知らなかった

某チョコクロがおいしいカフェを仕事部屋代わりにしています。夜十時までだし。
うちの仕事場いつ片付くのかわかんないし。

しかしここのカフェが寒いのです。絶対長居させないようにしているとしか思えないのです。
ええとあーしは気が小さいので長く居座る時はちゃんとドリンク二杯飲みますよ。それなのにこの仕打ちはないよう。といいつつあーしも後がないですからね。今日は羊の毛皮のストール持って行きましたよ。ひざにかけてぱちぱち打ってますよ。



新潮社資料室で取材。
のついでに限定本を見せていただく。えーこんなのも頒布してたんですかい。えーえーえー。全然知られてないじゃないですか。装丁室の方がデザイン指定したんですか。布だか和紙だかわかんない素材にどうやって印刷したのかなあ。いや、シルクなのかなあ。凄いじゃないですかこれ。
と、ひとしきり大騒ぎ。すいません。目の保養させていただきました。

目当ては十万部越えたらつくられる特別装丁本の第一号だったのですけどね。はい。
Q(といえばアレです。わかりますよね)の革装丁もついでに見せてもらいました。売れない売れないってゆうけど、十万部越える本もまだまだあるのだなあと、うらやましいより嬉しいが先に立つ。







で、また
某カフェに戻ってきてぱちぱちしてます。バイトよりも長居してるか。のあああああ。
by riprigandpanic | 2009-10-26 20:41 | どうでもいい日常


<< 一日一捨 捨てて捨てて捨てて捨てるそして... >>