いろいろ治らない

左足のねん挫が治らない。
よがの先生にごきゅっとやられて、ねんざと気がつくのに二週間はかかった、不思議なねん挫です。
しかしあのきついアジャスト以外、なんにも思い当たることがない。ちょっときつめに縛っとくと特に大丈夫なのだが胡坐がかけない。

そのためよがを一カ月以上休んでいたら、どんどん眠りが浅くなって、どんどん身体が腐っていくのであります。身体が腐ると心も腐ります。腐れダメループに突入。してる場合ではない!!三月なのだから!!!


とはいえ

胃も壊しまくってます。

身体も冷えまくってます。

というわけで
粉末のしょうが湯あるじゃないですか。あれを入れてライスプディングを作った。白ワインとオリゴ糖とプルーン二粒と大豆でできた偽肉フレークも入れた。ご飯はもともと玄米まじりの炊飯器にあまってるやつを。


結構いけました。

昔からドリトル先生とか洋物の児童文学を読むたびにライスプディングなるものにひっジョーに心揺さぶられていたんですが、以前になんだっけ、なんかお伽噺に出てくるお菓子のレシピを書いた本とかでたときに、クラスメートにレシピまわしてもらいました。それで実際に作ったらものすごくまずくてがっかりして二度と喰うものかと思ったのでした。

なぜか今宵はうまいです。やっぱり決め手はしょうが湯粉末なのではと。それと牛乳を入れないことか。

エコとか節約とかあーしはでえきれーなんだよ!!という文章をこれから書こうかというのに、
ちまちまと戸棚にくすぶる賞味期限切れまくりの残り物いただきものを消費しているあーしです。隣のコンビニにいくのも寒くて嫌だというのもあるんです。

あああホントになんで塩昆布がこんなにたくさんあるんだよ!!
何杯茶づけを食わねばならんのじゃ!!
by riprigandpanic | 2010-03-10 01:38 | どうでもいい日常


<< そういえば もうすぐ >>