<   2009年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

それぞれの愛情表現なのか

伸の餌の食いが悪いので洗面器に餌をいれて口元に持って行ってみる。すぐに夢がにょろりと入ってきて喰い始める。伸は洗面器を噛むだけ。夢が鼻で伸を追い出す。喰わしてやれよ。秀は無関心。寄ってこないんだよな。

夢をつまみだして、伸に食わせようとするが、なかなか。

夢が背後で煮詰まったのか、ひとの脇の下と胸をつんつんしだした。のあっ。LWDの鼻は一番長くてちょっと気持ちいいんだなこれが。思わず嬌声をあげるものの、そこは豚。こちらの反応に反応はしない。犬とかだとすこし反応するよなあ。しかしすこしずつ噛む場所がね、その、だんだんバラエティーに富んできましたよ。

そしてなぜか秀が反応。またもや背中に乗ってくる。それから腿にも乗ってきた。背後からね。これ、愛情表現なのか??それでも洗面器にまではこない。ま、おまえは心配しなくてもよく食ってるし、身の詰まりもよさそうだから、勝手にしてくれ。

とりあえずなにか意思表示したかったもよう。


そこいくと伸は違う。ひと月年上だからなのか、それとも種の問題なのか、個性の問題なのか、わからないけれど、もう愛玩動物波になついたぞ。あーしはただあんたに太ってほしいだけなのに。
耳の後ろを掻くところりと腹をだして横になる。気持ち良さそうにこっちをうるうる見上げる。うーん予想外の反応だなあ。あまりかわいがるとやばいかなとちらり思ったり。いやいや思い切りかわいがって喰わねば意味がないとも思ったり。
ちなみに腹をだして寝そべる伸のちんこを夢が鼻でぐりぐりいじくっている。こないだも寝ながら伸のちんこに鼻をうずめていた夢。伸は無反応。よくわからん。
by riprigandpanic | 2009-05-30 21:07 | エエ市だより

ええええと

某週刊誌の方はるばるおみえになる。
えええええと、週刊連載をする かも です。 
………できんのかなああああああああ(だんだん低音)


食肉公社HさんNさん様子を見に来訪。
小屋の今後についてすてきなアイデアをくださり、随分気が楽になる。

夢は一日穴掘りして床をふかふかにしていた。マイペースな活動家ですね。夢もずいぶん慣れてきたな。鼻をつけてくる。ふかふかになったら寝床の優位がずいぶんゆるくなった。やはり雨もりで湿っていたのか。

伸の咳、ちょっと気になる。あいかわらず一番おっとりしてて慣れていて脇腹を掻くのにわらくしに摺りつけたりする。か、かわいい。で、相変わらず神経質。窓をあけてまず起きるのは伸。夢は死体のように爆睡しているのに。
c0190053_12374399.jpg


秀、また背中に乗ってきやがった。癖になったようだ。やめて。そしてちっとも正面に寄ってこない。脇腹掻くのも餌箱にすりすりしてる。いいけどさ。秀は一番餌の食いがよく、いつも顔じゅう餌だらけになってる。Nさんに払ってもらってた。秀、ドアについてたナメクジを二匹とも食っていた。動き早いし寄ってこないので写真とれねえよ。

ナメクジを喰う君をいつか喰わむと蠅払う
by riprigandpanic | 2009-05-29 21:20 | エエ市だより

訂正

やっぱり秀がボスかも。
いやでも一番奥のいいふかふかの場所で寝てんのは夢だな。そして云わずもがなですがトイレの近くで寝てんのが伸。哀れな。

ホームセンターでつなぎを買いました980円。その下に履いてるのはgreenのお高めなデニムだったりしてなんだかまあいいんですけどそんなもんです。

なぜつなぎかというと、しゃがんでると背後にまわってシャツを引っ張りだすからです。袖もズボンも引っ張り出します。

雨がどんどん洩りますので必死に雨洩り対策を講じている中、秀が背中に乗りかかってきた。メスだからマウンティングというわけではないのだろうが。これ百キロになってからやられたら死ぬなあたし。
とりあえず雨はブルーシートでなんとかなりそうだ。

