<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

たんこぶよりはマシ

過日

若いお友達と
すっげえ美味い豚しゃぶをすすりながら

結構へべれけになって
めずらしくいろいろ長話をした。
ここ一カ月くらいホントに
ず、えんぜん、一人飲みすらできない状況だったんで
まあたまにはいいでしょ。たまには。(と自分に言い聞かせる)




さきほど携帯のアドレスを繰っていたら、
「占い」って書いてエエ市局番の電話番号が入ってる。
なんじゃこりゃ。





エエ市にいますよーよく当たる占い師さんが。
とかなんとかいう話を聞いたような気もしたんだけど、
夢かと思ってた。



あたしは占いとか宝くじとか全く信用しないで生きてきたんですが。
あの人は当たるとかそういうの話す人を横目で嗤ってみてたはずだったんですが。

豚を殺した後の自分がまったく想像予想できなくて、あたま真っ白になるしー
とか
ひと回りも下のお嬢さんに言ったんですかね。言ったんですね(汗)。
よく覚えてないんですけど。

いやでももういっそ占いの人に聞いてみたくなってんですよ、最近。ホントに。







今、電話してしまいました。

















































十回鳴らしてもでてくれませんでした。。。。。。。。。




これって占いに頼るなってことなんですかね?




高校生の時に片恋してた男子に電話入れた時以来、てくらい緊張して手が震えたんですけど。
次に電話しようと思う日はいつだ??
by riprigandpanic | 2009-07-22 15:11 | エエ市だより

あけっぱなしで

三人態勢で

作業していたので玄関明けっぱなしにしていたら

黒に細いストライプの入ったトカゲが室内に入ってきた。

どこかで達者に暮らせ。


小屋の敷物のおがくずが減ってきたし、夏場の発酵熱を考えて、もみ殻をNさんから分けていただく。そこそここまかくつぶされているから触っても痛くないし、なんだかとてもいい感じだー。
まふまふともみ殻を食べる三匹。ちょっと興奮気味

んー。食べられる絨毯って感じか。キミたちはまるでヘンゼルとグレーテルじゃないか。
Hさんの「これなら撮影にも使えますよ。ウェルフェア的にもオッケー?」ちゅうセリフが、
業界っぽくてしみじみ。
そそ、なんかいまうちの小屋は明るくすてきな感じに生まれ変わりましたよ。

重いものを持ちすぎて右手親指がバカになってる。なんていうたらNさんに笑われそうですが。今日は珍しくサポートにまわって楽させていただいたのに。
Nさん、Hさん、本当にありがとうございました。助かりましたーーー。
by riprigandpanic | 2009-07-19 20:15 | エエ市だより

どこか

遠くに行きたい。
いうまでもなくひとりで。

あんまり面倒くさくないところ。

適当に暑いところ。適当に涼しいところ。適当に人が構ってくれるところ。適当に安いところ。
もう考える気力がないんですよ。豚の世話以外はずーっと原稿書いてて。遅いからですかね。

いや、面倒くさくてもいいや。ネットがないところがいいなあ。海は必携ですわ。

痒い虫はなるべく少ない方がいいなあ。

インドネシアの小さい島か。
ニュージーランド近辺の島とか。マルティニークは高いのかな。
プエルトリコとかどうかな。
ゆるーくてきびしげな宗教とかないところ。

白分のあいだまるまる滞在して、月を見て暮らしたい。まあふけまちの月も見たいから20日くらいはほしいな。取材もなく。
締め切りももちろんなしで。


顔じゅう蚊にさされて腐ってます。首も刺されてでこぼこだ。ハエもいますしクモもいます。ゴキブリも毛虫もいます。痒くなけりゃ何してもいいんですけどね。べつに。豚が見るだけなんだしー。


天文関係(遠いけど)の連載していながら、
皆既日食に全然興味がわきまへん。恐縮です。月食ならみたいんだけどなあ。


これまで秀だけは咳をしなかったのに、咳して鼻水たらしてる。外で寝て冷えたんだなあ。
夢の咳は治った。伸の咳は相変わらずだが鼻はたらしてない。
by riprigandpanic | 2009-07-18 21:26 | どうでもいい日常

休暇

ある女子の休暇話を聞いて、ひどくそそられる。

人の休暇なんておもろく聞いたことなんてないのだが。

場所がパリのウブドゥのコテージ。
女子二人。朝ヨガのあと、ダラダラ時間かけて朝ごはん。エステ。

そうなのよー、もう取材しっぱなしーの走りっぱなしーの海外滞在ばっかなんで、コテージからでないでだらだらっちゅうのやりたいよー。

しかも、しかもなのである
この女子二人、トランクに目一杯漫画詰め込んで行って、読みっぱを敢行したんですって。

ああー羨ましいかもー。死ぬほど羨ましいかもー。

腐ってますよ。ええ、腐ってます。
いいんですよ、腐ってようが何だろうが、いまのあーしはこれがしたい!!!


