーの、運転を友人におまかせしーの、で、
あーしの漂泊魂は腐ったまま蛆を湧かせて年を越すことになりそうです。ええ、コントロールしにくいことではあったにせよ、自分の責任ですのでいたしかたありません。

しかしどこか外国に行く自分を想像してもあまり楽しくない。特にどこにも行きたくないみたいだ。
要するに海。なぜだかわからんのですが、海辺に行きたい。ただそれだけ。もうここんところずっと海しか行きたいところがない。えべすさまに呼ばれてるのだろうか。
いまだ体調最悪なのですが、原稿があがったら車借りて海に行って浜辺にうずくまって波に攫われて南の島までプラスチックごみと一緒に流されようと思います。そのまえに葉山の小坪漁港前のあの店でシラスのピザを喰いたいんですけどね。



それはそれとして。


アグー豚を考える会
主催でトークをしてまいりました。

会場の津嘉山酒造所はホントに凄く古くて素敵な木造建築物でした。

アグーという沖縄で昔から飼われていた豚をめぐってのやっかいでこじれた問題における会の言い分は、こちらのブログによくまとまっているのでURL貼らせていただきます。http://ameblo.jp/emoyu/entry-10249611418.html



アグーの専門家でもなけりゃ、銘柄豚を喰い尽したわけでもなく、むしろ銘柄豚の味の区別もおぼつかない、大規模農家のみなさまから呆れられながら豚を三匹飼っただけのあーしが、こちらで講演させていただくのを決めたのは、アグーをこの目で見てみたかったことと、世界の屠畜事情を話してくれればというご依頼であったからでありました。


んが、講演をして質疑応答の時間になりましたら、アグーのことを考える会だというから来たのにいきなり世界の屠畜について延々と聞かされて納得いかんという声が一番に上がりました。そりゃあたしじゃなく主催者に言ってくださいと、はっきり言えばよかったのですが、なんとなく申し訳ない気分になって、アグーの名称についてなどのご意見を伺うことになりました。何人かの方からたいへん貴重なご意見を拝聴できました。

で、それについてなにか意見を言わなきゃいけない空気になったんですが、あたしも真剣に考えてみたんですが、別にとくに目新しい解決策も思い浮かばないわけです。あたしは登録商標の専門の弁護士でもないし、銘柄豚について調べているわけでもないし。一般消費者に呼びかける広報活動など、彼らすでにやれることはもうすべてやっているわけですし。

そういうときに何を云えばいいのでしょうかね。
明確に酷い話をタモリのように酷いですねえと言ったり、がんばってくださいなんて空々しいことを言ったところで今真剣にアグー豚を作っているのにアグーと名乗れなくて困っている彼らの何の足しにも慰めにもならないのではないか。と考えちまうあたしは馬鹿なんでしょうかね。馬鹿なんでしょうねえ。馬鹿なんですよ。

懇親会でそういう話を伺えばよかったのですよ。要するに。
酒でも飲みながらなら「そりゃ酷いはなしですねー」とか言えるし。

そこがうまいことできなかった。
それで
なにより申し訳ないことをしてしまったのは、あーしの本を読んで、話を楽しみに聞きにきてくださった方たちが質問する時間をほとんど失ってしまったことでした。本当にごめんなさい。業を煮やして途中で帰られた方が、アンケートにメッセージを残してくださったため、翌日会いに行くことができました。お会いできて本当にうれしかったです。しかしなにも言わずに帰られた方もいらっしゃるのかと思うと、遠いところからいらした方も(沖縄は広いのだ)いらっしゃるのかと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめんなさい。

困ったこと理不尽なことに遭遇している人たちのや明確な主義主張のある方々の集まりに呼んでいただくと、時々似たような問題が起きます。まあだから一回は書いておこうかなと思ったわけなんですが。

理不尽な目に遭っていることを伺うことはやぶさかではありません。伺いましょう。いくらでも。でも講演は別です。あたしは拙著のあとがきでも明記したように、自分が「被害者」の立場になり替わり同調して「こんなひどいことが起きている」というスタンスでモノは言えないし書けません。燃えるような啓蒙欲(?)もないんです。

この先どうなるのかは知らないけれど、よほどのことがない限り、変わらないでしょう。そこを期待して講演に呼んでくださったとしても、あたしにはそんな力はありません。なにもお役に立てません。あしからず。


まあ嫌だ嫌だと逃げ回っても講演を全く受けないでいられるわけでもないので、
せいぜいうまく自分が話せることを話して
会場に来ていただいた方が満足できる場を作れるように頑張りたいと思います。
読者の方にお会いできる貴重な機会でもありますし。
ご依頼いただいたら条件さえ合えばなるべく受けております。