獣医のHさんが来る。いろいろ教えていただく。そしてすでに三日目にして育児ノイローゼのようになってるあーしをはげましてくださる。やさしいひとだー。美人なのよー。

雨の中での作業で風邪ひきそうだー。頭痛いよう。
c0190053_2025756.jpg

by riprigandpanic | 2009-05-28 19:44 | エエ市だより

三匹到着

来てます。
c0190053_14155433.jpg


白いのが夢 LWD  小さくてかわいらしいのですが、まさかのボスに就任。前にのめってるのででかくみえるけど、実は小さい。

真ん中の褐色のが秀 デュロック メスのくせに特攻隊長なのだが夢には鼻先一つであしらわれる。

ピンクのが伸 中ヨーク  二回りもでかくしてから合流させたにもかかわらず、下っ端に。


来た時はふてぶてしていたように見えたのに、伸はとにかく繊細で一番初めにあーしになついた。指しゃぶったり寄ってきたり、かわいいのである。夢も秀もよりつきゃしなかったのに。窓を開けるたびに起きてこっちを見るのも伸。眠りが浅いのか。夢は爆睡していて起きたためしなし。

動物ならすには一発技があります。もちろん使いましたとも。家畜なんだから犬のような躾の必要はないのだ。ジャガイモをやってみました。一発です。三頭ともころりと寄ってくるようになった。現金なやつらである。しかし気分は良い。

そして今朝からは寄ってきすぎてこんどはなんだかもうもみくちゃにされてしまってます。奈良公園の鹿状態です。長靴からシャツから喰われまくりです。ええ、私は動物になめられるんですわ。あーくそ。

さまざまなもくろみはすべて水泡に帰し、発狂しそうですが、まあそういうもんなのかもしれまへん。

しかし三匹とも予想外にかわいいです。食えるのかと心配されていますが、それは全然大丈夫な気がする不思議。むしろちゃんと育つのかどうかが心配。

というわけでしばらく都内に出ることは難しい状況となりました。それでも都内の取材をお願いしたいといってくださる方は、大変あつかましくありますが、留守番およびぼろだし(下の世話)人員を派遣してくださるのを条件とさせていただきたいと存じます。本当にすみません
by riprigandpanic | 2009-05-28 14:17 | エエ市だより

ハエが

フィリップ・ロスの ダイイング・アニマル 

を読む。

これを映画化ですか。ぺネロぺちゃんが。だっさーくなるんだろうなあ。べたべたにアマアマにして。
あ、いや見ないで言うのは良くないですが、予告編見た感じでは甘そうだったような。しかし、これは、文章だから何とかなる話なんじゃないかと、思いました。筋だけ追うとほんとにどっしょもない話です。それがエグくて凄みのある話になってるのは、エロ老人の本音炸裂自分勝手なエロモノローグがあってのことなので。もうやってんのかな。

乳癌の書き方はいくらロスでもベタになるんだなあ。なんだかなあ。まあなあ。もともと女はべたに書くからなあ。そりゃなあ。片胸の女にどん引きしながら必死に隠すエピソードは笑えたが。

カバーを外したら装丁がものすごく良い。カバー要らないくらい。表紙と見返しとしおりとはなぎれの色合わせがもろに好みのグレートーン。タイトルが溝にかかってるのはわざとなのかそれともそうなってしまったのか、ちと判じ難し。

気がつくと灰色の靴と服が増えてゆく。
by riprigandpanic | 2009-05-26 04:35 | ほんっ

ううう

いただいた餌箱を設置しようとしてビスを買って来たけど、なんか、入らない。

水道配管の人に頼んで餌箱を小屋の中にいれてもらって(重い)固定してもらって、そして水を引いたんですが、管が詰まってるのですかね、水が出てこないんですよ。もうあかんです。固定しちゃいましたよ。ま、餌箱として使えばいいんですけど。すると給水器を別に設置するってことですよね。はい。それも念のためにといただいてます。

えーとでもホースが入らないんです。給水器の管に。これからまたホームセンターに行ってきます。どうやってつないだらいいんだろう。さすがにもう一度水道屋さんを呼ぶのは気が引ける。うう。泣きたいです。

ちなみにあーし、さきほどセメントデビューしました。速乾性ですが。
子どもの時からの憧れでしたからうれしいですが、時間がないのでもうヒイヒイですよ。排水管をふさぎました。明日早朝おがくずをぶち込みますので。穴があっちゃ困るんです。すげえな、人間やればなんでもできますわ。一人でこねてぺたぺた塗りましたよ。

