まるですべて今更などうでもいい感想

ビバリーヒルズ高校白書 は 同時期にきっちりみておくべきであった。ドナの顔しか覚えてない。自分には四十代女子が持つアメリカ観形成アイテムが足りてない!  大草原の小さな家もみたことないし。ついでにカナダだが赤毛のアンも読んでねえよ !

松本隆の番組を見て、
デビュー当時からあの存在がこっぱずかしくてほとんどクチにできなかった松田聖子の歌を歌ったところ、結構歌詞が頭に入っていてびっくり。およそ三十年を経て降参。どうにもこうにも天才です。名曲ばかりですわ。ま、ババアになるといろいろどうでもよくなるので、リリカルすぎて前頭葉が茹だるわ!という歌もへいきのへーで歌えるものなんですね。

土曜のドラマ「チェイス 国税捜査官」はとてもよかったのだが、脚本が「mother」と同じ人であることを知って、凄い人はやっぱり働き者なんだなあとしみじみ思う。

そして「チェイス」のARATAもそうだったんですが、最近もみあげあたりをざっくり剃った髪型の男子が増えていますね。モードなんですね。テクノカットを思い出して動悸息切れが。慣れるまで時間を下さい。

東京新聞に週一連載されている辺見庸のエッセイが凄い。抜き身の刃の上に座ってるみたいだ。

最近、平子理沙が三十九歳であることを知り、しかも吉田栄作と結婚していることを知り、なにか世の中の床がギギンギギンと回り動いているような恐怖を感じる。ギャルなんだとばかり思ってました……。いえ、ギャルに年齢制限はないってことになったんですか。は、いえ、異論などめっそうもございません。はい。

いやはやえだのくんとスティーブ・アーウィン号ばかり見てちゃいけないのかなーと激しく反省。とはいえ昨日ようやくはじめて東方神起というグループの歌と踊りを見たのだが、一分もたずにテレビを消した。

なにかいろいろ遠い気がする。サッカーなんて、三途の川のあっち側くらいわからない。
by riprigandpanic | 2010-06-14 02:04 | どうでもいい日常


<< 載ってます ゲイっていれたら一番にくじらが... >>