「ほっ」と。キャンペーン

昨日は

昨日の
東京堂書店のトークショー
無事に終わりました。来ていただいたみなさま、本当にありがとうございました。

そして大竹聡さん、お相手していただきまして
ありがとうございました。
絶妙な間合いと返しの人なのではと思ってたんだけどやっぱりそうでした。
タモリ倶楽部はどうして大竹さんのトークを切っちゃうのー。
あたしはずっとなんで大竹さんはテレビに出ると喋らないのかなあとおもってたんですが、
カットされてると聞いてびっくりでした。
しかしやっぱりお酒を飲み続けられるひとって丈夫だし能力が高い人だと思いました。
あたしなんて飲めるようになったっつっても連日飲むとすぐへたりますから。

それと本の中に登場する操体をしてくださった平野公子さんにもすこしだけ喋っていただきました。
平野さん、やっぱりあたしが操体を疑ってるのを知ってて、それも含めて面白いとおもって施術してくださったことが発覚。ば、ばれてたんだ……ですよね。。。
東洋系のという言い方も大雑把ですが、こういう施術は相手との関係性と、その施術を信じるかどうかの両方が、効果に大きく左右する。技術だけの問題ではないというか。
だからこそ胡散臭いと思う人もいるし。いや、ありがとうございました。

さて、
本日発売の
AERA
週刊朝日

今週発売の
週刊文春



『身体のいいなり』著者インタビューが載ります。
んがー。たくさんインタビューしていただきまして、ありがとうございます。


それぞれインタビュイーの切り口が違いますので良かったら比べてみてください。
いろいろな読み方をしていただけるのは嬉しいものです。
この本は今まで(ちょっとだけですけど)書いたどの本よりも、感想がバラバラです。
読む人によって反応する場所が全然違うようです。
すごく面白い体験です。

あ、それと小説すばる二月号にも
東えりかさんが、書評書いてくださいました。

東さん、本当にありがとうございました。
by riprigandpanic | 2011-01-24 23:24 | お知らせ


<< あした、トークに呼ばれてます。 明日というか今日、トークです >>