「ほっ」と。キャンペーン

本人が一番驚いてるんです。

にんげん出版の小林社長のブログによると、
アマゾンで「おやじがき」
昨夜サブカル部門一位になったらしいです。今は七位。

なにが起きたんだろか??
客注電話が鳴り響いてる?
嘘書いてんじゃないでしょうね?
……お疲れでしょうが、よろしくお願いシマス。。。



アタシの心の中は
年末ライブからこっち浅川マキさんが居座り、呻くように
不景気なブルースを歌い続けているというのに。


ええ、そんなこた関係ないですね。

ありがたいお話です。嬉しいです。
土下座して御礼申し上げます。

それで何が原因なのかさーぱりわからないので、コメント欄を期間限定で設けてみます。(すいません、慣れてないんで恐いの来たらすぐに閉じるかもしれません。三日くらいはと思ってるんですけど。。。)
このブログに載せた掲載情報以外で、どこかで取り上げられているのを見たという方、教えて下さいませ。


えーと今日は朝日新聞のあるコーナーである学者を回顧するのに、ちょこっとだけコメントをば寄せさせていただきました。二十六日くらいに載るみたいです。とりあえず「おやじがき」と一言入れてくださるってんで、不遜にも彼と彼が作った学問から自分が受けた影響なんてのを語っちまいました。たははははは。おっそれ多すぎるぜ!!誰かに叱られる前に自分で突っ込んどきます。

Mさん、アタシのコメントは少なくていいんで、「おやじがき」って入れて下さいね。よろしくお願いします!!!




それからいよいよ来週あたりにエンタメ・ノンフ##部、結成します。伏せ字にしたって高野さんが書いてるからもういいよな、文芸部ですよ、文芸部。文句ありますか(赤面)?

どうなんのか全くわかんないんですが、三者三様(もう一人のメンバーはどうせすぐ割れるでしょうけど、まだ高野さんが書かないから書かないでおきます)、ねじれた野望に満ち満ちているのは確かです。メールやり取りしてるだけで脳が煮えます。ほんっとにみんな常識ない!! 何年出版業界でメシ喰ってんだ!!(あたしも含めて)この馬鹿ねじれっぷりをそのまま書いたら十分エンタメ・ノンフィクションになりますわ。はーあ。
by riprigandpanic | 2009-01-15 13:52 | お知らせ


<< でてきました こんな感じだよ、Sさん☆ >>