カテゴリ:お知らせ( 126 )

屠畜場という言葉を巡って

共同通信社にエッセイというか短い文(いや、新聞としては長いのかも)を寄稿させていただきました。まず中国新聞で配信になったようです。ありがとうございます。
各紙が買ってくれて配信…されるといいなあ。
通信社に寄稿するのははじめてなので、とてもおもしろいです。新聞に寄稿したりインタビューに答えたりする場合、掲載日がずれることはよくあるのですが、今回は、いつどこに載るのかが文字通りわからない。
共同通信が配信したものを買うかどうかは、各紙の判断にゆだねられるからです。
というわけで、見かけたら教えてください。あ、もちろん記者の方からも教えてもらえるのですが、中国新聞掲載は、ツイッターで読者の方がつぶやくほうがはやかった。。

で、何を書いたのかというと、四月にタイに取材に行ったときにタイ人通訳と話したことから今回の洪水までのことであります。まあ内容は、新聞に掲載されたものを読んでいただくとして、

タイの取材は、「世界屠畜紀行」の第二弾の取材のために行っていたので、屠畜場を回っておりました。エッセイでは屠畜の話がメインではないのですが、話のつながりとしてどうしても必要なところでしたので入れました。で、原稿を書き上げて送信したところ、担当記者のTさんから、電話をいただきました。新聞社の規定として、「屠畜場」は「差別語・不快語」に当たるので、記事として記者は書けない。しかし筆者が社外の者で、強く希望する場合には押し切れますと。ただその場合、「屠畜場」という言葉が記載してあるという理由で、配信記事を掲載しない地方新聞がでてくる可能性はありますが、どうされますか、と。

驚きました。正直。
いまだにそんなこと言ってるのかということではなくて、真逆です。
「差別語」に関しては、雑誌であっても機械的に「決まりなので」と訂正される事が多い案件で、こんなに丁寧に対応してくださることは、あんまりないんです。ものすごく嬉しかったです。あ、もちろん「世界屠畜紀行」の連載記事などは別ですよ。

そしておもしろいことに、本のタイトルは直しようがないので、プロフィール欄には著書に「世界屠畜紀行」と書かれるわけです。それは掲載可能(笑)。

さあ「屠畜場」を「食肉処理場」と直すべきかどうか。

迷いましたが、「食肉処理場」に直しました。
屠畜場という単語は、エッセイの流れ、導入としては必要なのですが、主旨に関わる単語ではありませんでした。それで、掲載紙が限られる可能性を高めるのは、やはり嫌でした。主旨は全然違うところにあって、まあひらったく言えば、どうにもならない災害をひっかぶったときに人はどうすればいいのかということで、一応新聞媒体を意識して、たくさんの人に読んでもらえたらと思って書いたのですから。

ひっかかる気持ちがゼロというわけではないですが、それではどうしても「屠畜場」でなければならないと思っているかというと、これがうまく説明できるかどうかわかりませんが、そうでもないんですよ、これが。私個人として、「屠畜場」を使うことにした経緯自体も、まよいつつ、はじかれつつ、という部分もあります。「世界屠畜紀行」を書く前には、自分の脳内のこれまでの言葉の蓄えには、「屠殺」という言葉がまずあった。ただ、取材をすればするほど、「殺」という文字を使うことに抵抗がでてきてしまった。今になってよく考えれば「屠場」にするという選択肢もあったのかもしれない。「と畜」が行政用語だったことも、ありましょう。
 
ただ、他の人がどうしても「屠殺」という言葉を使うのだと主張したら、それを「使うべきではない」とは私の立場からは、やはり思えない。みんなそれぞれ言葉はその人の決意と責任をもって使えばいいと思ってしまうので。

屠殺、slaughterを他の言葉に言い換をすることに関しては、「世界屠畜紀行」の第二弾でも書いていますが、他の国でもやっています。差別語だからという流れではなく、「虐殺」とのダブルミーニングになっている言葉(英語以外にも)が多いためのようです。slaughterは、現在はほとんど現場で使われてません。meatpackingが主流です。
言い換える事でこれまでのイメージは払拭される。でも言葉というのは、たとえ言い換えたとしても、どう使われるかで、また嫌なイメージも簡単についてしまう。その繰り返しです。

先日こんなものを友人から教わりました。やっぱりいい気持ちはしませんよ。そりゃ。
国内にものすごく傷つけられて来た人たちがいるのを承知で、それでもあえてこういう使い方をしたいという気概もおもしろさも必然もなんにも感じられないから。試聴の限りでは。
ただおもしろがっているように私には思える。
「食肉処理場」も不快語にしてしまえという意図?
http://t.co/EcI8iCuY #iTunes


