生蛸の茹で方

父から生蛸の茹で方を書いたメールが来た。

三浦半島の小坪漁港でとれるシラスとタコは本当にうまいんですわ。

あーしがこどものときはよく鰯を二十匹くらいおろして喰わされてました。毎週土曜日。クイズダービーの音楽が聞こえると、いわしのさしみとしょうが醤油の味が蘇るくらい。
おかげであーしはホントは肉よりも魚の方がうるさいんですわ。


で、こっちでもシラスとタコがとれるらしいんです。
まあそんな暇ないのかもしれないけれど、つい茹で方を聞いたら
メール読んでるだけでうまそうだったのでここに載せます。
蛸漁師から聞いたらしいですよ。

どうぞゆでてください。みなさま。


「生蛸」の料理の件


1.まず水洗い
2.頭の中の「わた」を取り除く (頭を切らずに脇からひっくり返す様にして、
  わたを切り取る)
3.片栗粉を全体にまぶし揉む (3分程度)
  目的は「ぬめぬめ」を取りやすくするため
4.簡単に洗い流す
5.塩で約10~15分揉む
  目的は「ぬめぬめ」を取り除く事
6.沸騰したお湯の中に(頭の隙間に箸を入れて持って)そーっと入れる。
  (足が外側に円く縮み赤くなる)
7.再度お湯が沸騰したら、火を消し3分間そのまま、
8.採り上げる
9.そのまま 冷ます
by riprigandpanic | 2009-07-27 15:17 | どうでもいい日常


<< ひ、ひいいいい、表紙 餌を変えた。最期の餌に。 >>