<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

リレー読書日記

週刊現代リレー読書日記

来週月曜日の回で、最終回となります。

楽しかったです。さみしいですね。

またがったり新刊書店に行かなくなりそうです。
いやいやせっかく新刊書店に行く癖がついたんだから、ね。いかんいかん。アマゾンばかり頼っていては拾いものに出会えませんから。

しかし最後は最後なのでもう絶対自分が紹介しなかったら誰が紹介するんだい!
という著者にとってはかなーりはた迷惑な意気込みを持てる本にいたしました。

清野とおる『東京都北区赤羽』
佐川光晴『牛を屠る』

です。「差別語」満載です。いえいえそんなことないです。真面目に書きました。

ああ、なんか豚たちがドスンパタン、ギ、ギウウウウウって啼いてるのでこの辺で。喧嘩か??またどうせ夢が他の豚の上に乗ってんのかな。ホントに傍若無豚、傍若無人、な豚です。他の二頭はおっとなしいのに!!
っとにもう。今くらいの大きさならバビグリンにはできるわねえ。。。。。
by riprigandpanic | 2009-07-09 20:07 | お知らせ

今日は

満月です。

あと一時間ででてきます。


満々満月時は、六時半ごろなんで、でばなが一番丸いってことになります。あとは少しずつ痩せゆくと。


今宵は
梯子があるので屋根の上から見ようかとおもったり。しかしこの梯子、おさえる人がいないとちょっと怖いんだよなー。



昨晩も綺麗な月がでて明るかったんで、夜更かし三匹に向かってほらほら月だよと云ってみたんですが、
ふんふんふんふんふんふんふんふんふん
とあーしが何か食べ物を持ってるんじゃないか、持ってたらだしおしみしないでおくれよ、
と言わんばかりに鼻ならすだけでした。

子どもだからな。

十三歳を超えたころから飼っていた犬、オグはなんだか哲学的な風貌になり、秋の抜けた空を見上げる横顔なんかはもう、話しかけるのもはばかられるような、深遠な目つきをしていたものです。
通りに向かって椅子を出して腰掛けて通りを行く人を日がな眺めている老人の様な眼。


五歳ぐらいの種オスになると、豚も相当面白いらしいですが、本当に巨大で、手に負えません。よほどしっかり飼わないと、嘗められたらもう終わりだろうなあ。


四月に更地だったとなりの畑は、四月半ばになにやら植えていて、すくすくそだち、
一昨日とうもろこし収穫でした。おすそわけをいただきました。立派なトウモロコシです。今日収穫した後の木を倒してどこかに運んでゆきました。これでまた更地にもどりました。植えてから三回か四回くらいしか作業はなかったと記憶しています。そういうものなんだー。もちろんいろんな場所にある端家を順繰りにまわっているのかもしれませんが。
隣で見ていておもしろかったです。

そしてさきほど公社のNさんたちがまたまたトウモロコシをもっていらっしゃいました。食肉公社から出る汚泥で、そだてたトウモロコシなんだって。お隣の畑のとくらべて小ぶりですが、こっちもおいしいです。生で食べてもうまい。

豚にやってもいいっていうから、やってみたところ、大喜びで、しゃくしゃく喰ってました。柵についた粒まで舐めてとっていたから、よっぽど好きなんだな。おなじ甘みのようでいて、バナナは伸しか喰わなかったのに。トウモロコシはもちろんはじめは伸だけ食べてたけど、おっかなびっくり食べてみて美味いとわかったのか夢も秀もおいしそうに食べていました。

ごちそうさまです。
by riprigandpanic | 2009-07-07 18:23 | エエ市だより

凶暴化の一途をたどる

夢明。

c0190053_0171967.jpg


かわいく映ってますが、はんぱなく凶暴になってきています。
噛めば痛いし、はたけば暴れるし、背中に乗ってくるし、伸や秀を押しのけるし。
伸があーしに甘えてくると突撃して伸を押しのけてあーしの服をぐじゃぐしゃに噛みます。
キャベツをやれば、伸が泣き叫ぶくらい鼻で伸をはたいて自分だけ貰おうと画策します。

ええまあ正直に言って、

はやくだしたくなってます。こいつを。出荷したいってことです。
こないだ豚の卸業者さんと飲んでて鬼って言われました。ほほほほほほ。

といいつつも
プロレスごっこしてんですけどね。この荒い気性は昔飼っていた黒柴犬のオグを思い出します。よくオグともごっこともつかない殴り合い噛みあいの喧嘩をしてました。動物になった気分でじゃれあってるとなんかこうすごい楽しいんですよね。人間降りたいんだなあ自分と思う瞬間ですわ。


もうだんだん豚のうんことかついたら洗えばいいやくらいの感覚になってきてますので都会に戻れるのか不安です。

ビデオを買いました。とうとう親ばかが高じましたよ。今日来たモクローに撮ってもらって伸とじゃれてる自分を見たら、こりゃあかなり奇異だなと思いました。人に見せるときは気をつけよう。でもおもしろいから夢との格闘も撮ってもらうつもり。もちろん非公開。だれも見たがんないだろうし。
by riprigandpanic | 2009-07-06 00:21 | エエ市だより

