たまには

えーと
たまにはヨガのことなどをば。

拙著に関するインタビューでよく聞かれたりして、
字数の関係でちゃんと説明しきれなかったりしてまして。


業界用語バリバリですのでどうぞ知らない方はクラクラしてください。
ヨガのサイトに行けばそれなりに説明がのってますから、説明は省きます。
自分も実はあんまりよく知りません。単純に五年間からだ動かして
気持ちいいと感じるクラスをリピートしてるだけです。





本では「ヨガおすすめ本」的にしたくなかったということもあって、
なにをやってるのか、あんまりくわしく書きませんでした。

なにヨガがいいのかとよく聞かれますが、
まあいろいろ片っ端からやってみて、
気持ちいいものをやればいいんじゃないかと思います。
身体に聞くのが一番です。
ヨガが気持ちよくない人もいるかもしれないし。
あたしと太極拳みたいに悪くはないけどいまいち相性がという場合もあるでしょう。

自分は、パワーヨガとヴィニヤサ(ヴィンヤサとも表記されてる)ヨガを
今受講してます。いちおう中上級と表記されてるところ。
まあ気がついたら五年やっておりますから。
しかし最初は筋肉ゼロに近かったんで運動的要素の少なめのハタヨガから始めました。
当時はハタヨガという名前も知らなかったんだけど。

アシュタンガも一応ハーフプライマリーはそこそこ受けたんですが
いまのところ挫折。全然できてませんが、レッスンについて行けないというところは超えたんで
放置。アシュタンガをかじった理由は、アーサナの順番がどの先生でもまるっきり同じなので、
インストラクターの説明が理解できなくてもなんとかできるから。ということは、
海外に行ったときにヨガスタジオに行くのに便利ってことです。
アシュタンガならスペイン語でもフランス語でもなんとか受けられるな。
ヴィニヤサは先生によって組み立て方が全然違うから、さすがに言語が違うと二拍は遅れてしまうかも。

ただ、好みから言うと、ヴィニヤサとかフローとかつくヨガの方が、楽しくて好きです。先生の個性もすごく出るし。アシュタンガよりはゆっくりなんで、呼吸を身体のすみずみまで入れられるような気がするし。身体の動かし方と呼吸の行く先のイメージがしやすい。あくまでも自分の実感ですから念のため。

インストラクターの先生からすれば、あんまり理想的な生徒でなくて
申し訳ないんですが、複数のスタジオで、んーと、六人くらいの先生のレッスンを
回遊してます。ドロップインといって現金払い方式があるスタジオばっかりです。
チケットより割高になるんでさすがに行き過ぎると経済的に厳しくなりまして、
一つのスタジオだけ回数券を持ってる。
足りない分は家でDVD。
だいたいブライアン・ケストのパワーヨガってやつの発汗コースをやってます。
千葉にいたときはこれだけでしのいだ。
ただDVDでだけやってるとどんどんクセがつくような気がして
東京にもどってきてからはスタジオに行くようにはしてます。あとどうしても動かさない部分というものがでてきてしまうので同じのばかりやってるのはちょっと。
ヴィニヤサのレッスンの場合、たいていの先生が一ヶ月ごとにアーサナの組み合わせを基本は同じでも後半部分などを少しずつ変えて、身体のすみずみ動かせるように考えてくださってます。



おんなじアーサナでもここを意識してといわれる身体の部分に意識を向けて体重かけたり、引き上げたり、内旋させたり、開いたり、ぐっとふんばったり、すると、ぜんぜん違うものになるんですわ。あれ、いままでなにやってたんだと思うことたびたび。

身体は腰痛が長いんで、股関節が固いですあたしは。なかなか開きません。五年前よりは開くようになりましたが、180度には遠い。それでもまあそれなりにできます。固いからできないということはないです。自分が気持ちよくのばせるところまででいいと、しつこく言われますから。
それと圧倒的に上腕と胸部の筋力がないかな。腕立て伏せのようなチャトランガからそのままぐっと腕のばして反り返るところまでつぶれずに身体浮かしたままながせるようになったのはほんとにごく最近です。もちろんいまも完全にできてるとはまるっきり言いがたい。

なんて書くとすごーく熱心にやってるように思われますが、
DVDでやることはありますが、ひとつのアーサナをみっちり練習したりすることはほとんどないです。できるようになることはそれほど大事ではなくて、一時間半くらい気持ちよくやって、身体が気持ちよくなることを、優先してます。

ヨガやって身体が変わったことは本に書いたんで繰り返しませんが、
生まれてはじめて運動をして筋肉をつけたわけなので、携帯電話からのSNSに出会っちゃった言論統制のきつい国の民、みたいに革命的でした。他の運動をまともにやったためしがほんっとうに皆無なので、比べようがないのであしからず。

そんなところでしょうか。

rikako先生、本紹介してくださってありがとうございますー。恐縮です。
またぐるんぐるんに流れるレッスンを受けに行きますねー。

http://ameblo.jp/rikrikako/entry-10788407776.html
by riprigandpanic | 2011-02-18 00:19 | どうでもいい日常


<< さてどこにいけばいいのだろう ながらく >>