これは

もう二ページ読んだだけで

わしづかみにされましたがな。

これはすごいです。

あまりにも気に入ったので先に進むのが怖い。
いや、書かねばならない原稿が詰まっているという理由もありますが、
落ちが残念だったらすごく落ち込むなり怒るなりしてしまいそうで、怖い。

なによりなんだろうなあガムを噛み続けるみたいに
この言い回しとか文体とかにずっと振り回されていたい。
それで廃人になってもいい。

とにかく読み終わりたくないよこれ。

小説でこんな揺さぶられたの、久しぶりだー。ううう。

増大派に告ぐ

小田 雅久仁 / 新潮社


by riprigandpanic | 2010-01-24 13:27 | ほんっ


<< プノンペン便り 帯広に行くのに赤羽には行けない不思議 >>