なつめのようなものをかたずけ食べ中

黒豚革の手帖に

家に巣食うさまざまなものを捨ててる話を書いておりますが

書ききれないほど捨て続けています。でもまだ全然処理し切れていません。

先日来どうも調子が悪かったんですが
それは衣装ケースの買い替えサイズ替え入れ替えを行ったために
粗大ゴミに出すプラケースが部屋に陣取っていたせいだったようです。
捨てたとたんに
身体が軽くなったー。肩こり治るし。まあお灸とヨガのせいかもしれないけど。

しかし服って体積計算して引き出しを買い替えたりできるものなのですね。
びっくりだ。ああもうどんどん部屋から出っ張りが消えていき、消えるたびに
身も心も軽くなる。これはいったいなんなんだろうか。

病気なのかなあ。不思議だ。

よくわからないままにとにかく捨て続けているのでした。

しかしもうすぐ十八キロの大物がうちに来る。
ええ、屠友Gさんからオルガンキーボードを借り受けるのです。

実は四月に人生でもはやコレを抜く出会いはないという出会いがありまして
以来ズーーーーーーット彼の音楽を聴き続けている。もう中毒。
今までまるで聴いたことがなかったあーしが珍しいんでしょうけど、
んーでも名前で聴かなくて良かったのかなあとも思うのでした。
狂ったようにバッハの受難曲ばっかりきいてて、なんだかフーガも聴きたくなって、
手を出した

グレングールド

あーしがバッハのバッハ的なる所の髄と思うところ、そこはもはや言葉で到達できない
この世の闇と光の掟のようなものなんですけど、
そこを狙いすましたかのように弾くんだ。この人バッハなんじゃないかな

名前は知ってても
グールドのことを何も知らなかったというか、知ろうとしなかったんで
カルチャーショックなんてもんじゃないです。
呻く人なんだってこともしらなかったし、

ちょうどNHK教育でscholaという番組でバッハをやってて、非常に勉強になったのでした。

久しぶりに脳から涎がたれるくらい幸せに聴きまくっているわけです。

で、とうとう調子に乗って
あーしの脳波をもっと気持ちよくしたくなり
自分で弾いてみたくなったということです。
ずーーーーっと同じ曲でいいからさ、ずーーーーっと弾いてれば、
弾けるようになるんじゃないかなあと思って。
グールドが弾くような感じに。
いえ、無理かもしれなくてもいいんですよ。
ひとりでヘッドホンつけて完成された音の和を聴いてるだけでたぶん幸せ。
無人島に何を持っていくかときかれたら、本じゃないよもう、電源の問題がクリアになるなら
グレングールドのフーガを持っていきますよ。

で、カール・リヒターのマタイも聴いてます。これははじめどうかと思ったけどやはりいいわ。名盤と言われるだけありますね。
by riprigandpanic | 2010-06-29 02:41 | どうでもいい日常


<< なんなんなんば お灸すえた >>