でもこの文章読んで「このババア、馬鹿なんじゃねえの?」と思って
講演依頼を出すのをやめるのが一番ですよ。きっと。
by riprigandpanic | 2009-12-12 21:53 | お知らせ

ようやく

ホントにどうでもいい話なんですが

ようやく最近
落ち着いてきました。

洋服熱。

ここ二三年でコードを変えたようなもんで、
いろいろ迷い、彷徨っていたんですが、

今期はかなりさくっと、
クルーズする店も定まり
欲も落ちた。

ネットで服を漁ることもほとんどなくなってしまいました。

昔の服もほとんど整理しちゃったし。

ああーこの状態がつづくといいんだけどなー。


彷徨ってる途中でお世話になった服屋さんからご案内のはがきをいただくと
たいへん後ろめたい気分になります。

そのときは着たかったんです。いまも着てます。でもこれからはね、ちょっとちがうところに落ち着いちゃったんで、もうご案内いただいても……あーでもまるで興味ないってわけじゃないんですが、ううううう。と。
by riprigandpanic | 2009-12-12 14:01 | どうでもいい日常

イラストを担当させていただきました。

「夜回り先生からのこころの手紙 あおぞらの星3」
水谷修 日本評論社


の表紙と本文イラストを担当させていただきました。

画像がでてきません。すんません。登録されたらのせます。
by riprigandpanic | 2009-12-08 17:55 | お知らせ

鉛色の日々

刊行されてすぐに送ってくださったのに
引っ越し間もない仕事場の本の海の中で遭難してました。
すまん。

『放っておいても明日は来る 就職しないで生きる9つの方法』
高野秀行 本の雑誌社

これ読み始めたら滅法おもしろいんで、
ダメもとですが、本の紹介文書かせていただける媒体ありましたらぜひ。
よろしくお願いします。

あーしの就職活動は今でも思い出すと胃が痛くなるくらいうまくいきませんでした。

バブル末期に大学四年だった世代でございまして、
周りの知り合い友人には内定をガンガンとってる者もいるかと思うと、
企業に就職なんてハナっから考えてないよ、バイトしながら面白いことやるよと言いきる者もいました。
みんなわけもなく強気だったかもしれません。
んが
あーしは一人で実は弱気でした。くやしいから隠していたけれど、みんなすごいなーと思っていた。
たぶん今の学生さんよりも弱気でした。自分が社会適合性がゼロというよりはマイナスであることがうっすらわかりながらも振り切るように、なにかどこか喰わせてくれるところにしがみつこうと必死でした。怯えていました。

あの時のあーしにこの本を読ませたら
平凡を目指す自分には到底マネできないと、はねつけたであろうことは確かでしょうが
(意外におもわれるかもしれませんがそうなんです)、
それでも読んでいる間だけでも、しばし痛い現実を忘れて
ああ、こんないいかげんでも生きていけるのかなあと、楽になれたし
あわててなにかにしがみつくような馬鹿もやらなかったかもとも思うのでした。


しかも。しがみつくように就職した先が、単にひどいところでってんなら、まだよくあるお話なんでしょうけれど、酷いとかそういうのを飛び越してもはやホラー?ていうところでした。

特殊だったなあ。
世間から隔絶した精神の奴隷船みたいなところだった。手取り十二万円ボーナスなし。しかしなにより今の言葉でいえばパワーハラスメントみたいなのがすさまじかった。詳しくは書けないけど雇用主が病気だったこともあり、記憶障害がでていて自分の出した命令自体を覚えていられなかった。で、意向をくるくる変えるんだけど元からそうだったのだと記憶のすり替えが起きる。で、違う違うなにやってんのとヒステリーを起してどなりちらされる毎日。シュールだったなあ。普通の会社なら首のすげ替えがおこなわれるところでしょうけど、家族経営なもんで。
最悪のスカを引いたと思います。人間あわてるといいことありません。

あまりにも過酷な圧政に打ちひしがれたある日従業員四人、あーしをのぞいてみんな五十代だったはず。ある日ひっそり仕事のあとに居酒屋であつまった。それでももう自分はもう歳だしほかに雇ってもらえる会社がないんだと、悄然としたおじさんが涙を浮かべてケセラセラを口ずさんで、もう一人の女性もしんみりと唱和したときのことは、忘れようにも忘れられない。鳥肌が立った。大の大人の男性が泣くところを見たことがなかったから。バブル真っ盛りの時代だったんですが。

丸腰で蜂の巣に撃たれてから何を武装しなけりゃいけないのかに気づかされたようなもんでした。

それでも半年でこの団体からなんとか抜け出せたわけですが、あーしの口の中に邪鬼が棲むようになったのは、それ以来のことであります。指先に棲んでキーボードを殴るようになったのは、癌になってからだけど(笑)。

