ナイトメア・アフター・ナイトメア

 風営法が厳しくなったため一時でお店は終わります。二件目のスナックで魔物を堪能して、そのあとラーメンを食べてから家に帰って倒れるように寝る。が、平山氏は明け方の豚を撮影するらしい。もう朦朧としていたのであ、どうぞ勝手に。ドアは慣れないと豚が逃げるから開けないでね。柵を乗り越えて出這入りしてね。と言い残して沈没。


朝起きたら平山氏はタクシーを待っているところで次の取材先にと去って行った。

いい写真は撮れたんだろうか。

で、小屋を振り返って愕然。う、うんこが。うんこが。うんこがあーしの作った下水路に点在している。は?どういうこと?運動場の床は、あーしが苦労して傾斜をつけてコンクリを敷いてあって、おしっこが柵の外の囲いにたまるようになっている。そこから細い道をつけて、
脇の茂みのところの穴まで誘導してあります。ここに水分だけ流れるようにしてあるんです。うんことか泥は外の囲いに押し出してから掬って家の脇に掘ってある穴に埋めてんですよ。
豚は百頭以上の飼育になりますといろいろ条例に従わねばなりませんが、三匹なのでなにをどうしてもいいんですが、一応いろいろ気を使って、汚水は穴に貯めたあとで、柄杓ですくって四メートル先の合併浄化槽に入れてます。ここまでポンプで自働に送れないかとかいろいろ考えたんですが、難しくて、四メートルの距離を、塩ビ管でつないで傾斜をつけてと、まあ説明するとめんどうくさいんですが、とにかくなるべく固形物を抜いた形で汚水を入れてるわけ。浄化槽にいるバクテリアくんの負担軽減のため。まーね。店を切りまわしていた時の客の糞便の処理量を考えれば、豚三頭の糞くらいなんとかなるとはおもうんですけどね。糞にもみ殻とかおがくずなどが混ざりますので、あまりよくないかなーとか思ってさ。埋めてくそ虫ダンゴムシに頑張ってもらってます。
 
話を戻しますと、どうも平山氏は勝手に水をつかってうんこをじゃんじゃか流してしまったのでした。どんだけ水を流したんだか、細い溝道はもみ殻まじりの汚泥で一杯で、そこに点々とうんこ。穴はうんこ水がたんまり。いよーくーもーおおおおおおお。日焼け止めを塗るのも忘れ、あわててうんこと汚泥をしゃくり出して埋める。うんこ水はやはりいつもの五倍くらいうんこ臭い。こんなの放置したら匂いが出て近所にやばいから、あわてて合併浄化槽に柄杓で移す。ひいーらあーやあーまーあああああ。ふーざーけーんーなーああああ。

と朝一番に怒り狂うあーしにビビってHさんとGさんは、汗まみれになって家の脇の草を刈り、穴を掘り進めてくださった。二日酔いの中。ありがとう。ありがとう。ありがとう。助かりましたよ。で、二日酔いがさらにぐるんぐるんになったところで(あーしは仕事してました)三人で展望風呂に行き、展望座敷でブランチ。ホントは朝食もパンチのきいたこてこてのところに行くはずだったんですが、やすみでしたので。移動中、展望風呂に行く途中でラブホテル白亜の看板を発見しましたよ。へーえここかあ。無駄な知識が増えました。

 で、みんなで展望座敷でふうーっとご飯食べながら、平山、あいつあれでほんとに仕事になってるわけ??カメラマンってジャーナリスト系はさておき、雑誌の仕事してるひとはみーんな如才ないし、ひとなつっこいし、女にやさしくまめな人が多いじゃん? あの人そういう要素なにひとつないじゃん。

いや、あれであの人ナイーブで傷つきやすいんですよ。

そうだろうけどー。だからなによー。まあ面白いんだけどさあ。
Hさんってなに、変わった人が好きなの?え、あたしもその一人なわけ?
ええええええええええ。ええええええええ。すっごい心外。


 と、彼のことを話しまくっている時に当の本人から電話。さきほどはどうもとかそういうあいさつ電話なのかとおもたら、うちに充電器をわすれたんだと。ううううううううううう。HさんとGさんは帰りを遅らせてもう一度うちに戻ったのでした。ほんとにご苦労様でした。
 平山カメラマンよ、うちにもう一度うんこ掃除しにきやがれ。ついでに草刈りと穴掘りもな。撮り逃げは許さん。で、白亜の部屋の中撮ったら写真見せろ。いうまでもないけど、中に入るのにはHさんを連れて行けよな。あーしは絶対つき合わないから。

 というわけで、スペリオールのネタのため、夜、エエ市の魔女たちが跋扈するボトムエンズなスナック巡りに付き合ってみたい、打たれ強く、こわいもの好きな男子を募集しております。飲み代はおごれません。むしろおごってほしい。高いんだもん。なんのおかまいもできません。すいません。夕方集合で夜中に帰ってきてうちに雑魚寝です。でもきっと忘れられない夜にはなりますから。夏の思い出がほしい方はぜひ☆
by riprigandpanic | 2009-08-04 03:41 | エエ市だより


<< 狂っているのは誰か グレイトフル・クレイジー・デッ... >>