やめられない

先月よがの帰り
本郷通りでぎんなんを拾いました
風吹くたびにぼとぼとぼとぼとぼとぼとと
実を潰す勢いで落ちてきて
車が通るたびにばきばきばきばきばきと
潰れてしまうんで
なんだかもったいないなと
思ってしまったのが運のつき

手のひらに乗るだけと思っていたのに
通りかかった奥さんがスーパーの袋をくださり、
ああもう大変、原稿あるのになにやってんだ、
でもあとすこしで拾い終わるもんねと
拾い終わるたびに風がざって吹き、
ぼとぼとぼとぼとぼとぼとぼとぼとぼとぼと、

いつになったら終わらせてもらえるのか
もうやめたいと思いつつも
やめられないとまらない
這いつくばって臭い実を一心に拾う。

ようやく女性一人拾いにきてくださり、
安心してあとをまかせて
帰宅。洗ってみたらボウル一杯ありました。

本日ようやくコップ一杯ほど炒ってみました。
黄緑色に輝くようになったら加熱済み。
このタイミングがなかなか。

久しぶりに食べるぎんなんはおいしくて
やめられなくなってしまい気がつくと
コップ一杯完食。明日がこわい。

その昔祖母がまだ代々木に住んで元気だったころ
代々木公園にぎんなんを拾いに行って箱一杯ため込んで
戦利品のように見せてくれたのでした。
当時代々木公園のぎんなんは、風が吹くたびなんて優雅な状況になく
暇な老人と渋谷あたりの料理人たちの血みどろの争奪戦の中にあり
祖母は得意げにホームレスを五百円で雇って
木に登らせゆすらせて実を落とすのだと語り
子孫たちを呆然とさせたのでした。

今も代々木公園では熾烈な争奪戦が繰り広げられてるのだろうか。

しかしそんなにたくさん食べるもんじゃないのになあ、
ぎんなん。
やめれないなにかがある、

ぎんなん
by riprigandpanic | 2009-01-05 00:13 | どうでもいい日常


<< つまりは 兄よ >>