<   2009年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

でてきました

テレビ神奈川(間違えててごめんなさいね)
NEWSハーバー

十分ほど出させていただきました。

アナウンサーの仲山さんがたいへんノリの良い素晴らしい女子で、フツーに馬鹿話ができました。本当にありがとうございました。
電車の中でハナほじってるおやじについて熱く語ってしまいました。

見て下さった方、ありがとうございます。。。

ちょっと早口だったようで、親から注意されました。
気をつけたいと思います。
今回もNHKに引き続きメイクさんに眉描いていただいて、感動。うまいっすねえ。
石田さん、楽しかったのでまた機会ありましたら呼んで下さいませ。

そのあとハマで働く獣医A氏とお食事。
ネズミの命、軽いよねー、パンダの何分の一だ?
なんつー身も蓋もない話ばかり連発。話のほとんどは切り刻みたたきつけ脱臼させ血を抜き腐敗してふくらみ発酵していたり感染したり寄生したりと、書けないものばかり。
Aさんと引き合わせてくださった同行編集者O氏ドン引き。目が泳いでる。だよねー。なにしろ喰いながらだし。ごめんなさい。
Aさん、こんどはノゲで動物残酷?残酷ですがなにか?物語の続きを!!
いやーハマに行くたのしみが増えた!

そして帰りの電車で偶然十八年ぶりの人と出会う。
どうしているのか、ずっと気になっていたひと。ほんとに会いたかったんだよう。
うわー嬉しい。

そんなこともあるんだね。
by riprigandpanic | 2009-01-17 00:39 | お知らせ

本人が一番驚いてるんです。

にんげん出版の小林社長のブログによると、
アマゾンで「おやじがき」
昨夜サブカル部門一位になったらしいです。今は七位。

なにが起きたんだろか??
客注電話が鳴り響いてる?
嘘書いてんじゃないでしょうね?
……お疲れでしょうが、よろしくお願いシマス。。。



アタシの心の中は
年末ライブからこっち浅川マキさんが居座り、呻くように
不景気なブルースを歌い続けているというのに。


ええ、そんなこた関係ないですね。

ありがたいお話です。嬉しいです。
土下座して御礼申し上げます。

それで何が原因なのかさーぱりわからないので、コメント欄を期間限定で設けてみます。(すいません、慣れてないんで恐いの来たらすぐに閉じるかもしれません。三日くらいはと思ってるんですけど。。。)
このブログに載せた掲載情報以外で、どこかで取り上げられているのを見たという方、教えて下さいませ。


えーと今日は朝日新聞のあるコーナーである学者を回顧するのに、ちょこっとだけコメントをば寄せさせていただきました。二十六日くらいに載るみたいです。とりあえず「おやじがき」と一言入れてくださるってんで、不遜にも彼と彼が作った学問から自分が受けた影響なんてのを語っちまいました。たははははは。おっそれ多すぎるぜ!!誰かに叱られる前に自分で突っ込んどきます。

Mさん、アタシのコメントは少なくていいんで、「おやじがき」って入れて下さいね。よろしくお願いします!!!




それからいよいよ来週あたりにエンタメ・ノンフ##部、結成します。伏せ字にしたって高野さんが書いてるからもういいよな、文芸部ですよ、文芸部。文句ありますか(赤面)?

どうなんのか全くわかんないんですが、三者三様(もう一人のメンバーはどうせすぐ割れるでしょうけど、まだ高野さんが書かないから書かないでおきます)、ねじれた野望に満ち満ちているのは確かです。メールやり取りしてるだけで脳が煮えます。ほんっとにみんな常識ない!! 何年出版業界でメシ喰ってんだ!!(あたしも含めて)この馬鹿ねじれっぷりをそのまま書いたら十分エンタメ・ノンフィクションになりますわ。はーあ。
by riprigandpanic | 2009-01-15 13:52 | お知らせ

こんな感じだよ、Sさん☆

次の仕事にかかる前に

くりからもんもん中



c0190053_23102564.jpg




インドで四年前に買ってきた粉じゃけえ、
発色がイマひとつ冴えんのじゃけえ、
とうとう新品を注文しちまいました。
ことわるまでもなく、合法の遊びです。
自慢したくもありませんが、オーガニックな遊びです。肌弱いんで。

ええまあそのね、

かの地でいろいろありまして。

ビギナーなのにいきなりレーシイな紋様を描いてしまいました。
描きだしたら止まんなくてねえ。下書きなしの一発即興。
プロですから一応。


これくらい自分でできるもーんだ。



詳細はそのうちどこかに。
by riprigandpanic | 2009-01-14 23:24 | どうでもいい日常

今回の読書日記は

来週出る号の予告です

週刊現代 リレー読書日記

『モロッコの歴史都市 フェスの保全と近代化』松原康介 学芸出版
『モロッコ』山田吉彦 岩波新書
『仮想儀礼』篠田節子 新潮社
『サンパウロへのサウダージ』クロード・レヴィ=ストロース/今福龍太 みすず書房

を紹介します。

一押しはコレ

c0190053_22411630.jpg



造本も最高に素敵なんすよ。メロメロです。
装丁は風間のう
by riprigandpanic | 2009-01-14 22:50 | お知らせ

泣き笑い

以前に森下裕美の「夜、海に還るバス」について書きましたが

ようやくその前作
『大阪ハムレット』
読みました。

こりゃーええわ。まさに泣き笑いです。どのはなしが一番好きかなあ。うーん、やっぱり表題作かなあ。どれもいいけど。


c0190053_2003791.jpg

by riprigandpanic | 2009-01-14 20:03 | ほんっ

13日付けの

1月13日付の産經新聞にて

「おやじがき」のインタビュー記事を載せていただきました。

猪谷さん、ありがとうございます。
嬉しいです。
もっそい不貞腐れた感じで映ってて笑えますね。
居直り力が漲ってます……。

おかげさまで東京堂書店のベストテン、七位に返り咲きです!!!

