探検部に入っておけば




◆ ◆
内澤旬子と三匹の豚
◆ ◆




内澤旬子が春から育てた三匹の豚は9月15日食肉になります。
フランス、韓国、タイの料理に調理され、さらに加工品、なま肉も販売
するというちょっとわけはわからないが、なんとも愉快な会を開きます。
せっかくですので、お客様を150人はお呼びしたいと考えています。

9月29日(火)5時から10時まで。お好きな時間にお立ち寄り下さ
い。
お出でいただく場合は受付で入場料2500円お支払いいただき、
好きなだけ召し上がってください。
ただし、お酒とお持ち帰り食品は別料金です。

なお、会場ではイワトひょうげん塾「映画を作ろう!」班の男子5人が、
内澤さん+三匹を撮影してきた映像を流します。
当日は式次第があるわけではありません。内澤さんは会場にいますが、
トークイベントはしません。ただひたすら食べたり飲んだりワーワーす
る日です。
それでよろしければ是非是非ゼシゼシ。

予約お問い合わせ(予約面倒な人はしなくてもOK)
シアターイワト http://www.theatre-iwato.com/(場所は地図
見てね)
平野公子 haru@jazz.email.ne.jp 
携帯08054523165
(劇場電話には電話しないでね)


みなさまのブログにコピペ大歓迎です。一応知らせてくださいね。よろしくお願いします。



台風直撃中の豚小屋です。
なんだかよくわからないまま、ナイロンの縄でぐるぐるとブルーシートを巻きつけるあたし。何度も吹っ飛ぶんで何度も縛りなおしてます。やる気のなさがにじみ出た姿になってます。もういいかげんやめようかな。毎度ぐしょぬれになるし。風邪ひいて寝込んでる最中なのに。

こんなことならガールスカウトに入っておけばよかった。
いや、大学で探検部に入っておけば、もやい結びとか、なんだかよくわからないけど、ほどけない縄の結び方を習えたのではないだろうか。

なぜならば、うちの風呂場の壁の紐がやけに綺麗に縛ってあるのだ。
作ってくださった杉江さん、高野さん、宮田さんのうち、だれかが縄の縛り方に精通しているとおもわれる。だれなんだ。常識で考えると探検部上がりのの高野さんではないかと思うのだが、なんだか高野さんが現地できっちり縄を結んでいる姿が全然想像できない。杉江さんも宮田さんも、なにやら幼少時にボーイスカウトに入っていてもおかしくない匂いがするし。二日のトークショーの時に問い詰めて教わるか。

そして二度とほどきたくないってくらい綺麗にタコあしコードを結んで帰って行ったのは、イワトひょうげん塾の講師の奥定さん。これもまた教えてほしい。ぜひ。電気コードの気持ちになればいいのかな?

縛るのとかたたむのとか、すごく苦手です。

防寒にどうかと思って段ボールをもって小屋に入ったら、三頭でめためたに食いはじめましたのですぐにとりあげました。ホームレス中学生かおまえらは。犬はちゃんと犬小屋に敷くぞ!!

も、いいや。くっついて寝て暖をとりたまえ。
by riprigandpanic | 2009-08-31 12:17 | 三匹の豚とあたし


<< 食べる豚について 生かされているあたし? >>