もうさあ、名作といわれる漫画の長いやつを何本も読んでないまま幾星霜ぐあー。
せめてNANAを読みたい。ネームがみっちりになったあたりから立ち読みがきつくなって離れてしまった。いつのまにか蓮が死んでてびっくりってくらいですから。


でもねー一応週刊現代のリレー読書日記が終わって、新刊から離れ、少ない時間をようやく古本に向けられそうなので、

今日は
大泉黒石の全集
が届くんですわ

ほほほほほほほほほ。

あー脳が腐るまで漫画読みたいのだが。
by riprigandpanic | 2009-07-18 13:48 | どうでもいい日常

夢が

怪しい。

こうして原稿を書いたり合間にブログを書いたりしてますと、

ギョ、ギョオオオオオオオ

とか

ヴギィィィィィィィィィィィィィ

とかいう悲鳴が聞こえるんですよ。この時間帯。

あわてて、風呂場の窓に駆けつけてガラリと窓をあけて、
「ちょっと、なにしてんのよ」
と声をかけますと、

三匹揃って「ゴッ」と一声。

しかし伸と秀は伏せ状態で並び、夢だけが仁王立ち。

「夢、あんたまたみんなをいじめてんじゃないでしょうね?」
夢と目を合わせて聞く。
「ゴッ」と一声夢が返事。夢はちゃんと窓の下まで来るんですよ。で、あたしを見るんです。かわいいともいえるのですが。

でまたしばらくすると、ギョオオオオオオオ。ドスン、パタン。ガツっ、ゴンゴン、ガスガス。
今度はそうっと近づいてみたら、やっぱり夢が鼻で寝そべってる伸をわざわざどかしてた。
意味もなく。なんでそういうことするかな。

ちなみに壁が、二方向とも崩壊しつつあります。ばきばきとデザートのように食ってます。
どうしたらいいんでしょうか。泣きたい。

しかしなぜ夢が噛むのだけ痛いのだろうか、あいつだけ本気で噛んでる、けしからん、と思っていたんだが、獣医のHさんと全員の口腔を開けて歯をてんけんしてみたら、夢だけ切り残しの犬歯があった。これだ!!犬なみのが生えてる。痛いわけだよ。
by riprigandpanic | 2009-07-17 23:16 | エエ市だより

逢いたくなかったわけではないのですよ、もちろん。

びっくり

都内某所(出版社ではないです。ちなみに)に行って、待ち合わせのために座ったベンチのとなりにリュックが投げ出してあった。無防備な人がいるものだとおもっていたら、持ち主が戻ってきた。小説家の佐川光晴さんだった。
う、うわああああ、な、な、なんでここにいるんすかーっ!!!
びっくりしたなあー。

微妙に気まずい。
なぜかというと、先日『牛を屠る』を送っていただいた際に、一度お会いしてこの本についてじっくり話をしたいという手書きのお手紙までいただいていたのであるが、上京するのがとにかく難しくて、たいてい用事と買い物して千葉に日帰りしてるような感じで、ゆっくりおちついて(この場合ドスのきいた肝を入れて)話をできるゆとりがないんです、今は。本当にすいません。ちゅうメールを打ったばかりだったのであった。本はもちろん大変素晴らしかったので、週刊現代にて書評を書かせていただいたのですが。それと膝つき合わせて話をするしないはもちろん別のことで。

「おれ、ウチザワさんに手紙書いちゃったよ。今頃届いてると思う」
困り果てたように伏し目がちに呟く佐川さん。
大の男(佐川さんはクマの様な外見なのだ)に節目がちにモノを言われ
視線を天井にさまよわせるあーし。

