炎上、男娼、派出所、満月、不忍池。

「警官の血」を見て何を触発されたのか、
しどけなく死ぬ男娼のまねをして寝転びつつげるモクロー(午後二時にしてパジャマ姿)。




国道に出て来てはねられた猪(そういえば鹿はよくはねられると聞きますが、猪はどうなんでしょう聞かないような気もします。)にしか見えないよと何度も諭したのにやめない。よほどドラマのインパクトが強かったのだろう。



しかし上野アンダーグラウンドをよくまあテレビであそこまで。
がんばっているなと感動しました。

そして桔平は、桔平は、桔平ええええええ。
もっとホントは、色気を前面に出せるんじゃないかと、いつもいつも彼を見るたびに思うのです。控えめなシャイな感じも魅力的なのですが、ガッツーンと滴るくらいに色気をだせば、レスリー・チャンになれんじゃないかと思うのです。結構替えのきかない顔だと思うんだけどなー。いまいち薄いんだよなー。

桔平ファンのみなさん、ごめんなさい。

それにしても桔平が美少年と絡んでるのを見て「だだだだいじょうぶなのか、テレビ」と立ち上がっちまいましたよ。いやよくがんばった。上野の男娼があんなに沢山でてきて、シーンもやたら長くて、いやはやびっくりしたなあ。二丁目で話題沸騰?
ともあれ桔平ファンには男女問わず嬉しいシーンだったのでは。

五重塔が燃える所は恐かった。近所だから余計にね。あそこがねえ、あそこでねえ、と、もちろん前から知ってましたけど、当時のニュース映像も一箱古本市の時に見てますけど、それでもやっぱり恐かった。

てーか、テレビドラマを見れてるってことが、嬉しいですよ。一年ぶりだよ。

ええ、モクローのブログに書かれた通り、徒然王子があがったんですよ。涙。

ほかにもいろいろ抱えていたんで仕事量がハンパではなく、二時三時まで仕事してるどこじゃなくて仕事場に泊まることもよくあったんでしたが、無事にいまのところ再発するでもなく。一応元気です。死神に見放されたのか、それともこれからがくっと来るのか。どうでもいつでもどうぞ、ですけどね。とりあえず生きてるので面の皮厚く生き恥をさらし続けることでしょう。

連載中、飲みに呼び出してくださった方、呼び出しに応じて下さった方、美味い酒を教えて下さった方、およびコレダアッという酒を出して下さったバーテンのみなさま、いやもうホントにありがとうございました。おかげさまでなんとかなりました。
by riprigandpanic | 2009-02-08 21:54 | どうでもいい日常


<< 告知 予告 >>