「ほっ」と。キャンペーン

まるで出歩かないのもなあ

きれいな丸い月を自宅ベランダから見ました。自宅で月の出見るのもいいものです。

えーとお知らせおそくなってすみません。地元大先輩である森まゆみさんの『東京ひがし案内』にイラストをかかせていただきました。

東京ひがし案内 (ちくま文庫)

森 まゆみ / 筑摩書房



原稿を拝読して森さんの歩いたコースをてけてけ歩いてイラストをつけました。地図はさとちゃんこと川原理子さん。森さんの長女です。はじめてお逢いした時はまだ大学生だったんだよねー確か。巻末には三人の鼎談まで載せていただきました。いま読み返してますけど、まさに放談て感じですわ。森さんはホントに気さくな方なんでつい甘えてしまいます。すいませんホント。でも楽しかったですけど……。

えー都民になってから十年以上経つんですが、鼎談でも申しておりますが、やはりいつまでたってもよそ者感が抜けません。田舎からえいやとでてくる人のほうが馴染みが早いんじゃないでしょうか、東京。公団団地生まれのぺらぺらの郊外育ちの人間は、いつまでたっても郊外根性が抜けません。さらにあーしは実はとんでもなく街みしりがはげしいんですわ。これはなんなんでしょうかね。鎌倉横浜の人の特性でもあるのかなとも思います。違うか。不忍ブックストリートに住んでても八年くらいはなーかなか慣れなかった。イラストマップを作らせてもらってようやく土地勘がでたくらいだもんなあ。

だからこのお仕事であらためて東京回らせてもらいましたね。ほんと、ありがとうございました。森さんはやっぱりすごいっすよ。十年単位でその場所の地図が幾層にも脳内に入ってる感じ。街に歴史ありなんですよね。特にひがし東京は。原稿を読んでうっすらとですが地域感覚がわかるようになりました。ありがとうございました。

で、森さん、いつになったら
J寿司に連れてってくれるんすか……。


まち歩きついでに木村衣有子さんから送っていただいたこの本。

大阪のぞき

木村 衣有子 / 京阪神Lマガジン



ありがとうございます。

本当に木村さんは街歩きがお好きなんだなあといつも感服しております。
先日あーしは三ノ宮に宿をとって大阪に通っていたんですが、くったくたになりました。京阪神、電車わかんねーんだよ。取材帰りにこんなお店行きたかったよなあ。一応北堀江や三ノ宮で買い物して甘いもんでも喰いまくったれと思ってたんですが、もう電車だけでぐったりと挫折。行ったところ三ノ宮のローソンとガード下の純喫茶とサンマルクカフェだけっす。一週間以上いて。夜はビジホでテレビ見てましたとさ。ホントーに心からのらくら者です。海外てけてけ行ってるから街歩きが好きなんだと思われてますが、基本的に一回曲がっただけで地図を見直さなければならないくらいの地理音痴なんです。しかも歩くのが嫌い。たまーにむくむくとやる気になりますが、ごく稀です。デリーだけはなんだかやる気になって路線バスだけでどこまで行けるかなんてやってましたっけ。そうだよ歩かなけりゃいいんだからバスとか路面電車で行けるところがいいのさ。

木村さんが紹介する施設や店は、どこもなつかしくも古臭くも古びないようなところばかり。写真見るだけでこりゃぜったいおいしいんだろうなと思うのです。問題はここに書いてある店にたどり着ける日はおそらく永久に来ないんじゃないかということっすね。飯屋もカフェもお菓子屋も、大好きなんですが、基本的に目的地の通り道にないかぎり寄らないという、寄り道嫌いなんで。いやでも来月も大阪取材ですが、一軒くらいは寄りたいです。寄ってみます。がんばって。ううううう。
by riprigandpanic | 2010-05-27 21:46 | お知らせ


<< ビビってます お気に入りの >>