うわああああああ。どーせいっちゅうんじゃ。きぃーまーずーううううう。

いやーこういう偶然てのがあるものなのだなあ。あたしゃいま月に一回東京に出るのもむずかしくなってるちゅうのに。しかも小説家の知り合いなんてすっげえ少ないのに。

お互いの仕事のあとに再合流してお茶を飲んだんですが、結局本の話はしなかったのであった。しにくかったんだもん。たぶん佐川さんもそうだったんだと思うことにしますわ。
帰宅したら本当に手紙が届いていた。
はははははははははははははは。

もういっそ往復書簡でやりませんか、佐川さん。
屠殺vs屠畜

超マニアックな企画だね。
それか酒でも入れて勢いで大げんかでもしますか?

あたしは頭の回転が悪くて舌戦にはとんと弱いんで(本当です)、
書簡でモノを言い合う方が向いてるかもしれないなあ。
by riprigandpanic | 2009-07-16 23:54 | どうでもいい日常

やられた

夕方四時から六時あたり

一番豚が活発になります。なぜなのかは不明。がしがし走ります。で、この時間帯に中に入って、うんこを掃除していたら、夢が久しぶりにのってきましたよ。背中に。

もう、だめです。重くて手を付きました。危険ですので、この時間帯に入らないようにするか、しゃがむのはやめようと思います。

といいつつ、おがこの小屋に座ってみました。ちょっと久しぶりだったんですわ。

そしたらなんだかみんな見事にでかくなってて、目線が高くなってた。秀が膝に手をかけてきて、やばかったので早々に立ち上がりました。




某国の王子に謁見してまいりました。

王子にたずねられるまま、豚の話なぞをしたのでございます。

王子「ならば味に影響するのはさいごの肥育期間なんだね」
私 「そうです。主に脂肪の味みたいですね」
王子「ところで君の家のトイレは水洗かい?」
私「お、王子、そ、それは無理です、無理!! わたくし、十年前にネパールで食わせる体験はしております。やつらは本当によろこんで喰います。気が変になるくらい喜びます。しかし今回は、肉を人に食べていただくのです。どん引きされますってば!! 出来上がった肉は、王子の宮殿にもお送りするのですよ!!」
王子「俺は平気だよ。ホリプロ豚とか、売れるんじゃないかなー」


王子……まじで肉、お送りしますからね!!
by riprigandpanic | 2009-07-13 00:32 | エエ市だより

孤独と弧絶と

モノを書いたり描いたりするひとには、独りでいる時間と空間が必要であり、そういう孤独をsolitudeというんだそうで。さみしい孤独はおそらくlonelyなのかな、aloneなのかな、こっちを抱えていると、いろいろ心に不具合を生じるんだという話を伺いました。

しかしその兼ね合いはなかなか難しいです。自分でもよくわからない。一人旅をしているとき、夕ごはんだけ誰かと一緒に食べたくなるんですよね。それも毎晩だれかと一緒に食べたいときもあれば、まるっきりずっと一人でも一向に構わないという旅もありまして。それと似たような感じか。

いつのまにか締め切りが立て込んでまして、いつおさまるのか見当がつきません。
お尻が痛くなるまで延々と一人でパソコン打ったり絵を描いたりしてますが、なんといいますやらええとまあいろいろ行き詰るとつい豚のところに行って話しかけてしまったりします。またこれが何回か書いたように、かわいい反応を返してくれます。

お、てことはうちの豚はアニマルセラピーもやってんのか。すげえな、なんでもできるじゃん、豚だって。イルカやクジラより役に立つのでは??
by riprigandpanic | 2009-07-11 00:07 | エエ市だより

めずらしく

あまえてきた秀。

夢よりも動作が鈍いので撮りやすい。

c0190053_16253144.jpg








しかし秀の顔はユーモラス。

c0190053_16255119.jpg

by riprigandpanic | 2009-07-10 16:25 | エエ市だより

とうもろこし

とうもろこしが大好きで

c0190053_1631489.jpg













阿鼻叫喚て感じになります。

c0190053_16175055.jpg


夢ばかりくわえているのに注目。
いっそのこといも豚とかもち豚とかあるし、コーン豚とか作ったらどうかと思ったら
フツーの飼料にトウモロコシが入ってるんでした。苦笑。
by riprigandpanic | 2009-07-10 16:08 | エエ市だより