告知

文藝春秋社より

『東京見便録』斉藤政喜/文 内澤旬子/イラスト

三月刊行です。たぶん。
東京の、ピカピカ最新トイレから、古色蒼然トイレ、はたまた下水処理場などなど、なかなか面白い場所を尋ねてますのでぜひどうぞ。今は亡き『東京生活』で連載してました。連載終了とともに雑誌も終了。なーむー。ギリギリセーフだったよなあ。

よろしくお願いします。
値段等わかりましたらまたお知らせしますが、いつわかるんだろうかねえ。

つぎに出る『本の話』に
著者インタビューで、斉藤さんと並ばされ不肖私も取材回想してなんか喋らさせていただきました。



半分原画、半分データ、という、移行期にまたがった連載だったので、単行本にするにはえも言われぬ苦労をしました。思い出すだけで足の裏がつりそうです。あーこれで原画捨てられて嬉しい。

これにあわせて『東方見便録』を増刷りしていただけるかと
思ったんですがどうも雲行き怪しくわかりません。

こういうときは広津柳浪のことを思い浮かべて心を保つのでありました。

嘘です。
あたしゃー喰わねど高楊枝、なんてこたあ絶対しないでさっさとプライドなく仕事をいくらでもなんでも転がって来たら全力で拾ってするんで、増刷してくれなけりゃ仕事求めて徘徊するだけのこと。

またしても嘘です。
そこまでの根性もプライドもなく、のたのたダラダラやってます。だからふくふく幸せそうに寝転がってるモクローが羨ましくて蹴り上げるのです。最近のお気に入りはこの方のブログです。今日も思いっきり心洗われたー。つづきが気になるー。
http://usurabaka.exblog.jp/


警官の血
録画してもらって続きを見たら、きっぺいがどんどん怖くなってゆーくー。色男方面に爆発せずに、狂気方面に開花。いや、それはそれでいいかも。いままでのきっぺいで一番いいかも。しかし長い。まだあと二時間もある。
by riprigandpanic | 2009-02-09 20:22 | お知らせ


<< 書きました 炎上、男娼、派出所、満月、不忍池。 >>