<   2009年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

おされについて

服は好きなんですよ。

ながらく金がなくて買えなかっただけで。

しかし、生まれ変われるならば、肩のしっかりした男になって、できれば西洋人がよろしいが、それはまあ人種問わずでいいんです。で、スーツを着たいっすねえ。肩さえなんとかなれば、背が低かろうが、足が短かろうが、なんとかなるような気がします。
ほんっとにスーツ好きっすねえ。ここのサイトは以前にこのブログを読んで下さっている方から教わったんですが、とにかくスーツの男性がすっばらしい。お洒落とはこのことよと、ホレボレします。ありがとう。清野さんのブログとならんであたしの心のオアシスだったりします。
http://thesartorialist.blogspot.com/

そこいくと女子の服は、どうしたってモードに頼りがちでどうも面白みに欠けます。それとおみ足とか首とか、鎖骨とか胸元とか、見せポイントの分量をどうするか、とか、ファッションと云えるのかどうか微妙なところに重点がかかりますでしょ。それがどうもね。いいんだけどさあ、なんかスーツって枷の中で勝負するおっさんたちが好きなんですよ。靴下の色と眼の色合わせたりとかさ。

しかしここのブログに出て来る東洋人はみんなかっこいいんだよ。ハンパなく。男子も女子も。あたしゃファッション関係の人全然知らない方なんでわかんないですけど、過去に山本耀司と、冨永愛が登場していたのはわかった。コレクション取材の合間に撮ったのでしょうかね。そういうひととともにまちの普通のおしゃれさんも写ってます。同じ視線で撮ってるのがすき。
2009年1月25日のフィレンツェでの東洋人男性のお洒落なんかも白髪の分量から靴からもうニクいくらいシャレてんですが、誰なんですかねこれ。バイヤーさんとかなのかね。
by riprigandpanic | 2009-02-27 21:54 | どうでもいい日常

届きました/新刊のお知らせ

yomyom vol10  新潮社
私の本棚 書棚はひとつだけ

本の話 三月号 文藝春秋
斉藤政喜さんと今度でるトイレ本についての対談

こちらは集英社のサイトです。
インタビューを受けました。
http://renzaburo.jp/nasshy/008/index.html

どうもありがとうございました。

ところでようやく詳細をいただきましたので告知させていただきます。

『東京見便録』斉藤政喜/文 内澤旬子/イラスト
文藝春秋社
1500円税込み

3月10日発売となります。

どうぞよろしくおねがいいたします。

上野の世界傑作劇場がなくなってしまうというのに、アタシは出張が入っていて最期をみとどけることができない。とても悲しいです。いや、入ったのは自分がエキストラやらせてもらった映画を見に行ったときの一回だけなんだけどね。しょっちゅう前は通ってます。それも夜に。。。。危なげでうさんくさくてよれててしょうもなく煤けてんだけど、
不思議なくらいひとりで歩いていてもどうってことないんですよ。上野から湯島御徒町のあたり。新宿は、アタシが田舎もんだからなのか、どうもうすら恐いんですよねー。ひとりで行こうとは思いません。
 
 それはさておき、愛着ある映画館です。昔アメリカ人のゲイの友人と通りかかったらちょうど山崎さんの男と男のアレな映画がかかっていて、
「あ、この監督さん、知ってるんダア」と自慢して仰天されたのも今はなつかしき思い出です。
どうかみなさん、世界傑作劇場へ足をお運び下さい。山崎さん、これからのますますのご活躍を祈念しております。そしてまたいつか映画の隅っこに映らせてくらさい。演技とセリフはなしで!
http://blog.7th-sense.sub.jp/?eid=878419
by riprigandpanic | 2009-02-27 18:31 | お知らせ

少しだけ変わってる

本の雑誌社の杉江さんから
今年の予定という原稿依頼あり、新連載の内容をじゃじゃっと書いたら

一瞬気を失いそうになりました。
多い、ですねえ。遅いのに。
それもあるけれど、予想がつかないものばかりです。
とても人様に読んでもらえる自信なくなってきました。
しかし、あたしに依頼があるのなんて、今だけですからねえ。
そう思うと断れない。