学生の時はもっとふわふわぼんやりしてましたよ。いやマジで。


というわけでだれか紹介書かせてください。

杉江さん、高野さん!
遅ればせながらポップも書くね!!
しゅーかつ学生にがつんときそうなのを。
で、増刷決めて酒奢ってくれ☆

放っておいても明日は来る― 就職しないで生きる9つの方法

高野 秀行 / 本の雑誌社


by riprigandpanic | 2009-12-08 01:22 | ほんっ

倉庫代わりに

倉庫代わりなので日時をずらしてあります。すいません。

ツイッターやってるんですが、ときどきつぶやくのが面倒になるんです。で、
夜中に妄想を書いてみたら結構面白くなってしまったんですが、一応続き物になってて、
これから書き続けるのに過去のつぶやきを読む必要があり、
ログを作るのが面倒なのでここにつっこむことにしました。


地方大三回生の就職活動女子(知らない人)にうちに泊まってもらう。夜に「あの、アイロンって貸してもらえますか」とか言われたりする。夜遅くまで隣の部屋でアイロンかけたりiPhoneいじったり資料読んだりしてる気配を嗅ぎながら仕事するあーし。……うう変な願望 11.27


宿がわりに使ったもらうだけなので、ご飯は勝手にやってもらう。なんか冷蔵庫にしらないもんが入ってたりする。あたしが寝てる間にそーっとシャワー浴びて支度してでていったりする。でも最後の夜くらいはなんかごちそうするよーと、向かいの居酒屋に予約を入れる。


居酒屋Sで、活動状況を聞く。黒髪を一つに束ねた地味な娘が地味に淡々と悲惨な今の就職活動状況を抑揚なくしゃべる姿を眺めながらビールを飲む。むうう。なにか役に立つアドバイスをあげたい!と心から思うのだが、なにひとつ浮かばない。もっと変な娘だったら起業しちまえと言えるのに。



しかしなぜこんなにビールが美味いのだ。と、奇妙なうしろめたさを感じる自分。コンビニに寄って缶ビールを四本とあられを買って帰り、ちょっと遠慮がちにいらない服あるんだけど、いる?って聞いたら、ちょっと首を傾げてあ、見せてくださいと微笑。部屋に戻って、飲みながら


最近通販で買って気に入らなくてそのままにしてたカットソーなどを引っ張りだして見せる。まだタグついてますけど、ホントにいいんですか、と彼女。うん。あ、無理しなくていいんだよ。着るんなら持ってってよ。普段どこで服買ったりするの。シマムラかユニクロですねー。そうなんだ。

着てみなくていいの? あ、はい。大丈夫です。着ます。ありがとうございます。カットソーをたたんでちいさく丸めてバッグに入れる。そんな仕草ひとつを見ても、申し訳ないが、普通だ。優雅とか不器用とか几帳面とか、指が綺麗とか、見る者に残す印象が、きわめて少ない。少なすぎる

彼女のこの特徴のなさを活かした職業はないだろうかと考える。誰に見られても印象に残らないんなら、暗殺業とかどうだろう。名案かと思ったけど、本人には言えない。もちろんそういう組織は新卒を募集していないし。なにより特徴がないという特徴があるねと彼女に言うこと自体が憚られる。
by riprigandpanic | 2009-12-06 15:47 | 妄想の粒焼き

始動につき、募集!!

このごろ料理業界の方々と仲良くさせていただいてます。
とてもおもしろいです。
みなさん「あの人は狂ってる」って言い合ってますけど、
くるっくるがくるっくるを呼び寄せて、もうチリチリになってますね。
ウマけりゃヒトも喰いかねないくらいの気概をお持ちな方々です。
いーなー、料理人。

さて
日程の読めない取材がありますよ。今月は。
アポはあっても捕獲できなきゃしょうがない。

猪っす。



無事に獲れるように祈っててください。ふっふー。
猪のブーダンノワール……。うひひ。


それであの、新年号から、角川書店の月刊誌
「野性時代」で

「もう一周! 世界屠畜紀行」
連載はじめるんです。



も、一回は入れました。ううううううううううううううううううううう。

はじめは去年の今頃に行ってたモロッコ、犠牲祭でございます。
なつかしーな。もう一年ですよ。はええええ。
c0190053_24295.jpg


二周目なんてだれも読みゃしねえよという声が聞こえてますが、
てか、そんなに沢山の国を回れる訳でもないんですが、

どーーーーーーーーしてもやり残してることがあり、それを書かないと
おさまらないんですわ。あーしの中のちいさな竹中労やドン・ベサリウスやトミ・ウンゲラーたちが、
見苦しく暴れておりまして。

