エエ市流お祓い術

移動手段がないも同然のことと、
事故処理と、金銭問題と
あーしにしてはめずらしく怪奇現象ぽいものがかさなり、
東京の取材先でどよんどよんの淀んだ空気を持ち帰り、

心折れまくり、
超ブルーになり引きこもりになりました。


当然原稿もまったく進まなくなり、
さすがにやばいかもこれはというところまできた。
(じんわりじわじわと怖くなるメールをくださった某氏にはいつかなにがしかの報復を……いや、嘘ですけど。でも怖さは三割増しになりましたぜ。おかげさまで)

もうこの家にいても原稿は一文字たりとも書けない



(じっとり脂汗)




ていうか怖いのなんかもう。
うすぐらくて湿った厨房見ながら原稿打ちたくないのよ~。
もういやああああ、早く豚殺しておうち帰りたいよう!うえええええええん。















しかしその前に原稿書かなきゃ。

てことで、徒歩で某カフェまで歩く。日焼け止め塗って、長袖シャツ着て帽子かぶって、
昼下がりの農道をとぼとぼ歩く。それにしても某カフェのおかげで一体何本の原稿が助かったことだろう。外向きのカウンターでパソコンを打ちまくる。もちろん飲み物はお代わりするし、食事もここで。気は使います。パソコン打たせてもらってますので。すいません。ほんとに。でもここしか徒歩で行けるところがないの。ほんとにこの店がなかったらと思うと背筋が寒くなる。スタンプカードなんかもう二枚目がいっぱいになりそうだよ。だいたい東京にいるときから、ドトールの方が原稿はかどってたんですよ。千駄木ドトールがなくなったとモクローから聞いて、一瞬東京に帰りたくなくなったくらいなのに。

閉店まで粘って1.8本書き、一本送信。事故のときはここで書き終わらなくて、海に行って残りを書いていて事故ったんで、まあなんだか調子も戻せたことだしと、飲みに行く。(徒歩で)適度な休憩は必要。

エエ市凄いなと思うのは、うちから一番近いセブンイレブンまでの間に、ざっと数えただけで八軒の飲み屋があるということです。そんなところで豚飼ってるんですよ??
そのうちの一軒にふらふら入り、飲んでるうちに、家が怖いんだよーって話になって、なんだこっから近いっしょ。じゃあみんなでその開かずの座敷に行って飲んで払うべえ、肝試しだぜ、ということになり、なぜか店にいたお客さん全員が、グラス持ったまんまぞろぞろ家まで来てくれたということです。深夜に。素敵すぎます。意味が解りません。で、嫌な感じの、締め切りにしている奥の座敷でランタン一つつけて飲む。なんだよたいしたことねーじゃん。いや、やっぱりあのシミは、などとぐたぐたぐだぐだ言いながら飲み、隣のまともな座敷でも飲み、またグラスぶらぶらしてぞろぞろ店に帰って飲みました。皆さんの車の事故歴がまた半端なくて(もちろん飲酒がらみあり!)、え、そんなにさわやかににこやかに語れる金額ですかというくらい、車をクラッシュさせていらっしゃる。人さえ怪我させなくて、自分が無事なら大丈夫!!人生前のめりだぜ!!

あざーっす。なんか、憑き物落ちたっつーか、お祓いできたような気分ですわ。

おかげで今朝は六時から起きて豚小屋掃除して原稿書いてます。お待たせしている皆さん、すみません。なんとか復調しました。

最近毛虫がめっきり減りました。エエ市はもうすぐ豚肥える秋です。



以下業務連絡メモ。忘れそうなので。
先日みつけた素敵な名前のお店「スナック純婆婆」!!
ホントどうかしてると思いますよ、エエ市。木曜定休。広域農道沿い。ここ、攻めましょう!!Hさん。
by riprigandpanic | 2009-08-19 11:11 | エエ市だより


<< メイラード反応 移動するわたくし >>