ただそれだけさ

SAKANA

Blind Moon
がとても好きです。
少しだけ変わってるともだちのうた。Pocopen作詞

君が笑っているのに
なぜ君のために泣いているのだろう?
そう少しだけ変わってる ただそれだけさ
by riprigandpanic | 2009-02-26 23:41 | お知らせ

おお

来月のYが生まれる予定日は、どんぴしゃの満月であることが判明。うわ、なんか凄い丈夫そうなのが生まれるような気がして来た。こんどこそ立ち会いたいが、結局いつ生まれるのかわからないそうなので朝からお邪魔して張り込ませていただくことにした。農家さんに感謝。。。ありがたやー。

次の満月は豚舎で見るやもなのかー。それはそれでいいかもしれません。
明るいうちに生まれたら、あのあたりのどこかいい月見スポットを見つけておいて出かけよう。磁石もって行かなきゃ。

ああ仕事が錯綜してます。

「もう出産なのよう」とメールに書いたら、編集のNさんから即電話が来て、
「ねえ、出産ってもしかして?」と云われる。
え、あたし??ちょっとお、いくらなんでもそんな元気ないよー!!

Nさんとは二十代半ばからの付き合いだから、気が遠くなります。お互いくそ生意気な気焔をあげているうちに、ホントの怪獣(いや鬼ババア?)になっちゃったような気がしなくもないんですが(Nさん、すまん)、まあ仕方ないわな。今度久しぶりに会うのがというか仕事するのが楽しみです。

しかし豚の仔はかわいい。で、今日某ドトールの二階から原稿書きながら道をみていたら幼稚園児がだばーっと沢山道を渡ってゆく姿が、あまりにも小さくて、先日見た子豚と重なってしまったのであった。子どもってたまに見ると本当に小さくてびっくりするのである。


 今日もかなぶん。もうどんどんどつぼにハマってあたしら何やってんじゃあっとSさんと頭を抱える。わかんねーよ、これ。なんの暗号だよ!!
 
で、奇しくも横浜で仕事だったモクローとIさんとまちあわせて中華街ですごい早めの夕ご飯。おお、五時に夕ご飯を食べるのは悪くないですねえ。
十年近く行けずにいた、桃源郷に。瓶酒、変わらず美味。昔と比べて飲めるようになってんのに、仕事あるから飲めないのが残念。気にせず酔っ払うまで飲みたいなあ。。。
by riprigandpanic | 2009-02-24 21:53 | どうでもいい日常

すごすぎて

モクローが「今日は情熱大陸を見る」という
漫画家の秋本治だったのだ。

業界では超有名な、原稿を落とさない漫画家。
伝説どおりすぎる仕事進行に、各回ごとにきちんと整理された生原稿の棚。
血液型はA、というところで
モクローと二人そろって手を挙げて「はーいはーい、あたしも(俺も)Aでーす」と喚いてしまった。
似ても似つかねえっす。

凄すぎてなにひとつ参考にならなかった。
by riprigandpanic | 2009-02-22 23:32 | どうでもいい日常

部活動

トークショー、沢山の方に来ていただきました。
本当にありがとうございました。とりとめのない話で申し訳ありません。
ええ、私ひとりでとりとめなくしたような気がして、本当にすみません。高野さん、宮田さん。


その後部活。
いい歳ぶっこいて何をやってるんだろうと思わなくもないのですが、楽しいを通り越して感動すら覚えました。飛び交うは青麦よりもゴーヤよりもケールよりも青臭い発言。の数々。この業界のすみっこで自生して十七年くらい経ちますが、こういう話をだれともしたことがなかったのです。編集者ともほとんどしたことがないですね。思えば同業の友人も極端に少なく、まあ生きてるのがやっとだったというのもありますが。しかしその実、青いものをわさわさと大麻のように?生やしていたんだなあ自分。ああ恥ずかしい。

