黒焦げのままうっとり

あーしのよんじゅうさんかいめのたんじょうび、にちなんで
というかかこつけて、ここぞとばかりに
えーいかっちゃえかっちゃえ、こうがんざいちょきんなんてしゃらくせえわー、うっとうしいわー。のたれじにしてやるー
きゃはははははは。
と、ちょっとどころかかなりくるっくるにとちくるいまして、






Phoebe Philoさまにありがねをささげてしまいましたとさ………。
ぎゃあああああああああ(楳図かずお風にほうれい線を左右三本ずつ添えて)

ええ、ちょっとわざとそのあたりに興味ある方にだけわかるようにぼかして書いております。ごめんなさい。
三人くらいの方(絶対女子ね)は珈琲をどぶっと吹き出したと思います。
すみません。なんのことだかわからない?
あ、わからないままで。どうせくだらないことですから。ありもしないのに無駄金を使ったので、税金とか、延滞するかもしれないとか、そんなことです。失礼しました。


いや、でも、その、ちょっと、
惚れちゃったんだもー。かっこいいんだもー。ハンサムなんだもー。ひさしぶりに神を見てしまったんだもー。

クロエのバッグには全然まったくときめかなかったんだが脳。

シフォンとかギャザーとゆるふわとかレースとかホントにもう飽き飽きしてたんだもーん。
by riprigandpanic | 2010-03-16 21:47 | どうでもいい日常


<< 春雨瀟瀟 つけてきたものとついてきたもの >>