なにをしたとて

なんだかいろいろ書きたいことがあるような気もしますが
書き出すと仕事にならないので書いてません。


福島の友人、裕子ちゃんは今日メールをもらえて、無事がわかって嬉しかった。
ありがとう。


さて。

付き合いのある方はご存知のとおり、
あたしはものすごくへんくつで狭量な人間であります。
とても怒りっぽいし、
気にしいでもある。
心弱くて落ち込むのが怖いので、
自分の名前をグーグルに入れて検索すらできません。

今回の地震以来、東京にいて、テレビを見て、ネットを見て、
怒ったり、泣いたり、ぐったりしたりしております。
ほとんどのひとがそうでしょう。

がっかりすることもとても多い。
これが実は一番しんどい。

でも
なんというか、今回だけは
あまりピリピリとしてはいかんと自戒しております。
怒ったり失望したりしないように
しようと思います。

節電も買い占めしないこともできるだけできる範囲でがんばってますが
まあそれはなんというか、当然のこと。あんまり苦じゃない。
厚着して肩は凝るけど。

なにより自分にとって難しいのは、
さまざまな人の行動や言動に
苛つかないこと。怒らないこと。ひとまず受け入れること。

まあ普段からそうしてれば、よかったと思わなくもないんですが。
瞬間湯沸かし器くらいすぐに怒るからなー自分。大人げない。


怒っているひとの言説にすぐ同調しないこと。難しいです。
もっともだーっと思うことも多いです。
人に会わなければ、テレビをみなければ、ネットを開かなければ、簡単なのですが、
そういうわけにもいきません。

怒りの感情、負の感情を拡散させたくないです。
まーだからといって、ペラペラなお涙ちょうだい的なというかなんつーか
適当にぼかしますが、そういうものをばっこんばっこん鼓舞したりするのも
どうも腑に落ちないんですけどね。


それぞれ被災のしかたが違うので、物心立ち直るスピードも違うはず。
東京とて被災したわけだけど、東北地方とは比べ物にならない。
この差はこの先もずっと埋められないわけで、
基本的には家や家族をなくし凍えているひとの
気持ちになることは、なりかわることは、できない。
長く長く、だれも報道しなくなってからもずっと、
たかが知れてるかもしれないけれど、サポートしつづけていく。
忘れないでつづける。それくらいしかできません。
でもそれだってかなり体力気力のいることですから。
ホントは財力もあったほうがいい。つかそれが一番肝要。


まずは自分をしっかり保つためにも、ムカッとしたら鼻から深呼吸。すはー。





ラジオ深夜便で拙著を朗読紹介していただくのは21日は中止となりました。
翌月に延期になる予定。
くわしい日にちがわかりしだいお知らせします。
by riprigandpanic | 2011-03-19 01:46 | どうでもいい日常


<< トークのお知らせ お願いというかおすすめというか >>