めちゃくちゃにダメなまま、しかしやめずに続けたいと、思うんだから不思議です。ほんとうに不思議です。
by riprigandpanic | 2009-02-21 19:24 | どうでもいい日常

学生のみなさまに

豚が生まれました。一頭目。


いろいろ始まります。来月頭には発表できるかと思います。
某所に住みながら豚を育てて喰います。


ついでにというわけではありませんが、ここでちょっと書かせてください。

動物福祉などなどの研究をされている学生さんなどからこれまでいくつかお問い合わせのメールをいただいています。そのことに関してのお返事です。
無視を決め込みゃいいはなしを、このような感じ悪いと思われちまう返事を晒すとは、アタシはなんてやさしいんだろう。ええ、だーれもそう言ってくれないと思うので自分で言ってみました。


私のやることに関してご興味を持っていただけるのは大変うれしく思っております。
私の考えていることが多くの方々に伝わればいいと思い、本を書いていますので、ご感想のメールは本当にうれしいです。

が、私はフリーランスのライターでありまして、教育者ではありません。取材対象者と対象地には、膨大な時間とお金と足を注ぎ込んでいます。どこかから棒録を得ているわけでもなく、研究費をもらっているわけでもありません。どこの学術機関にも属していません。

ですので、学生のみなさまがたが私のやることに興味を持ち研究対象の一部にされたいと思われてメールを下さっても、応えようがないのです。もうすこし時間とお金に余裕があれば、また違うのかもしれませんが、正直に申し上げて、それどころではない。特に今年は。

それでもどうしてもなにか、という学生さんがもしいるのだとしたら、
そのどうしてもという説得力のあるおもしろいメールをください。

自分のやりたいこと、私に頼みたいことは、なるべく具体的に書いてください。
応えられるかどうかは別として。とても興味があるのでなにかおてつだいできることがあれば、みたいなのは本当に困ります。ていうか、そんなもの、書き手が学生であるということ以外、何者なのかも判然としない以上、あるわけねえんだよ。ないところに食い込もうという自覚と根性を見せてください。
そして私が心血と私費を投じているネタに介入するだけの見返りを私に提案してください。
私は金にうるさくならざるを得ないフリーランスでありますが、また、ネタがおもしろければ、今欲している分野に役立つネタであれば、確実に食いつくのもフリーランスなのです。


蛇足ですが、自分の所属は書いても住所や電話を書かない学生が多すぎます。所属はたしかに学生の皆さんには大事なものなのでしょうが、アカデミズムの世界から外れている者にとっては、ないよりゃまし、くらいのものでしかないのです。それよりも確実な連絡先がわからないと、信用のしようがない。
ということで、まともな連絡先が分からない方に返事をするのは、これまで学生だからと思ってわかりやすく正直にこちらの事情その他を書くこともありましたが、それでぷっつり連絡来ないこともままあって、なんか、なんか、なんだかなあ、と、ドーンと無駄に落ちたりするんですよ。

もうちょっと今年は無理です。

それなら話を聞きましょうかと思わせるメール以外には、一切返事しません。どなたか研究者のご紹介であったとしても、申し訳ないのですが。。。。

いろいろと高飛車ですけれど、なにとぞご了承くださいませ。
by riprigandpanic | 2009-02-21 01:18 | どうでもいい日常

かなぶんで

某かなぶんで、
某作家のソヴィエト辺境旅日記を読む。

「某共和国成立#周年記念。やっと手に入れたという(中略)キューバのブランデーをいただく。ハバナ・クラブ ロン・ド・キューバと書いてある。ロンという酒だろうか」

センセイ!!
ラム酒っすよ。それは!!!
ロンはラムのことじゃないっすか!!
蒸留酒ですけどブランデーじゃないですよう。

今じゃ日本の普通のバーで普通に飲める酒ですよ
……そういう時代だったんだなあと、くっだらないところで感心。
それともこのセンセイは下戸であられるのか??
日記の記述ではたまに飲んでらっしゃるのだが。