それでもなんでも殺人と屠畜を一緒にするひとはあとを断たないし、いなくならないでしょう。
で、それを差別だからやめろと言うのは違うんじゃないかとも、思うのです。
むしろ自分がまずやらねばならないのは、第一に心がけたいのは、どんな言葉を使ってでもいいから、動物を絶命させて食べる肉にするところを、食べるという行為の一環として思い浮かべる事ができるようになってもらう事かなと。ネガティブなイメージを消すのではなくて、ポジティブなイメージやフラットなイメージをもっと増やせばいいということです。そしたら「屠畜」でも「食肉処理」でも、たぶん「屠殺」でも、差別的な響きは減るんではないかと。甘いですかね。

んーなんだか眠いのでちゃんと書けたかわかりませんが、そんなことです。


九十年代には何度も「書き換え」「描き換え」を、新聞社、出版社から強制されました。
何度かつっかかってみたら、ホントに仕事を切られかねないような脅迫まがいなことを言われたこともあって、そのときは本当に悔しくて、「世界屠畜紀行」を書くきっかけの一つにもなったわけですが、長く取材してこのことについて考えれば考えるほど、本心としては「どれ使ってもいーか」な心境に近くなってます。奇妙な事ですけど。小説ならばまた違うのだろうけれど、ノンフィクションだから、言葉の響きや韻を気にするわけでもないし、字面のビジュアルも気にしていない。気になるのは読みやすさだけだから。はっ、エッセイはもう少し言葉の響きにも自覚的にならねばならないのかもしれなかったか!! 冷汗。

でも「屠畜」に限らず、全員のコンセンサスがとれる言語なんて、ないしなあ。

ともあれ、共同通信のTさんには、改めて御礼申し上げます。選ばせてくださったこと、感謝します。ありがとうございました。
by riprigandpanic | 2011-11-03 03:28 | お知らせ

週刊現代

今出ている週刊現代で

人生でお気に入り本トップ10みたいなページで
とりあげていただきました。
すいません。ただいま手元になく、あとでちゃんと書き換えます。

そこで水鏡綺譚を入れたところ作者の近藤ようこさんからツイッターでお礼をいただいたため
嬉しくなって、昔のブログ文を貼ります。


2007-12-01 十五年、ずっと旅してました

 近藤ようこの『水鏡綺譚』を読んだ。
九十年代のはじめの頃に、雑誌ASUKA(なつかしすぎるぜ)に連載してたのも立ち読みしたし、単行本になってからも買って読んでいたのだが、それは途中までのことで、完結する前に連載が消えてしまい、なんだかいろいろさまよっているという話もちらちら読んだ記憶もあったのだが、そのままになっていた。完結版がでたのは2004年のことだ。これ、出た当初に配偶者が買ってきていたのであるが、例によってたくさんたくさん買ってくるので読み切れずそのまま売られていったようだ。読んだ覚えがないもの。ナカミツさん、どうもありがとうございます。すいません、入院前に読んじまいました。

注) どうやら私が2007年、乳癌のゼンテキ手術をするときに、ちょうど週刊現代でコラムの挿絵の連載仕事をいただいたりしていた関係上、これホントにそしていままた週刊現代という偶然なんですが(しばらくお仕事してなかったのに) 編集部のナカミツさん他二名の編集者さんとの入院前の壮行飲み会で「水鏡綺譚」をいただいたんでした。あのときはありがとうございました。宝くじとかもいただいたんだ。嬉しかったです。

 舞台は中世、オオカミに育てられた少年修験者ワタルと山賊にさらわれて魂が抜けてしまった鏡子が出会い、さまざまな出来事を解決したりしながらさすらっていく。鏡子が記憶を取り戻したときに二人は別れなければならないのだけれど、ワタルはどんどん鏡子のことを好きになり、別れが恐くなって邪険にしたりと、ちょっとせつなくて、悪人、悪霊退治のところは安心して読める説話調。紅蓮地獄に八百比丘尼、護法童子、宇賀の神王などなど、さすが國學院大学卒、と言いたくなる中世ワールド炸裂。

作者はこの二人を別れさせずにずっと旅させたかったとあとがきに書いていたが、私も作者同様、二人が覚醒して別れていく場面をみたくなかった。中世の町から町へと、異端にして異能の二人は永遠に旅をしていてほしかったのだと、読み終わってみて気がついた。この漫画にであってからいままで十五年、いや十六年? 漫画が手元にないときも、ずっと、どこかの時空で彼らは旅を続けていたのだ。
 最終話もすばらしかったが、その一つ前の、ネームのまったくない第十二章が泣けた。著者の中に広がる、中世日本の景色をもっともっと見たいと切に思う。

