ご報告

かなり前のことになりますが。
滅多にやらない講演をいたしました。

日本豚病臨床研究会 第37回総会 第72回定例会

2017年5月19日 14:00~

「世界屠畜紀行」「飼い喰い」を通して


豚の獣医の先生方がメインの会でありました。

人前で喋るのもパワポも得意ではなく
仕事ものろいため
基本的にはお断りしている講演ですが、
とてもいい刺激を受けました。やはり少しはやらないとだめですね。

一応これまで考えてきたことをまとめてみたりできたので
よかったです。

関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

"我々"とくくっていいのかわかりませんが、
畜産の世界に足を突っ込んだ人間全員が、
一般消費者に対して抱える(抱えなきゃならないというか)

豚とトンカツの間をどう埋めるのか、どう伝えるのか

日々直面し、子供たち向けの授業をしている先生もいらしていて、
頭下がりました。
色々考えさせられました。

小豆島でわな猟をしながらヤギ五頭飼っていますと、講演にでることは
ホントーーーに難しいのですが。。。
また機会があったら(予定が合えばとも言いますが)
してみたいと思いました。

by riprigandpanic | 2017-08-10 09:13 | お知らせ


<< タラブックス 無事にクラウドファンディング終... >>