なんでこんなに泥縄なんだと言われても。

あああ。クラクラしてきたよもう。

はい、先ほど無事にパイプレンチデビューも果たしました。さきほどの配管屋さんのやり方を真似て、なんとか給水器を使えるようにしたのでした。ぐあ。

ホームセンターの資材館の店員がなぜか西日暮里ルノアールにいるひとに顔から挙動からそっくりで、なにがなんだかよくわかんなくなります。

頭がい骨陥没できそうな器具がまた一つ増えました。そして重量ブロック十個を買ってきて敷いたりしたせいかと思いますけど、だれか地面から引っ張ってんじゃないかというくらい、眠いっす。この眠気を分けて差し上げたい人がひとり。そりゃ宮田さんだよなあ。自分も眠りにつけない時期があっただけに、あの寝られない時のしんしんと深まる孤独な感じが、わかるので。いやだからって余計なお世話だろうけれど。
by riprigandpanic | 2009-05-25 18:19 | エエ市だより

いまはなき

TBSの報道特番「百人百熱・韓国ノ・ムヒョン大統領と本音で直接対話」

を覚えている人はいますかね。

2003年6月に放映された半生番組。

あたしはここの百人の日本人のうちの一人として番組にちらりとうつりました。質問は当たりませんでしたが。まあ賑やかしです。


どうでもいいんですが
司会が 筑紫哲也
前半の対談相手が 草なぎ剛

なんですね。

しかもこの番組の関係者の知り合いで韓国好きな人を探してるから一緒に出ようぜと誘ってきた編集者にして友人トリガイさんも、実は2008年1月に癌で先に逝かれてしまったのでした。よくかんがえたらトリガイ氏とは互いに病気になる前に仕事以外で逢ったのってこのときだけじゃなかったか??

みんなあのときは元気そうだったんです。

あーしが唯一至近距離で見た要人と芸能人とキャスターが。

なんとも奇妙な。こういうことともあるものなのね。たぶんこの番組のプロデューサーも、もう名前も失念してしまったけれど、今頃きっと奇妙な気分にとらわれておられることだろう。

というわけで
ひさしぶりに死に損ない気分満喫中です。自分はどうでもあきらめつくが、他人が死ぬのはどうも諦めつかないというか、だらだら感傷的になったりしてしまうのが嫌なものです。


あ、いや、草なぎ氏は死んではいません。今、心から復活を祈りました。マジで。とくにファンというわけでもないのですが。


あのときトリガイさんがつれてきていた会社の部下の女子、どうしてるかなあ。元気でいてね。
by riprigandpanic | 2009-05-25 10:34 | どうでもいい日常

夜屋根の上に死す

さっさと死にたいだとか
死ぬかと思っただとかか口癖のあーしです。
だれも信用してくれないですよね。こんな口癖。

しかし豚が来る前からもうしょっちゅう死にそうなメに遭っています。

原因のほとんどは車。先日もセブンイレブン駐車場から出られず煽られて以下略。
で、ホントに死ぬかと思いました。
しばらく自閉しました。

しかしこれではいかんと昨日は頑張ってユニクロとダイソーに出かけました。
ユニクロの駐車場はいい。広いのです。出口の見晴らしもいい。だからユニクロに止めたままモスバーガーで本読んで、ダイソーで買い物しました。てくてく歩いて。考えられないそうですね、エエ市の人たちからすると。でもいいんです。単身赴任のO社長も一人で歩きまくっているらしいです。


死にそうなメに話を戻しますと、
豚小屋ですが、雨もりすることが発覚したんですよ。物置なんで。で、ブルーシートを張ればいいよと言われたはいいんですがね、あーしは日焼けが嫌なんです。ただでさえ焼けやすいので。というわけで、夜にやればいいやと、閉まりかけのホームセンターで材料買いそろえて、ヘッドランプをつけて、屋根に登ったということです。ええ、目測誤って、脚立が全然とどきませんので、あーしのグラン・トリノを横付けして踏み台にして上りました。
結果として、ブルーシートを一人で夜貼るというのは、かなりとても危険な行為だということがわかったのでした。スパイダーマンのように這いつくばって、風で煽られてブルーシートが飛ばないようにしても、すごいね、ぶあっとなるし。こええし。夜露でなにげにすべるし。
で、なぜだか子どものときに読んだ「おばあさんの飛行機」を思い出して、ブルーシートをくるくる丸めて、必要なところをだしながら打ちつけていきました。役に立つな、佐藤さとる。

