爆笑(すいません)

町山智浩さんのブログにて
『おやじがき』紹介していただきました。
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20090211

町山さん、ありがとうございますー。
モクローが横で「どうせ俺は理想の男性ですよ」とつぶやいてます。
そしてホントに今度Tさんを紹介してくーだーさーいいいいい。本気ですから。
「紹介してもいいけど、彼はデリケートなんだから、面と向かってデブとか云わないように」というメールをいただいてからもう1年以上が経ってます……。しくしくしくしく。今や彼の出演映画をチェックするくらいファンなのに。ええ、気長に待ってますから。執念深く。

しかしよく云われるんだよなあ。アメリカ人の友人の妹の結婚式でも、
「ジュンコ、アタシの友達にファットって云わないでよ」と何度も釘を刺された。

云わないですってば。いくらなんでも。
ニコニコして触ったりするけど。二の腕とか。腹とか。
あと、スタウトって云うんだもんね。アメリカ人には。

そういえば、チェコ映画って、いい感じのおやじの宝庫です。
なんで??というくらい凄い。東欧おやじ天国。
「英国王給仕人に乾杯!」もいいおやじが札束床に敷き詰めたりと、素敵シーンが満載でした。



ミスター・スタウト、セドローくんからおそわり、
なないろ文庫の田村さんの映像を見たら笑いがとまらん。
すいません、田村さんが真面目に語れば語るほど、お経を聞く子ども状態になってしまった。いや、ホントに、政見放送のような……。

http://www.youtube.com/watch?v=lLYRHDPYrNQ&eurl=http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1077900399&owner_id=656388
by riprigandpanic | 2009-02-11 15:15 | お知らせ


<< トロ 書きました >>