すいません逃避がてらの告知です

以下、モクローのブログからコピーです。
ああ、来月6日の沖縄名護でのトークも告知打ちたいんですけど、あわあわしていてなかなか打てない。すんません。。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第2回モクローくん大感謝祭」のトーク2に出演を予定されていた黒岩比佐子さんが、都合で出演できなくなりましたので、急遽、出演者とテーマを変更します。突然の依頼に応えてくださった栗原さんと、なぜか「そのテーマなら喋りたい」と入ってきた内澤さんです。すでに予約済みの方には、ほうろうから連絡が行くと思います。よろしくお願いします。



第2回モクローくん大感謝祭

◎トーク2 なぜか、原稿料の話



栗原裕一郎(ライター)

内澤旬子(イラストルポライター)

南陀楼綾繁



原稿料はなぜ何十年も上がらないのか? 原稿料の歴史から、この摩訶不思議なシステムの謎に迫る。出版危機、雑誌休刊ラッシュの今後、原稿料とわれわれのゆくえは? いつの間にか因果な生き方を選んでしまったフリーの物書きの現状を赤裸々に語ります。担当編集者は入場禁止!?



12月17日(木)

開場18:30/開演19:00

入場料 1000円(飲み物持込み可)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


一応新刊刊行記念のトークなんだから、あんまりみんなが凍り付くようなこと、言わないでと
言われてます。

それってあーしが左腕痛くて仕事復帰できるかどうかもわかんなくて貧困にあえいで闘病していたときにあんたが喰わしてくれもせずに勤めも辞めて好き勝手やってこの本ができたとかそういうこと??って聞いたらうつむいてました。

地の果てまででもはいずりまわって売ってこい、増刷かかるまで帰って来んな、それで印税あーしによこせ、ばーかばーか、とか、そういう泥試合、いえ、トークをするのでなくて、
えーと、なんだっけ、あ、原稿料の話なんだそうです。はいはい。勝手に吠えていいそうなんで、コールタールよりも黒くよどんでねじれた原稿料争奪秘話を話そうかと思います。ま、なんだかんだいってあーしも姑息なフリーなのでお仕事が今後もいただける程度にしか喋りませんから、大したことないかもしれませんけど。
栗原さんとお会いするのは初めてです。いじめないでくださいね(笑)。
by riprigandpanic | 2009-11-19 19:47 | お知らせ


<< 原因がよくわからないけどいろいろある 湧くね、いろいろ >>