「ほっ」と。キャンペーン

ラジオで


昨晩TBSラジオdigに呼ばれて出演してまいりました。
聞いて下さったみなさま、ありがとうございました。
生で振られるにはいろいろ難しいネタでありましたが、
あたたかなご感想をいただきまして、肝もケツの穴も小さなあたしでございますが
これからも少しは勇気をふるってこの問題について
喋る機会があったらしゃべらせていただこうと思いました。
食肉問題じゃないネタで話してくれという
ご要望があればそれにももちろん。
藤木TDCさん、外山恵理さん、そしてゲストの藤井誠二さん、
スタッフのみなさん、御世話になりました。
ありがとうございました。
c0190053_22454363.jpg

写真はスタジオの中にある、ツィッタープリンター。
タオル巻いてあるのは稼働音がうるさいためなんだそうで、本番中はもっときっちり
巻かれてました。包まれていたと言った方がいいかな。
レストランの注文とかにも使われてるプリンターなんだそうで、きっとそれを
番組ツイートをプリントするようになにかをカスタマイズしたんでしょう。
ざっくりな説明ですんません。
世の中こんなことになっとったんですか!!と一人でカルチャーショック。
nhkのお昼の番組とか、ファックスで続々となんつうのを見ていたんですがね
ファクスで感想が来るのは今とても珍しいそうで。
プリンタの横に積まれている細長い紙全部ツイートみたいです。
すごい量ですこと。瞬時にスタッフの方がチェックされてました。


モツ流行中の話題から部落差別までを一時間半くらいのあいだにわかりやすくお伝えするのは
修行が足りないため、非常にむずかしかったです。
ご一緒したゲストのノンフィクション作家の藤井誠二さんが
実にすばらしいトークをしてくださいました。
彼のようなしっかりした頭脳明晰な大人になりたかったです。
二つしか違わないちゅうのに、なんであたしはこないにアホでわからずやなのかと。

今更興味のある方にはもっと突っ込んで知りたいと
いうところもあったでしょうし、まるっきり部落差別について知らない方には一体何のことか
よくわからなかったということもあるかもしれません。

屠畜という仕事に限って、しかも日本の取材地は屠畜場差別と部落問題が直結している
関西ではなく東京ですが、
もしご興味を持っていただけたら、拙著『世界屠畜紀行』(解放出版社)を
読んでくだされば幸いです。

世界屠畜紀行

内澤 旬子 / 解放出版社



前著をまとめるにあたっては、意図的に屠畜の工程や技術的な問題と
海外との比較にスポットを当ててあります。家畜の生命を奪うことへの畏怖感、感情移入は、
ほぼゼロで書ききっています。そこまでいくと自分の収拾がつかなくなると思ったので。
子どもの時は外科医志望していたくらいなんで
もともと普通のひとよりは希薄というのもありますが
目の前で行われる職人、作業員、普通の人たちの技術に夢中になったこと、
それからやっぱり
彼らの前で恐怖感を膨らませることは失礼にあたるという潜在意識もあったと思います。
根がバックパッカーなんで、その場の空気にすぐなじんでしまうため、その場であたりまえに
行われていることにあんまりびっくりしたり拒絶したりしないんです。

とはいえ、やっぱりそこもちゃんと考えないといかん。
書かずに終われるかっちゅうくらいの意地はあります。あーしにも。
というわけで、屠畜紀行の続きを書いております。
前著で敢えてペンディングにした部分に
突っ込んでいっております。角川書店の『野性時代』にて連載しております。
たぶん単行本時に大幅書き加え直し
すると思うんで、単行本になるまで気長にお待ちください。よろしくお願いします。


番組中最後の方で話した豚を飼ってつぶして
(自家屠畜は許されてませんので屠畜場に屠畜は委託してます)
食べた話は
月刊世界で『飼い喰い』
というタイトルで連載してますのでよかったらそちらも。
こちらの方がでるのが先で来年春刊行めざしてます。

あ、番組の話とずれますが、
『身体のいいなり』という自分のこの五年の乳癌発見、全摘出、乳房再建にいたるあいだに
人生で一番体調良く、元気になってしまったという、
自分でもよくわからんこんがらがった意味不明な
身体変化(とともになぜか仕事が激増というありがたやなことも)
にまつわる話を、年内に刊行します。
ええ、いまだに他人の身体に自分の脳をまるごと移植したんじゃないか
っつうくらい身体が元気という異和感におののいてます。
一応癌キャリアなのに。
ちなみに脳は愚図でのろまで虚弱なままです。

そのため鋭意作業中です。
こちらもよろしくお願いします。
by riprigandpanic | 2010-10-21 22:45 | お知らせ


<< 流れの外にいたりいなかったり でます…… >>