水鏡綺譚

近藤 ようこ / 青林工芸舎




とりいそぎ……
by riprigandpanic | 2011-10-25 13:57 | お知らせ

WBSにでます

12日、ワールドビジネスサテライトのスミスの本棚に出演します。たぶん。

森本智子アナウンサー、
「身体のいいなり」
「世界屠畜紀行」とそれから私が薦める本と、
全部読んで丁寧にインタビューしてくださいました。
五分前後のコーナーなのに、ほんとうに頭下がります。
しかしこの一年、アナウンサーの方々とお会いすることが多かったのですが、
みなさま麗しゅうございます。ほんとうに。
c0190053_16442166.jpg


ありがとうございました。

えーとひょっとしたら、私と飼っていた豚と遊んでる映像がでる、かも、しれません。
でないかもしれないけど。

というわけで、おたのしみにー。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/blog/smith/

HPの写真の髪型が縦ロールになってて、驚かれております。
実物よりもかなり綺麗に撮っていただきました。
やる気にやりゃできんだぜと、
授章式でもこぎれいにしていたわけですが
唐突にそれもめんどうくさくなりまして、
髪型と色を大幅に変えました。ほぼヤンキーです。パンクスのはずだったんだが。夜の某カフェで原稿書いていたら、高校生たちにナンパされそうになりました。顔をきちんと上げたらババアであることがバれ、彼らが恐怖と怒りのあまりにかつあげに転じるであろうと思ったので、何を言われてもうつむいたまま、笑いをこらえてバソコンを打ち続けたのでありました(爆)
by riprigandpanic | 2011-10-09 16:36 | お知らせ

間があいてすみません

ブログを書くタイミングを完全に失いました。
すいません。

とりあえず、掲載のお知らせをささっと。

週刊朝日別冊ヒーローズ 
で甲子園球場ルポを書かせていただきました。面白い場所でした。とてつもなく暑かったです。
爆音で有名な習志野高校ブラスバンド部の応援を見れたのは良い思い出であります。

一冊の本 十月号 巻頭随筆
で、講談社エッセイ賞を受賞してということで拙文を寄せさせていただきました。
いやもう本当に華やかな場が似合わない性分なので、胃の痛い九月でした。

考える人 2011秋号
特集 考える料理 
で、料理本アンケートに答えました。

クロワッサン 9月25日特大号 
年齢にとらわれない大人のおしゃれ塾
にて、
「年齢にとらわれなさす過ぎなひと」をイラストルポしました。
人の事はまったく言える立場にないわたくしでございます。すいません。
ババアが嫌われるこの国でございますから、居直って生きていくしかありません。
ルポの取材ではじめて銀座のフォーエバー21に入りました。
仰天しました。世間勉強になりました。ファストファッションも多様化しました。
どうとりいれるか、難しいところです。

小説トリッパー 2011秋号
特集 病を語る 
にて、インタビューを受けました。
「『生きていくこと』と切り離せない病」
インタビュアーは瀧井朝世さん。お世話になりました。うまくまとめていただいて感謝しております。


週刊金曜日 2011/10/7
にて
『アンアンのセックスできれいになれた?』北原みのり
の書評を書かせていただきました。
いやーこの本、面白かったです。四十代の女、あたしみたいなバブルの恩恵といえば円高くらいしかなかったひねくれバックパッカーですら
アンアンは特別な雑誌でしたからねー。
セックス特集に限らず、やっぱり受けた影響は計り知れず。
しかし時代の変遷とともに変わっていくのが雑誌というもの。
創刊からの変わり方(性についてのみ)を一気読みして、いろいろ考えさせられました。
特にこの十年くらいのセックス特集については。
二十年ぶりに逢った昔憧れてた男が加齢により大変容(どう、とはあえて言うまい)していた、
みたいな驚愕を味わいました。いや、この場合加齢したのは自分のほうなんだけどな。


文學界 2011年11月号
『癌だましい』山内令南
の書評をかかせていただきました。以前にブログでも紹介させていただきました。




ありがとうございました。
お知らせおそくなりましてすみません。
by riprigandpanic | 2011-10-09 16:12 | お知らせ

連載です

えーと授章式のこととか、広島のシンポジウムのこととか
書かねばならない事があるんですが、とりあえず、
新連載のお知らせを。

http://www.studio-iwato.com/okujo/category/magazine/uchizawa/

嘘つきはおしゃれのはじまり

というタイトルで、装いについてなど書き連ねることにしました。
読んでやってください。感想、リクエストなどありましたら編集部かツイッターに(ここはコメント不可にしておりますのは、あれこれチェックして回る手間を最小にしているためです。すみません)お願いします。