16日16:30からの神奈川テレビもよろしくー。
by riprigandpanic | 2009-01-14 19:54 | お知らせ

またもや

知りませんでした。
買い損ねました。しょぼん。

サンデー毎日で

角田光代さんが「おやじがき」を紹介してくださいました。

ネットで拝読しました。
本当にありがとうございました。

おわ、月刊文藝春秋二月号「今月買った本」でも
書いて下さってました。ありがとうございましたー。

角田さんは屠畜紀行も紹介してくださったのです。感謝感激です。
by riprigandpanic | 2009-01-11 12:23 | お知らせ

真鍮にサウダージ


じたばたと仕事しながらあんまり寝ずによがにも行けずに飲んだくれていたら風邪をぶりかえす。いけませぬ。明日からよがと仕事と自炊の規則正しい栄養ちゃんと摂る生活に戻します。

 ここ半年ほど恋い焦がれているバーがありまして、あまりの遠さにとてもじゃないですがなかなか行けないのであります。過日、そこの近辺に宿泊する遠方からの同志とその仲間たちと飲んだので、ここぞとばかりに引きずって行きました。
 そこのトイレに貼ってあるポスターで、ベニチオ・デル・トロが、チェをやることを知る。ええ、いろいろ遅いんですよあたしは。トロはなんでもいいから出てるならとりあえず見たいんで、見に行こう。今年は頑張ってもっと映画館に行きたいよなあ。

 さて以前にこそりと吐露したはずであった、CERASUS熱愛宣言。思いっきり会社の方にバレていました。すごいなネット社会。いやしかしここのアクセサリーのおかげで、アタシは真鍮が大好きになり、いまや真鍮棒叩いて自作するようになりましたよ。シルバーに飽きて、ゴールドは高くてそんなに買えないし、真鍮の鋳造モノは普段つけるのにちょうどいいのです。ほんのり古臭く渋くわずかに切ない艶がある。

しかしネットのセレクトショップで知ったとはいえ、アクセサリーはやっぱり耳や首とのバランスが命ですので、近所のお店で実際に見て買えるのは大変にありがたい。ここ(すいません、読みに自信がないんですが、ゴールドアンドバウンシーでいいんですかね?)はなんつーか、チャレンジャーな品揃えで、ヒトクセありなアクセばかりです。よく頑張ってるなと思う。このまま突っ走っていただきたい。今日久しぶりに行ったら顔バレしていたので改めてごあいさつした。恥ずかしいっすね。こんどちゃんとオシャレしていきますね。千駄木駅前不忍通り沿い
 http://www.goldandbouncy.com/
by riprigandpanic | 2009-01-11 00:07

ほろほろと

二日間ほどまともな食事できず、机の下で寝たりしてモクローとも会えずにいたので
tono;4122 で食事しようということになる。

で、合鴨のコンフィ を頼んだらば

なんか、肉が、ほろほろに柔らかくて、はらはらと骨から外れて、
でも外側の皮はカリカリで、

松田優作バリに(古すぎる言い回しですがやはり入れたく。すみません)
なんじゃあこれはあっ。となりました。

低温のラードで長時間煮てから焼くんだそうです。

うまうまですのでご近所の方是非どうぞ。
今月のおすすめなんだそうです。
[http://www14.plala.or.jp/tono4122/]

こちらワインにとても力を入れているお店でありますが、
奄美のラム、ルリカケスもあることも発見。ガス入りの水で割って
強引に食事のお供にしました。なんとか合ったかな。ルリカケス合わせやすいかも。
食事のお供にラム酒いただくのはなかなか難しいのです。

c0190053_1581549.gif



人間らしさを取り戻して帰宅後、トイレの貯水槽に固形洗浄剤を入れてお風呂に入ったら、どうもうまく着地せず、水がとまらなくなる。モクローが大騒ぎしている。貯水槽あけていじればなんとかなると言っても理解できず、棒でも入れて浮きをあげとけと言っても理解できず。床まで濡らし、できない、できない、壊れてる、どこかが折れたのかはずれたんだ、わあわあ、ぎゃあと大騒ぎ。風呂から上がってトイレに入って三十秒で直す。あっというまに水止まる。貯水槽と給水の仕組みくらい見りゃわかるだろう、把握しろと説教。ゴミ捨て料理洗濯をこなしていればそれで家事をやっているつもりになっているらしい。やってはいるけどな。感謝してるけどね。でもそれ以上のことは絶対学ばないよね。学んだら死ぬとでも思ってんのかね。
by riprigandpanic | 2009-01-09 10:41

ありがとうございます

おやじがき

週刊朝日 1月16日号 の新刊紹介コーナー

Richer (京阪神エルマガジン社) 一月号? の今月の新刊

にて紹介していただきました。

ほんとにありがとうございました。
ええと、tvkに出る時は、関内某所を渉猟し、釣果を生放送でさらすということになりましたよ。ホントにできるんですかね。言ってしまうことであとに退けなくしております。ほほほ。
by riprigandpanic | 2009-01-07 20:55 | お知らせ