今日は

満月です。

あと一時間ででてきます。


満々満月時は、六時半ごろなんで、でばなが一番丸いってことになります。あとは少しずつ痩せゆくと。


今宵は
梯子があるので屋根の上から見ようかとおもったり。しかしこの梯子、おさえる人がいないとちょっと怖いんだよなー。



昨晩も綺麗な月がでて明るかったんで、夜更かし三匹に向かってほらほら月だよと云ってみたんですが、
ふんふんふんふんふんふんふんふんふん
とあーしが何か食べ物を持ってるんじゃないか、持ってたらだしおしみしないでおくれよ、
と言わんばかりに鼻ならすだけでした。

子どもだからな。

十三歳を超えたころから飼っていた犬、オグはなんだか哲学的な風貌になり、秋の抜けた空を見上げる横顔なんかはもう、話しかけるのもはばかられるような、深遠な目つきをしていたものです。
通りに向かって椅子を出して腰掛けて通りを行く人を日がな眺めている老人の様な眼。


五歳ぐらいの種オスになると、豚も相当面白いらしいですが、本当に巨大で、手に負えません。よほどしっかり飼わないと、嘗められたらもう終わりだろうなあ。


四月に更地だったとなりの畑は、四月半ばになにやら植えていて、すくすくそだち、
一昨日とうもろこし収穫でした。おすそわけをいただきました。立派なトウモロコシです。今日収穫した後の木を倒してどこかに運んでゆきました。これでまた更地にもどりました。植えてから三回か四回くらいしか作業はなかったと記憶しています。そういうものなんだー。もちろんいろんな場所にある端家を順繰りにまわっているのかもしれませんが。
隣で見ていておもしろかったです。

そしてさきほど公社のNさんたちがまたまたトウモロコシをもっていらっしゃいました。食肉公社から出る汚泥で、そだてたトウモロコシなんだって。お隣の畑のとくらべて小ぶりですが、こっちもおいしいです。生で食べてもうまい。

豚にやってもいいっていうから、やってみたところ、大喜びで、しゃくしゃく喰ってました。柵についた粒まで舐めてとっていたから、よっぽど好きなんだな。おなじ甘みのようでいて、バナナは伸しか喰わなかったのに。トウモロコシはもちろんはじめは伸だけ食べてたけど、おっかなびっくり食べてみて美味いとわかったのか夢も秀もおいしそうに食べていました。

ごちそうさまです。
by riprigandpanic | 2009-07-07 18:23 | エエ市だより


<< リレー読書日記 凶暴化の一途をたどる >>