眠り浅く

久しぶりに夢を見る

おお、昔はよく見たもんだった。とてもリアルなやつ。

しかし寝る前に上田秋成を読んでいた為なのか
すげー恐い夢となり、いや途中ふわふわ宙に浮いたり八階ビルの屋上に建ってるバラックに壁から登って窓から侵入した。中は畳三畳の和室でした。いろいろ楽しかったんですが、とにかくまがまがしくも恐い幕切れとなる。

私は大抵夢でみる間取りが忘れられない。

ていうか夢でいつも間取りチェックしてるような気がする。前に住んでいた家だったとか、夢に何度もでてくる家だとか、住んでる所に部屋がひとつ増えている事を発見したとか、そういう夢がそして忘れられない。それにしてもビルの屋上に建っているバラックは大好きなのだが、夢に出てきたのははじめてでした。中が和室で和装の男性が住んでいたというのも意外だったなあー。いや、夢に意外もなにもないんだが。旧知の、温和そうな気の小さそうな坊主頭の人であるのだが、起きてみるとそれが誰なのか見当もつかない他人であった。

それにしてもやはり一度は不動産仲介業をやってみたかった。
by riprigandpanic | 2010-03-12 03:55 | どうでもいい日常


<< 樹脂をのせる/はずす そういえば >>