巨大化著しい

秀。

三頭のうち一番足が太くてうまそう。肩幅もひろいです。顎回りもついてきたよなあ、肉。
飼料大好き。ジャガイモキャベツまでは食うが、バナナなどの甘いものは食いません。
一番寡黙にして図太いようでいて案外偏食な女です。まあ飼料は人一倍喰ってるか。

最近凶暴化する夢に押され気味。

水浴びが誰よりも好き。
床を水であらっていると、滝打たせのように、あーしに背を向け腰あたりに水がかかるように座る。こんなかんじの座り方です。邪魔です。

あーしはお背中を流しているさんしたの気分になります。
c0190053_23583673.jpg

by riprigandpanic | 2009-07-04 23:55 | エエ市だより

おすまし

超かわいく撮れた伸二。

c0190053_15241647.jpg


上目づかいなところとかいじめられっこな感じがよくでてますわ。

はは、親ばかですわ。すんませんこんなことやってる場合じゃないんですけど。

豚の足ってハイヒール履いてるみたいで好き。
by riprigandpanic | 2009-07-02 15:18 | エエ市だより

蹴飛ばすものなんにもありゃしないのにね

春くらいから新しく始めている連載についてきちんと宣伝しようしようと思いながら
なかなかできず、いまさらですが。

朝日新聞出版 『一冊の本』で
身体のいいなりという連載をしています。

乳癌での闘病経験について書きませんかというお誘いをいくつかいただいていて、それはまあ無理だなと思ってお断りしていました。うまく言えないのですが、あーしはとにかく虚弱で常になにかしら体調不良をおこしているような人間ですので、癌だけにスポットを当てる気にどうしてもならなかったのでした。癌だからということで書けるなにかがあるとも思えず。原稿にも書きましたが精神的にはアトピー性皮膚炎に悩まされていた時の方がずっと辛かったりしまして。
というところに朝日新聞出版の小柳さんから、もっと広く中年に至るまでの女子の身体まわりについて書きませんかと言われて、ならばできるかもと、納得した次第です。

今のところは不健康自慢とばかりに虚弱な体と病歴について綿々と綴ってますが、癌をターニングポイントにしてどういうわけか憑き物が落ちたように元気になっていく(癌が完治したというのとはちょっと違うとおもうんですがね)様子を書いていきます。我ながら奇妙な話だと思うんでぜひお読みくださいませ。

そうそう、さっそく原稿で間違いがあります。すいません。以前にうけた施術を総体と書いたんですが、操体でした。すいません、施術してくださっていたHさん!!!それも書いてることお知らせもしないままで……。

それから
朝日コムというウェブサイトで観月のたしなみという連載もしてます。
http://www.asahi.com/travel/moon/TKY200906230184.html

これはですね、去年からいきなり満月を追いかけはじめてんですけど、その観察記録のようなものです。

天文音痴なので、天文の仕組みはいまだにわかりません。わからないままですが、月を観るのに必要な情報のとり方だけは会得したつもりなんで、まあそのあたりを役に立つかどうかわかりませんが書いてます。
結局のところこの連載は、自分の中では「身体のいいなり」と対をなしています。使いものにならない身体を抱えて貧困にあえいで砂でも舐めて生きていくのかと覚悟していたら、なぜか元気になってしまい、テレビにでて、仕事もたくさんいただけてしまい、気持ちがついて行かなくなってしまい、去年プチ鬱状態になって飲んだくれになったわけです。忙しくて外国をふらふらするわけにもいかなかったんで、お酒飲みながら月を観るようになったのでありました。はい。文章に書くつもりで月を見ていたわけではないので、記録をきちんととっているわけでもなかったんです。ですので科学エッセイにはなりえない、ぼやんぼやんな文章です。

月を観たいけどどうしていいかわからない、という天文音痴な方には少しは役に立つと思いますはい。

それで三回に一回ですが、月の水彩画を入れてます。これはなんだかとても描いていて気持ちいいのですが、ご覧になる方にうまく伝わっているのかどうかはわかりません。月をじーっと見ている時の気持ちのまま、見えたように描いてます。

タダですからどうぞ覗いてみてくださいませ。

それから今週出る号から
週刊金曜日疑問モンモンというコーナーでイラストを描きます。
いろんな書き手の方が日ごろ疑問に思っていることを書いて、それにイラストを添えさせていただくと。
いまだ試行錯誤中ですが、どうぞご覧ください。表紙裏です。
古書ほうろうに週刊金曜日ありますので(いまもありますよね?)不忍ブックストリート居住の方々はぜひお手にとってお買い求めくださいまし……。




去年の六月は乳房再建手術のために入院していたのでした。病院からイラストを送ってたなあ。五年くらい前のことのようだ。フリッパーズギターのビッグ・バッド・ビンゴを繰り返し繰り返し聴いて八王子の高層団地を眺めていたのでした。いやー流行った当時は大嫌いだったんだけどなあ。あの空疎な感じに去年はハマっていたのでした。

月を見たかったのだが出なかったような。向きが合わなかったんだっけ?
by riprigandpanic | 2009-07-01 00:28 | 連載中