なんとか

身体は復旧しました。

ご心配おかけしまして申し訳ありませんでした。

なお豚は小頭飼いが功を奏したのか仇になったのか巨大化が著しいので

このぶんだと八月屠畜も頭にいれねばならなくなりました。


豚小屋落成とともにとりこわし。。。。。の図が頭をよぎります。豚にも愛着ありますが、小屋にも愛着湧いてますから。





というわけで、遊びに来たいというかたは、お早めにどうぞ。

来ても豚がいないだけでなく私も消えてた、てなことになりかねません。そして永遠に豚小屋が落成しない、つまり人手が足りないことがわかりましたので、遊びに来ていただいた方には老齢者以外、もれなく労務作業がついてきます。もうしわけありません。風呂と飯はおごります。うちの風呂は人にはすすめられませんが、
かんぽの宿日帰り展望風呂はなかなかいいのです。露天はまだちとさむいけどね。

みなさまのおいでをお待ちしております……(苦笑)

なんかもう廃屋暮らしに慣れちまって東京に帰りたくなくなってたりします。東京は週の半分、用があるときいけばいいようなそんな気もしてきたりして。とはいえこの廃屋は売り家だし、買えないし、豚がいなくなったらさびしいのかもしれないし、冬は寒いんだろうけどなあ。海辺にいい貸家ないかなあ。べつにこっちで友達がたくさんいるわけでもなくこんこんと一人なんだけどねえ。良く考えれば東京でもそれほど人に逢うわけでもないから同じだな。あ、飲みに行けばだれか話してくれるのはここも東京も同じか。

エエ市、日本で三番目に飲食店が人口に比べて多い町なんです。漁師も農家も豚屋もみんなばくち人生だから飲むのが好きなんだろーなー。ほんとにウマい店が多いところです。喫茶店はほとんどないけどね。

最近家飲みすらする暇なし。
by riprigandpanic | 2009-06-27 07:37 | エエ市だより


<< こんなとき とうとう >>