それにしても屋根に上がるとなぜRCサクセションを歌いたくなるのか。

なんてことはどうでもよくて、ようやくなんとか打ち付けて戻ったら全身こわばってた。緊張したんだなあ。
なんども落ちて死んで朝まで発見されなくて、葬式のときに「なんで夜なんかにひとりでやってたんだろう」とひそひそされるところを想像しながら歌いつつぎゅんぎゅんと木ねじをねじ込んでいたのでした。
そしてあーしはこういう死にそうなメが結構好きだったりするのです。目測デタラメでわーやるんじゃなかったと後悔しながらやってるときになにか得体の知れない物質がでますのです。
それにしても
ああ怖かった。風呂入って体ほぐします。

屋根の上は空を眺めるだけならとても素敵なのでした。
観月台、豚小屋の上なら作っても大丈夫なのだが、豚から嫌われそうだ。
by riprigandpanic | 2009-05-22 23:56 | エエ市だより

どどどどうしよう。

豚の来る日が決まりました。やっと。26日午前中。

三軒の農場を一台の車で回ることはできません。なぜなら病気を運んでしまうかもしれないから。

てなわけで一番近いデュロック秀のところは、
農家さん自身に持ってきていただけないでしょうかとお願いし

一番遠くてどう考えても自分で運転できないところにいる中ヨーク伸は、トラックと人を手配し、

中くらいのところで何回か通って道もわかってるLWD夢は、わらくしが我がグラン・トリノの後ろ座席で運ぶことにしました。

同時にもってきて、よーいドンで小屋に入れます。そうして三頭のタイトルマッチが始まります。戦です。位づけをさせるんだそうです。一度にやってしまう方がよく、先住権などを振りかざせない方が良いとのこと。

しかしうちの前の道は結構な通行量なんです。

逃げたらどうしよう。



それより夢と十五分、二人?きりってすごくないすか。
いくら人手が足りないとはいえ。後部座席に放置っすよ。豚を。それで市街地ぬけるんですよ。
ううううううんこ洩らされても尿たれられても二人きり。啼かれても二人きり。街中を。
想像しただけで発狂しそうです。豚を載せてますとか、車に書いてしまいそうです。
明日ホームセンターにブルーシート買いに行きます。それから小屋の雨洩りも直さなきゃ。
地下鉄のホームにあるアレ、いつもみっともないなと思ってましたが
まさか真似る日が来るとは思いませんでしたはい。


ここここここわいようーーーー。

モロッコの犠牲祭で車のトランクに羊をぎゅうづめにして運んでるのを見て、笑いながら写真とってたのが昨年12月。ま、まさかそれとほぼ同じことをやることになるとは。しかも日本で。ああ。
by riprigandpanic | 2009-05-19 09:45 | エエ市だより

今日発売の

週刊現代読書リレー日記

「ザナドゥーへの道」中野美代子 青土社
「メモリー・クエスト」高野秀行 幻冬舎

で書かせていただきました。

テーマは旅ってことで。

旅っぽくない旅が一番旅らしいという皮肉。

メモリー・クエストを読むと、自分の旅メモリーについて思い出したくなります。高野さんに依頼だせるようなメモリーはないだろうかと真剣に考え始めてしまった。高野さん、うまいテーマを見つけたよね。

それにしても思い出してみると、けっこうくだらない目に逢いますよね、一人旅してれば。ま、だかこそ一人旅がしたいとも言えるのであり。

連絡が取れなくなってしまった友人ならば山のようにおります。
不徳の致すところでございます。ごめんなさい。

なかでも一番気になっているのは、90年代に横浜六角橋の家で一緒に住んでいたノエル・クリスティーと、ソ・ヒです。たまには書いてみます。万が一見てたらメールください。ノエルは東京にいる可能性が高いんだが。ソ・ヒはソウルで何度か会ったりしたんだが。あ、あと何度か書いてる大阪在住なんだけどアジアのどこかを放浪してると思われるビョン・カンジくんね。ベトナムあたりにいるのかな。毎年年賀状はくるんだが、住所なしだからなー。ほんとにないのかもしれないけど。

ためしにコメント欄を開けてみますか。




ところで鰐おじさんのところに取材に行けるかもしれません。やらせでなくいつも上半身に衣服をまとわない方のようです。だからなんだと言われても。そして書くあてもないんですが。素敵そうな人のところにはいかないとね。
by riprigandpanic | 2009-05-18 14:15 | お知らせ