お洒落について書くものの、あんまり華麗な文章じゃありませんが、まあ許してください。

また少女漫画ネタでアレですが、ジョージ朝倉の「溺れるナイフ」という大好きな作品がありまして、そのなかで「服は、裏切らない!!」て買い物中に切れ気味に叫ぶ主人公のお母さんが出てきます。いや、裏切るんですけどね、服。でもこの言葉がものすごく好きです。服を着る事で、いろんなことを紛らわせてきましたよ。そういや先日は授章式に行くのに怖じ気づく気持ちを無理矢理あげるのに、服に助けてもらいましたっけね。ははは。そんなようなことを書いてます。

ウェブマガジン屋上。がんばってます。がんばろうね。
http://www.studio-iwato.com/okujo/
連載陣のなかであたしゃ最若手でした。恐れ多し。

イワト寄席もぜひチェックしてみてください。
http://www.studio-iwato.com/studio/

飼い喰いを出版したら、またここでなにかイベントをさせていただきたく……。
まずは仕上げないと。

あ、それと授章式。あわくってて、ほっとんど写真を撮っていません。
もし写真をお持ちの方、よろしかったら私に送っていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。
by riprigandpanic | 2011-09-13 21:10 | お知らせ

週刊誌、書店にまだあるかなー。

先週金曜日?売りの
週刊金曜日 にて

藤井誠二さんに「身体のいいなり」についてインタビューしていただきました。
インタビューが行われたのは、二月末くらい。震災前です。
分厚いカーディガンを着ており笑えます。

掲載されて良かったです。震災に揉まれたままお蔵入りになるのかと思った。
藤井さん、どうもありがとうございました。


それと
今週売りの
週刊SPA!  にて

タイ屠犬紀行
書かせてもらいました。結構長めに載ってます。
写真、イラスト、テキスト、入り。

織田さん、お世話になりました。
犬はかわいくて、かしこくて、おいしい生き物です。
by riprigandpanic | 2011-08-04 13:05 | お知らせ

週刊ポストで

週刊ポストで

秋葉原アダルトグッズデパート

イラストルポをかきました。
サワダさん、おつかれさまでした。ホントに。


記事を読んだ男性が、「身体のいいなり」をエロ本と間違ってポチって下さらないものかと、神に祈っているところです。

おもしろいとげんなりが同時進行する場所でありましたが、
ここで衝撃的な出会いがありました。
人間どこに出会いが転がっているかわかりませんね。
編集者男子にすがるような目で「この本、買っていい?」とおねだりしてしまいました。
この本。

エネマグラ教典―ドライ・オーガズム完全マニュアル

クーロン黒沢 / 太田出版




この二人の著者、おそらく様々な雑誌で長年ライターをされて来たのではないかと推察するのだが、
とにかく文章が面白い。わかりやすい。うまい。すごい。
いやまあともかく肛門にエネマグラというお道具を入れて上手に(かなりの技術とコツと修練が必要)前立腺を刺激すると射精をするよりぜんぜん気持ちいいですよというだけの話なのに、ここまで膨らますか!?というくらい、そこにまつわる世界を微にいり細に入り紹介したり、実験したり、話を聞きに行ったり。

感動しました。ノンフィクション賞ものだよ。さすがの九刷りだよ。

そして、ポストの記事としては書けなかったけど、
これはね、やはり革命だと思うんですよ。
男性が、射精から解放された性的快感を得る。
女性いらずになってしまうとか、そういうことではなくて。
そんな単純なことにはならないはずです。たぶん。

でも
ちょっとフェミ入った言い方をすれば、
男性が持つ、男性器至上主義の崩壊てんですか、
牙城が内側から崩壊して新しい世界が芽生えゆくような、
そこまで言うのはオーバーかもしれなくても、
女なら誰でも一回くらいはちょっとうっとうしいなと思う
あの男性器を巡るなにかが壊れていくんじゃないか?これは!!
そんな妄想があーしの脳内を駆け巡ったのです。
はい、あくまで妄想ですけど。

著者(どう読んでもヘテロ)がそんなことまで意図したかどうかは知らないけど。

それでもこの道具が前立腺マッサージのために開発されてからまだ十年くらい。
知らない人にはまるで知られないまま、ポチポチと愛用者が増加しているのかと思うと、
驚くよ、やっぱり。世の中そんなことになってたんかー!!と。

