「ほっ」と。キャンペーン

いま封筒開けたところです

ただいま発売中の
週刊朝日 7月31日号

週刊図書館 の
忘れられない一冊というコーナーでコラム書かせていただきました。


何度かバラバラと書いている、北鎌倉の侘助でバイトしてたときの話ですわ。
バイトに来てて本読むなっての。ねえ。

下段にはSF本の雑誌の紹介を、亀和田武が書いている。
これすごく話題になってるねえ。よかったねえ。杉江さん。
しかし私はスターウォーズすら見たことのない女。血中SF濃度は極めて低い。読んでて怖くなっちゃうだろうと思うと、怖くて読めない。あ、残酷な殺しは平気なんだが。時空がゆがむとか宇宙人とかそういうのを結構本気で怖がってしまい、日常生活が使いものにならなくなる。ましてや今は、ガ、ランとした居酒屋に一人でいるので一度怖くなると結構たいへんなのだ。本当に飼っている動物が間抜けな外見で良かったって思うもん。

ところで寝言を一番言うのは秀ちんです。毎晩ぐ、ううううううう、と切なそうにうめきながら寝ます。

そして三匹とも寝ながらでも起きていても、放屁します。結構臭い。これを聞くとなさけなーい気持ちになって、
いいですね。経産くらいの大きさになると、ぶばあっとすさまじい風量のをするそうです。
by riprigandpanic | 2009-07-24 10:01 | お知らせ


<< すいませんが アラブとわたくし >>