はやくはやくと思っても、

全然原稿が進まない。

そしてなぜか筋力だけがついてゆく(笑)。
今日は首の後ろと肩甲骨のまわりが筋肉痛だなあ。

一冊の本
「身体のいいなり」
書いたそばから書いたことを忘れがちで(だって忘れたいことばっかりなんだもん)
困るので某カフェの紙ナプキンに発病以来の自分年表を書きだしてみた。
手術と投薬とハードめの連載と海外取材などなど。

驚いた。




くるっくるは、あーしだよ。なんだ、これ。なんでこんなに手術終わる前から忙しいんだ??
珈琲ちょろっと口から垂れちゃった。






かっこよく言えば生き急いでる。
普通に言えば、頭やられてる。

気持ちのどっかで先、長くねえなと思ってんのかなあと、
はじめて考えてみましたが、
よくわかんね。考えてもしょうがない。
単純に仕事の依頼をいただいたら反射的に受けるのがフリーの性だから、そういうふうに回り始めてしまっただけなのだとも言えるけど。ありがたい状況がいつぱたりとひっくり返るのかもわからないのもまあ何度もそんな目に遭ってるからわかってるから余計になあ。


いつもいつもジリジリしてんですよねえ。病気になってからこっち。
はやくはやくと思い続けてて、しかしその割には手はのろのろかもしれませんけどいやまあそれでもこれまでの仕事量から比べれば、随分早く書けるようになったよなあ。でもできてることは、少ない。でまたジリジリ。

来年こそはうまいことバランスをとって、このじりじりからは解放されたいなあ。

さらに南米あたりでだらだら散歩して、現地しか売ってないアグアルデンテとか、ヨーロッパから流れてきたマールとかフィーヌとかのぎょぎょっと古くて美味いヴィンテージのとか、発掘してまわって、飲んだくれて
スペイン語でもダラダラ習いたいものです。ついでに酒日本に持って帰ってきてひと儲けしたい。
はははは(ちょっと空しくなってきた)。


もうすぐ同じ時期に似たような病気を患ってて死んだ友人の命日が来る。
まだ二年しか経ってないんだなあ。信じられない。


六年くらいまえのことのように思える。


彼岸でたのしくやっているだろうか。
by riprigandpanic | 2009-12-30 00:50 | どうでもいい日常


<< 大晦日の満月 十一夜 >>