なんだかんだと取材だけ終わってるものがそこそこたまってるってのもあるんですよ。



いまだアテすらついてないのに
宣言するのはアレかもしれませんが、

どうしても
ユダヤの肉、コーシェルミートの屠畜

中華人民共和国の屠畜

南米大陸、アルゼンチンあたりの牛の大規模屠畜場

をみたいのれす。


現地の食肉産業にコネやツテのある方、
ボランティア(飯は御馳走します。猪か鴨でどうだ!!)
でスペイン語、中国語でのネット検索とメールやりとりをやってもいいという方
(語学力はもちろんのこと、大学院生レベル以上の検索力がある方)、


メールお待ちしております。
よろしくお願いします!!
CYM01760@nifty.ne.jp

内澤旬子

あの、ついでに三匹の豚の顛末は、
岩波書店の月刊誌「世界」での連載で読めます。
「飼い喰い」
もどーかどーかよろしくお願いします。。。。
by riprigandpanic | 2009-12-03 21:31 | お知らせ

うえの

これもご報告遅れましてすみません。

タウン誌うえの

12月号にて

三匹の豚の顛末を書きました。

あ、くわしくはもちろん月刊「世界」で書いてますけれど、まだ出産なのですよ……。

心情メモのようなものです。

なんかやっぱり三匹の絵は我ながらかわいく描けたと思うのです。
豚画家になろうかなあ。

えーと、上野のいろんな場所で配っている冊子です。
私はがさがさしていたかとおもうと公園や美術館やオペラホールがある上野が好きで、
この冊子がとても好きなのです。
どういうわけか昔一度取材などでお会いしたことある著者の方などが書いてらしてて、ふわーあお変わりなくーとか、勝手に読みながら思ったりしています。


編集部の真辺さんにはいつもいつもお世話になっております。三匹生前に逢いにきてくださいましたし。ホントにありがとうございました。


あ、10月号にはチベットの展覧会に合わせて、ヒマラヤの山ん中で亡命チベット人と会った話を書かせていただきました。ご報告おくれてすんません。

またよろしくお願いします。

あの、でも、上野界隈のバーで「読んだよ」って言われっと、はずかしいっす。
by riprigandpanic | 2009-12-02 23:12 | お知らせ

沖縄でトークします

告知遅れてすみません。

沖縄のアグー豚農家さんに呼んでいただきました。


トークします。
12月6日午後四時 
津嘉山酒造所(名護市大中1-14-6/0980-52-2070)にて
会費1000円
要予約

問い合わせ先
アグーを考える会
山本 090-7475-5266


講演のあとに交流会なるものもあるそうです。参加費500円。です。



先日の東京自由大学での講演では
屠畜場の話を半分くらいと、それから豚を飼って食べるまでの話をしました。
私はひねくれ者の上に話が下手なんで、なかなかうまいこと通じないんですが(だったらやめろよという意見もあるでしょう。その通りだと思ってます。毎回依頼が来たらまずどうやって断ろうかと考えます。今回はアグー豚を実際に見せてもらえる、取材させてくださる。というのが受けようと思った決め手☆でした。ふふふ)、
で、東京自由大学では鎌田先生が質疑応答の時にリードしてくださったことと、質疑応答の時間自体を一時間もとって下さいました。これは本当にありがたかったです。なんとか私がくるっくるな人ではない、ということはわかっていただけた(たぶん)ようで、本当に良かったと、胸を撫で下ろしながら帰りました。聴きにきて下さったみなさま、本当に本当にありがとうございました。みなさんのご意見もとても大変参考になりました。
「僕は自分の身体をだれかに食べてもらいたいと思ってる」とにこにこしながらのたまう鎌田先生を見て、ああー、なんかやっぱりこの方から受けた影響はいまだに横隔膜アタリにずしりと残っているなあと、思いました。

チバで関係者にいろいろドン引きされたこともあり、自分が豚をかわいがって食べたことを話すのが、実は全然伝わらず受け入れらないのではと恐れているのですが、鎌田先生から「ぜったい大丈夫」と力強く言われてずいぶん楽になりました。鎌田先生、本当にありがとうございました。

しかし今回は沖縄ですから。かわいがって食べる、あったりまえーの土地ですから。
豚に名前??そんなのなんくるないさーって言ってくれるんじゃないかなーって勝手に気楽に考えてます。
だめかなあ……。

ああーそして車の運転がちょーーーーーー楽しみっす。
海、行っちゃうよ、海。うっひょーーーーーーー。
しばしさらば、東京沙漠よ。
くはーーーーーー。


あ、そのまえに原稿入れなきゃ。
by riprigandpanic | 2009-12-01 22:46 | お知らせ