そういやいつからマイヤーズとバカルディ以外のラムが普通に出回るようになったのでしょうか。
飲酒二年生にはこういうことがわからないねえ。

しかしこの取材は自費で行ったのかなあ。気になるなあ。
ま、このセンセイなら自腹で行ったとて、あとから何冊だされたのかということになるのであるから、まあ。ね。

それにしても圧倒されます取材日記。
by riprigandpanic | 2009-02-18 21:37 | どうでもいい日常

ついに

一日延ばしにしていることがある。


が、徒然王子も終わり、本当にそろそろ出頭しなければならない。

それは

ペーパードライバー教習

ええ、今年メインでやる取材にどうしても必要で。いやもうこれまでもとにかく地方取材が思うようにできなくて困っていたのです。海外の地方取材もね。勝手に自分一人で行きたいところに行きたいのに、車運転できないのは、本当にイライラするんですよ。運転できるとね、人がいない所にもいけるじゃない?
 
成人して以来ずっとこれが悩みであった。右と左がわかんないからというのが運転が嫌いな主な理由なのだが、フロントに右と左ってシール貼ってでももう、運転しないと。それと凄まじい地理音痴なんだけど、これに関しては今タクシーの運転手すら地理会得しないで済んでるよね。ナビのおかげで。この恩恵は素直に受けたく。
でもアタシが住むあたりって、ナビに道がでてなくて、笑ったんだけど。ま、あのクソ忌々しいグーグルストリートビューにもあたり一帯まるっまる映ってないのはとっても気分いいので、仕方ないです。



で、一番の問題は、
軽トラに乗るってことなのですよ。飼料とかいろいろ運ぶのにさ、都合いいわけよ。
だからマニュアル運転を身につけねばならない。ううううう。



でも素敵でしょう? 軽トラ。昔、愛車持つならオート三輪、とか思ってたけど、ほぼその路線に近い感じで夢かなうわけですよ。借り物だけど。

軽トラにあわせて金髪にしようかと思うくらいです。
ああ、去年よりさらに一層イカレた一年に。

生き延びた意味がないくらい阿呆な生き様を全力でだらだらと。

そうそう、徒然王子が二月に終わった影響で、今年のアタシは旧暦暮らしを余儀なくされています。今まだ1月22日ですので正月気分が抜けないんですと言っても一応許されるかな。
by riprigandpanic | 2009-02-16 12:52 | どうでもいい日常

終わりました

本日、『徒然王子』完結。

382回でした。励ましのお言葉を下さったみなさま、
本当にありがとうございました。まさにみなさまのおかげで
なんとか落とさずに入稿できました。

わあ、まちがえました。明日です明日で完結。すっかり今日だと思ってていま自宅に戻って新聞見て真っ青。ほんとに苦手だったんです掲載日数えるのが。

最後まであげた日の深夜一人で飲んだ
ペールラバ五臓六腑に沁みましたよ。

が、そうそう飲んだくれてもいられず、
反動のように文字ばかりかいている今日この頃。しかしイラストと違って文字は、ドトールとかドトールとか図書館とかドトールとかルノアールとか上島珈琲とかスターバックスとか、場所を移動できていいです。ついでにスペリオールの取材もできるし。そして夜中に仕事場に張り付いている必要がなくなったのは嬉しい。

tokyobikeを買おうと思っていたのに、朝日の連載が終わった途端、ビンボウ風が吹いて来て、壊れている自転車を修理してのることにした。貧乏性です。


しかし小金は使う。
ノイズキャンセリングイヤホンを新調。白はやっぱり汚れますので黒に。
そしたらあったらいいなというものがついて来た。
それは、飛行機の座席につける変換ジャック。そうなのよ、あの飛行機についてるヘッドホンの使い勝手の悪さったらもう最悪で、そのためにあたしはiPodを二つ用意して乗ってんですよ。ノイズキャンセリングしたいが為に。
これのおかげで、充電を気にしないまま航空会社の映画をノイズカットしながら見られることになったのでした。素晴らしい!!

ちなみにiPod Shuffle用のシリコンケースを買ってみましたが、使い勝手は全く良くなかった。
by riprigandpanic | 2009-02-14 18:58 | どうでもいい日常