こんなとき

こんなとき

伸は、あーしが撫でているとすぐに横に寝転がって気持ち良さそうに腹を出す。ちんちんまで撫でさせる。最近では腹を見せると同時に後ろ脚を折っぴろげて撫でてくれと、言わんばかりに上目づかいに見られたりする。
などという話をある女子にしたらば
観たい!!

てなことになり、その人は結構動物の扱いに慣れている人なので、一緒に作業着着て小屋に入っても、伸はすぐに耳の後ろを撫でたらこてりと横になった。慣れない人と一緒に入るとそこまですぐにこてんとはならんのです。しかし、彼女が下半身に手を伸ばしたらば、伸はがばりと起き上がり、立ち去ってったのであった。

うう、君は、あーしにだけ触らせてくれるのか。ううううう。

こういうときに簡単に愛は生れますね。ホント簡単だな、自分。


そして夢。
過日、あーしが珍しく落ちて、泣きっぱになった折、泣きながら小屋に入ったら、夢がうんこまみれの足のまま三度も四度も背中に乗ってきてあーしの後ろ首から後頭部にかけてぐろんぐろんに舐めてくれたのであった…………。これまで乗っかってくることはあっても、こんなことは初めてなのであった。

慰めてくれたのか?

単なる偶然なんだろうが、こういうことがあると、またまた
簡単に愛は生れますね。ホントに以下略。

豚は犬より馬鹿だとか人間関係の機微に疎いように思われがちですが、んーーーどうなんだろうなあ。結構あるのかもしれないとかおもったり。

でも食べるけどね。

しかし接触のすくない秀。顔は文句なくかわいいのだがなあ。イメージとしては鶯谷あたりのデブ専の五十位の風俗嬢て感じの顔つきなんですけど。なんとも言えない味があるってことで。でも最近は寄ってきてくれるようにはなったよね。ジャガイモの皮とか、水とか、そういうなにかを持ってないときでも、すこしはね。ホントに現金な女なんで、あーしが付加価値ある何かをもってりゃ寄ってくるんですよ。だれよりも先に。
by riprigandpanic | 2009-06-27 13:18 | エエ市だより


<< ついに なんとか >>