欲をいえば、エネマグラとゲイとの関係、などもルポって欲しかったです。

装丁、寄藤文平さん。めちゃくちゃうまい!!かっこいい!!
中の写真が一部粗すぎるのが残念ですが……。
by riprigandpanic | 2011-07-28 04:48 | お知らせ

トークのお知らせ@広島

9月3日に広島市安佐動物園で行われる

かわいいだけでいいのか
命をつたえる動物園

というとても魅力的な
シンポジウムで基調講演をいたします。

参加無料だそうです(入園料が必要)。ご興味のあるかた、お近くの方、ぜひいらしてください。
詳しくはこちら

講演は苦手なんですが、とてもいいお題をいただけて、久しぶりに燃えております。
展示動物と食肉動物、使役の中身はまるでちがいますが、やっぱりヒトが管理し、使役利用していることには変わりないと思います。動物園動物を愛するみなさん(私もですが)に動物とのつき合い方をさらに深く考えるきっかけとなるなにかをご提供できればと考えています。
by riprigandpanic | 2011-07-20 18:51 | お知らせ

トークのお知らせ

みなさんよかったらいらしてください。あーまーあたしは聴き手がいれば延々とやめろと言うまで喋り続けることができますが、一人で喋るのはそれほど得意ではありません。


ですので当日はもうなんでも質問してください。「ブログに書かないでね」って言って何でも喋ってしまうらしい某大作家さん(本人談)ほどの太っ腹ではないにせよ、聞かれたことには誠意を込めすぎるくらい込めて、「訊くんじゃなかった」と思うくらい暑苦しく答えるつもりです。ただしその場限りってことで。

それと当日拙著(どれでも)をお買い上げくださった方には、オリジナルハガキを差し上げたいと思います。ええ、モノで吊らないと不安な小心者ですみません。

---------------------------------------------------------------------

文庫版『世界屠畜紀行』発売記念

◆イラストルポライター 内澤旬子さん スライド&トークショー◆

「世界の屠畜と食肉を巡る旅」

----------------------------------------------------------------------

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)

内澤 旬子 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



文庫版『世界屠畜紀行』(角川文庫)の発売を記念して、イラストルポライターの
内澤旬子さんをお招きして、世界の知られざる食肉用動物の屠畜事情について
スライドを交えながらたっぷりと語っていただきます。誰もが普段食べている「肉」。
ただ、その「肉」が生きている動物の状態から一体どういう風に処理、加工されて
食卓に並んでいるのか?日本と世界の屠畜の違いとは?そこに興味を持った
内澤さんは、アメリカ、インド、エジプト、チェコ、モンゴル、バリ、韓国、東京、沖縄
など、世界の屠畜現場を徹底取材して本書を書き上げました。そんな内澤さんの
貴重な体験談を生で聞けるチャンスです。内澤さんのファンの方はもちろん、
世界の食肉文化に興味のある方はぜひご参加ください!


※トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。

------------------------------------------------------------------------

●内澤旬子(うちざわじゅんこ)

1967年東京都生まれ。ノンフィクション作家、イラストルポライター。緻密な画力と旺盛な
行動力で日本各地・世界各国を旅し、屠畜場のほか、図書館、トイレ、製本などの現場
を取材。著書に『世界屠畜紀行』(角川文庫)、『身体のいいなり』(朝日新聞出版)など。
現在、豚の飼育記録を雑誌『世界』に連載中。

◆内澤旬子ブログ「空礫絵日記」
http://kemonomici.exblog.jp/

-----------------------------------------------------------------------

【開催日時】  7月29日(金)   19:30 ~ (開場19:00)  

【参加費】   800円   ※当日、会場入口にてお支払い下さい

【会場】  旅の本屋のまど店内  
 
【申込み方法】 お電話、ファックス、e-mail、または直接ご来店のうえ、
 お申し込みください。TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp
 (お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
 
※定員になり次第締め切らせていただきます。

【お問い合わせ先】
 旅の本屋のまど TEL:03-5310-2627 (定休日:水曜日)
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
 http://www.nomad-books.co.jp

主催:旅の本屋のまど 
 協力:角川書店

おかげさまで定員に達したようです。立ち見でよろしければ、受付続行だそうです。ありがとうございました。
by riprigandpanic | 2011-07-18 21:12 | お知らせ

昨日発表になりましたが

「身体のいいなり」

このたび講談社エッセイ賞をいただきました。

身体のいいなり

内澤 旬子 / 朝日新聞出版




本当にありがとうございました。
うれしいです。
手にとって読んでくださった全ての方、そして一生懸命売ってくださった書店員のみなさまのおかげです。本当にありがとうございました。

今後ともよろしくおねがいいたします。
by riprigandpanic | 2011-07-16 13:45 | お知らせ